心理テストであなたの「浪費癖」が明らかに!

今回のマネー心理テストでは、化粧品を買うとき、どの宣伝文句(キャッチコピー)に購買意欲をそそられたかで、あなたがどんなときにお金を使ってしまいやすいかがわかります。あなたが無駄にお金を使ってしまっていないか、浪費家傾向を探ってみましょう。

それでは早速、質問に直感で答えてみてください。

Q. 新しい化粧品を買うことに。どれもだいたい同じ値段のものです。あなたがこれにしようと決めた化粧品の宣伝文句はどれ?
 
あなたはどのコスメを買う?

買いたいコスメはどれ?

 
<選択肢> それでは、各選択肢の結果をみていきましょう。 




 

Aを選んだあなたは、節約したつもりがかえって「散財」タイプ

あなたは無駄なお金は使いたくないタイプ。あれが欲しい、これが欲しいというより、あれはいらない、これもいらないと消去法で考えているのでは? 本当に欲しいものは我慢せず、お金を出す人です。ただ、自分では節約しているつもりが、細かいところをケチって、わずかな出費を惜しみ、結局「安物買いの銭失い」になってしまうことも……。

 

Bを選んだあなたは、イメージにお金を払う「夢追い」タイプ

あなたは損得を考えて行動する人。お金に関しては案外ちゃっかりしていて、損をするようなことはしません。現実的で、わりと計算高く、要領のいいところがあるようです。その一方、あなただけ特別、ご優待、会員になればこんなにお得というのに弱く、全体にちょっと高めの買い物をしている可能性が。ステイタスにお金を払うタイプです。

 

Cを選んだあなたは、つられて買ってしまう「無駄遣い」タイプ

あなたはお金に関してわりと堅実な人。大きな買い物については周りの人の意見を聞いたり、ネットで情報を集めるたりするなど、よく考えてから決めるでしょう。ただ、日用品など、みんなが買っているものはついつられて買ってしまったり、割引価格やセール価格になると今買った方がお得と考えたりと、財布の紐が緩くなってしまうことも。

 

Dを選んだあなたは、あれもこれも欲しい「衝動買い」タイプ

あなたは欲しいものはすぐ手に入れたくなる人。あれもこれもと欲張りなところが。欲しいものと必要なものとの区別がつきにくく、衝動買いに走りがち。結果、無駄遣いをしてしまうことに。しかも、飽きっぽいところがあり、手に入れたものがすぐいらなくなることも。そういったものは、ネットやフリマを利用して売却している人なのかもしれません。


監修してくれたのは……
中嶋真澄さん
 
中嶋真澄さん

中嶋真澄さん

エニアグラムアソシエイツ主宰・作家・性格心理研究家。関西学院大学文学部大学院修士課程(哲学専攻) 修了。書籍、雑誌やネットの執筆活動のほか、性格タイプに関する独自の研究に取り組み、自己理解・対人関係改善などをテーマにしたワークショップも行う。心理テストに関する著書に『不思議なほど当たりすぎる心理テスト』(王様文庫)、『当たりすぎて怖い心理テスト』(池田書店)、『面白いほど自分がわかる心理テスト』(二見書房)など多数。テレビ・雑誌などでの心理テスト作成・出演も行うほか、iPhoneアプリ・電子書籍もリリース。エニアグラムアソシエイツ 


■撮影/アカデメイアカレッジ、イラスト/竹松勇二
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。