お金がピンチのとき、どう対処するタイプかがわかる!?

別れた恋人は、あなたが使ってしまった「お金」を意味します。本来ならそれは自分のものであったはず。というわけで、今回のマネー心理テストでは、別れた恋人と街でバッタリ会った瞬間の反応で、あなたが経済的に余裕がないと感じるとき、もっとお金があったらな……と思うときのお金に対する意識と対処の仕方を診断します。

それでは早速、質問に直感で答えてみてください。

Q.互いどこか未練を残しながら別れた恋人と、ある日、街でバッタリ出会ってしまいました。しかも、向こうは新しい恋人らしい相手と一緒です。さて、それを見た瞬間のあなたの反応は?
 
あなたはどんな反応をする?

あなたはどんな反応をする?


<選択肢> それでは、各選択肢の結果をみていきましょう。 




 

Aを選んだあなたは、何とかなるさと楽観的なタイプ

お金はあったらあったで使ってしまい、なければないで要領よく楽しく暮らしていけそうな人。経済的に余裕がなくても、お金のかからない楽しみを見出せるでしょう。どこへでも出かけていけるフットワークの軽さと、誰とでも気楽に付き合える社交性が、お金に代わる財産になるでしょう。

 
 

Bを選んだあなたは、お金に執着しないフリをするタイプ

自分はお金にとらわれない人という自己イメージがあるようです。経済的に余裕がなくても気位高く、知的で、自分なりのセンスを保ち、趣味人的な生活を送ろうとするでしょう。慎ましい生活にも潤いを持たせられるタイプです。しかし、細かいところでお金を出し惜しみする傾向が。
 

 

Cを選んだあなたは、必ず成功してやると意欲を燃やすタイプ

お金は大事だと思っている人。たとえ経済的に余裕がなくても、人には悟られないよう、余裕のあるフリをするでしょう。住む家や身に着けるもの、日々の暮らしなど、物質的な豊かさこそ、人生の成功を証するものと考えます。お金のために、頑張って働ける人です。


 

Dを選んだあなたは、周りと比較し一喜一憂するタイプ

お金はゆとりのある生活を営むために必要と考える人。自分は人並みか、人並みより少し上ぐらいの生活がしたいようです。経済的に余裕がなければ、無理して見栄を張らなくても、自分と同じぐらいの暮らしぶりの人たちと仲良く付き合い、分相応の地に足の着いた暮らしができそうです。


【関連記事をチェック!】
監修してくれたのは……
中嶋真澄さん
 
中嶋真澄さん

中嶋真澄さん

エニアグラムアソシエイツ主宰・作家・性格心理研究家。関西学院大学文学部大学院修士課程(哲学専攻) 修了。書籍、雑誌やネットの執筆活動のほか、性格タイプに関する独自の研究に取り組み、自己理解・対人関係改善などをテーマにしたワークショップも行う。心理テストに関する著書に『不思議なほど当たりすぎる心理テスト』(王様文庫)、『当たりすぎて怖い心理テスト』(池田書店)、『面白いほど自分がわかる心理テスト』(二見書房)など多数。テレビ・雑誌などでの心理テスト作成・出演も行うほか、iPhoneアプリ・電子書籍もリリース。エニアグラムアソシエイツ


■撮影/アカデメイアカレッジ、イラスト/竹松勇二
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。