白髪も含め、髪の悩みは皮膚科で診療可能

白髪とは? 原因・予防方法は? 黒くする方法はある? 白髪染めの注意点って? アラフォー世代必読!白髪の基礎知識をまとめました。

白髪とは? 原因・予防方法は? 黒くする方法はある? 白髪染めの注意点って? アラフォー世代必読!白髪の基礎知識をまとめました。

 
髪に関する悩みや病気は、皮膚科で診療することができます。多いのは円形脱毛症、男性型脱毛、女性型脱毛などの抜け毛の悩みです。白髪の悩みで皮膚科を受診される方は非常に少なくはありますが、急に白髪が増えてきたと受診される方はいます。
 
実際に診療に当たったケースでは、頭の一部だけが急に白髪になったと受診されたお子さんがいました。この場合は「白斑」という病気で、頭皮の一部とその部分の毛髪両方の色素が白く抜けてしまっていました。一言で白髪といっても、このような少し特殊なケースもあります。
 

そもそも白髪とは? なぜ年を取ると白くなるのか

年齢が上がることで、メラノサイトというメラニンを作る細胞の力が弱くなることが原因だといわれています。高齢者の場合は髪だけでなく、肌にも白く色が抜けたところが出てくることがあります。
 

白髪の予防方法はあるのか……体質や遺伝による影響が大

年齢が上がれば白髪はできやすくなります。しかし同じ年齢でも白髪が目立つ人とそうでない人がいるように、白髪がたくさんできるかどうかは体質や遺伝の影響が大きいです。残念ながら白髪の効果的な予防策は確立されていません。髪を黒くする食べ物や薬なども現状では見つかっていません。
 

白髪染めの活用と注意点

予防する方法がない以上、できてしまった白髪は白髪染めで染めるなどして対処することになります。しかし白髪染めの使用で頭皮や顔がかぶれてしまい、こちらは白髪そのものによる受診以上にずっと皮膚科を受診される方が多いですので、かぶれやすい方は注意しましょう。薬局にはかぶれにくいタイプの白髪染めも販売されていますので、体質に合ったものを選ばれるのがよいでしょう。
 

白髪は抜くべきか、染めるべきか? “白髪初心者”の方へのアドバイス

白髪ができ始めた場合、その白髪を抜いても同じ場所には再び白髪が生えてきます。白髪を抜くことで毛根がダメージを受けますので、無理に抜かずに上手く付き合っていくことが大切です。その意味でも、白髪が気になる方にとっては、自分に合った方法で染めて目立たなくする方法は有効だといえるでしょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項