金融機関の窓口業務はストップ。ATM利用も注意を

4月27日(土)から10連休が始まります。仕事で10連休もできない!という人であっても、お金に関しては、事前に準備しておく必要があります。
 
基本的に金融機関は、10連休中、窓口業務はお休みになります。一部、休日営業店舗や住宅ローン専門店では、GW期間中でも、数日営業するところもあるようですが、現金の引き出し、入金、振込については、注意が必要です。
 
2019年のGWで気を付けたいお金の注意点

2019年のGWで気を付けたいお金の注意点



 
ATMやネット取引については、システム管理時間などを除き、常時利用はできますが、4月27日(土)~5月6日(月)までの取引は、休日扱いになり、取引にかかる手数料は休日のものが適用されます。振込に関しては、4月26日(金)の取り扱いも、即時対応の金融機関であれば問題ありませんが、当日15時以降の振込は、翌営業日の扱いとする金融機関だと、振込は5月7日(火)になり、タイムラグが生じます。支払いに間に合わないケースも考えられるので、十分注意してください。
 
多くの企業では、給料など月末払いの場合、前倒しで4月26日(金)に入金する対応をとることになるでしょう。金融機関の引き落としなどは、10連休明けの5月7日(火)とするところが多いため、通常の取引であれば、残高不足で引き落としができない事態は回避されるでしょうが、万一、入金が5月7日になると、入金と引き落としのタイミングによっては、資金ショートする可能性もありますので、口座残高については、GW前に確認しておくようにしましょう。特に、住宅ローンの支払いなど、多額の支払いがある家庭は要注意です。
 

キャッシュレスに頼りすぎない。旅先では現金が必要になることも

経産省が、10連休を「キャッシュレスウィーク」と称し、大規模なキャンペーンを実施すると発表しました。クレジットカード、電子マネー、QRコード決済などの利用でポイント還元をする、といった内容です。キャンペーン自体は各事業者によって異なりますが、10月の消費増税でもポイント還元策が予定されており、キャッシュレス決済の普及に力を入れているということでしょう。
 
連休中に現金を引き出す際に、ATM手数料がかかるなら、キャッシュレスで乗り切る、ということも十分可能ですが、注意が必要なのは、現金のみのお店も、まだまだ数多くあるということ。特に、連休中に地方へ旅行をする人は、現金を多めに用意しておくべきでしょう。せっかく楽しみにしていたお店で現金が不足しているがために、名店の味を味わえなかったり、お土産が買えなかったりしたら、楽しみも半減です。
 
とかく都市部で生活していると、コンビニATMはどこにでもあるし、キャッシュレス決済も普通のことになりつつあります。でも、地方ではコンビニまで遠い、ATMが使えない、そういうところもあるのです。旅の計画とともに、現金チェックも忘れないようにしましょう。
 

連休明けには家計のチェックも忘れずに

こうした大型連休のために貯蓄をしていた、という家庭なら、その予算内で連休を楽しむことができるでしょう。しかし、多くの家庭では、普通預金口座からの出費になるのではないでしょうか。

6月になればボーナスの支給がありますので、もしも赤字になっていても、ボーナスで補てんするから大丈夫、と思っていませんか? こうした家計管理が続くと、お金は一向に貯まりません。これを機に、ボーナス頼みの家計管理から脱するようにしましょう。
 
家計管理がうまくいかないのは、月々の支出の変動が大きくなることです。10連休はほとんど家で過ごす、となれば、水道光熱費、食費は、いつもより多くなります。そのこと自体が悪いわけではありません。変動要因をきちんと把握するようにしましょう。
 
旅行やレジャーで支出が膨らむのも当たり前のことです。こうした費用は、毎月の家計に落とし込むのではなく、特別支出として管理するのがいいでしょう。出ていくお金は一緒ですが、日々の家計とは別、という意識を持つことは大事で、次の夏休み、冬休みなどに向けて、必要なお金は別口座で貯めるようにするなど、貯蓄の工夫が生まれるでしょう。

【関連記事をチェック】
平成の30年間、毎月1万円積立投資をしていたら?
サービス率2%超!注目が集まる「旅行積み立て」とは
「使っていいお金」を分けて100万円貯める
10年経ってからでは遅い!お金のルール
貯める場所の最適化でお金をアップグレードさせる
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。