【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
 今回の回答者:藤本シゲユキさん

 今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理"をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:「草食系の男性を育てろ」と言われても……

お悩み:「草食系の男性を育てろ」と言われても……

お悩み:「草食系の男性を育てろ」と言われても……

■ゆかさん(31歳・広報)のお悩み
アラサー、アラフォー向けの婚活アドバイスで、よく聞くのが「いい男は若いうちに結婚しているから、婚活市場に残っていないのが当たり前」「理想の男性を探すのではなく、目の前の男性を理想どおりに育て上げたほうがいい」「草食系ゆえに婚活市場に残っていた男性は狙い目」という話です。
 
これは、その通りだと思います。ただ実際、婚活パーティーやマッチングアプリで「草食系男性」と話すと、相当手強そうだと感じることが多いです。人によっては、デートの約束も、デート中の会話も、ぜんぶ私がリードすることに。正直、とても疲れます。
 
それに、相手が磨けば光る男性なのかどうかも、数回会っただけではわかりません。かといって、何でもこちら任せの相手と何度も会うのはつらいです。どうしたらいいでしょうか。
 

アドバイス1:「理想の男性を育てろ」は無責任なアドバイス

アドバイス1:「理想の男性を育てろ」は無責任なアドバイス

アドバイス1:「理想の男性を育てろ」は無責任なアドバイス

まず、「理想の男性を探すのではなく、目の前の男性を理想に育て上げたほうがいい」という風潮について。これってものすごく無責任なアドバイスなんですよ。
 
子供や大人を立派に育てあげた人に対するアドバイスならまだわかりますが、そうじゃない人にしてみたら、何をどうすればいいのかわからないですよね。
 
それに、男性を自分の理想どおりに育てる=人をコントロールする行為なので、それは不可能です。第一、相手に向上心がないと、育てようとしても育ちません。
 

アドバイス2:相手に向上心があってはじめて、育つ可能性がある

とはいえ世の中には、男性を理想に近い状態に育てあげた女性も存在します。そういう女性は、男女問わず、人を育てることができます。
 
では、彼女たちがどうやって男性を育てたか。簡単にまとめると次のようになります。
  • 常に「自分がどうしたいのか」を考えさせて、決めさせる
  • 出た答えに向けて行動するよう促す
  • うまくいったら自分のことのように喜び、ほめる
  • うまくいかなければ一緒に残念がり、スムーズな流れで「何がいけなかったのか」を相手と一緒になって考え、フィードバックする
  • その際、意見が求められるまで口を挟まずに、相手に考えさせる形の質問を誘導する
  • 相手のためにならないことは言い方を考えて指摘する
  • 目に余るような行いをしているときは、怒るのではなく叱る
これら7項目を、ずっと繰り返すのです。
 
ただ、さきほどもお話ししたとおり、これでうまくいく可能性があるのは、相手に向上心があった場合です。「磨けば光る男性を最初に選ぶ」ということが重要ということですね。
 

アドバイス3:磨けば光る男性=本来、女性がいなくても勝手に育つような人

ではここで、磨けば光る男性とはどのようなタイプの人間を指すのかをまとめてみます。
  • 夢や目標がありそれに向けて頑張っている
  • 仕事を「好きで」頑張っている
  • 人のせいにしたり言い訳したりしない
  • 前向きで建設的な会話が多い
  • ケチじゃない
  • 運動を定期的にしっかりと行っている
  • 時間を大切にしている
これらのうち4項目以上に該当する男性なら、磨けば光る可能性は大いにありえるのではないでしょうか。
 
女性に対してだけ奥手な「草食系男性」でも、この項目に該当する男性はちゃんと存在します。
 
ちなみに「草食系男性」といっても、毎日をなんとなく生きている生命力の弱い人や、ただモテないだけの人もよくいます。なので、「草食系男性」にこだわらないようにしてください。
 
ここまでの話で、勘の良い方ならすでにお気づきかもしれませんが、磨けば光る男性って、女性がいなくても勝手に育つことがほとんどなんですよ。
 
女性が男性を育てるのに成功した事例というのは、つまり「男性を育てるスキルのある女性が、最短で育つよう、うまくサポートした」ということなんですね。
 

アドバイス4:「向上心と決断力がない人は無理!」と宣言してみる

できるだけ早い段階で、相手が磨けば光る男性かどうかを判別するには、話の中で、さきほどの7項目に関する話題に触れること。それで、ある程度の判別が可能です。
 
もっと早急に見極めたいなら、「向上心がない人と決断力がない人は本当に無理なんです」と、あらかじめ相手に伝えておくことをおすすめします。マッチングアプリをやっている方は、プロフィール文に書いておいてもいいぐらいです。
 
この言葉で、相手の顔がひきつったり、言葉が濁ったりするようであれば、磨いても光らない男性である可能性が高いですね。
 
「相手任せの人間と何度も会うのはつらい」ということでしたら、つらさを感じる前に見極めて、候補から外せばいいということです。
 
磨いても光らない人って、何回会っても変わらないですからね。
 
ちなみに、せっかく磨けば光る男性とめぐり会って結婚したのに、女性の至らなさが原因で、相手の可能性をすべて潰しているというケースが実はものすごく多いです。そういう男性を見るたび、早く離婚して成功しろよって思います。

  ■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.彼は草食系?それとも脈なし?見極める方法を教えてください
Q.「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
Q.貯金がないどころか、借金が200万円。隠して婚活すべき?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。