オックスフォード大学が、興味深い調査結果(1)を公開しました。同調査によると、スマートフォンを1日2時間以上使うと幸福度が下がる(平日の場合)」ことが分かりました。
 
デジタルデバイスのおかげで便利なことも増えましたが、「使い過ぎは不幸の素だ」ということですね。
 
スマートフォンの使い過ぎが貧乏を招く

スマートフォンの使い過ぎは、貧乏の原因にも⁉

     
ちなみに、MMD研究所の調査(2)によると、スマートフォン利用者のうち70%以上が1日2時間以上利用しているのだとか。したがって、スマートフォン利用者の7割以上が、使い過ぎのせいで不幸になっている可能性があります。
 

スマートフォンを使い過ぎると貧乏になる

筆者は「マネー」の専門家です。とはいえ、「スマートフォンを使い過ぎると不幸になるぞ!」などという、一見無関係な話をしたのには理由があります。
 
その理由とは、ディーキン大学の研究(3)で「不幸な人ほど貯金ができない」ことが分かっているからです。つまり、スマートフォンを使いすぎると不幸になり、不幸が貧乏に結びついてしまうのです。
 

スマートフォンは無駄遣いの元凶

また、スマートフォンの長時間利用は無駄遣いにもつながります。多くの場合、利用しているスマートフォンを通じて、アプリの購入や通販サイトを利用しています。つまり、スマートフォンは、いつでもどこでも利用可能な「買い物かご」なのです。
 
スマートフォンを長時間利用すればするほど、無駄遣いの欲求に負けてしまうリスクも高まります。
 
そこで、筆者は「買い物アプリは、スマートフォンに入れない」「スマートフォンの利用時間は1日2時間以内に収める」といったルールを設けています。欲求に負けないためにも、「スマートフォンの利用時間に制限を設ける」「スマートフォンで買い物はしない」といったルール作りをするのがオススメです。 
 

まとめ

 スマートフォンとの付き合いは、お酒との付き合いと似ています。ほどほどに飲むお酒は楽しいかもしれませんが、度が過ぎると不幸を招くものです。何事も「やり過ぎ」がよくありません。
 
何かと便利なスマートフォン。しかし、本来「利便性」や「楽しみ」が魅力のはずが、使い過ぎで不幸になってしまう可能性も。
 
あなたが本記事をきっかけに、スマートフォンとの付き合いが上手になり、幸せになり、貯金できるようになってくれたら、嬉しく思います。
  
【参考文献】
 
  1. 論文:Andrew K. Przybylski and Netta Weinstein, 2017, "A Large-Scale Test of the Goldilocks Hypothesis: Quantifying the Relations Between Digital-Screen Use and the Mental Well-Being of Adolescents", Psychological Science, 28(2), pp. 204-215
  2. 調査:MMD研究所, 2018, "2018年版:スマートフォン利用者実態調査"
  3. 論文:Cahit Guven, 2012, “Reversing the question: Does happiness affect consumption and savings behavior?”, Journal of Economic Psychology, 33(4), pp. 701-717
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。