【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

31歳からの恋愛相談室:今回の回答者は藤本シゲユキさん

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

「31歳からの恋愛相談室」今回の回答者は、藤本シゲユキさんです

オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みにお答えする、その名も「31歳からの恋愛相談室」。今回の回答者は「藤本シゲユキさん」が担当します。

※「31歳からの恋愛相談室」にご相談希望の方は、こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)

■藤本シゲユキさんプロフィール
今回の回答者:藤本シゲユキさん

今回の回答者:藤本シゲユキさん

“モテる男の心理"をふまえた、超・本質的な恋愛&人生指南が大好評!

ホストクラブオーナーを経て、女性向けの恋愛カウンセラーになるという異色の経歴の持ち主。2014年からアドバイザー業に専念。男性心理を知りつくした立場から、人生と恋愛の成功率を上げるための的確なアドバイスを行う。累計相談件数5000件以上、HPは月間100万PV超。

HP:だまされない女のつくり方
twitter:@hamshigesan
 

お悩み:いい感じだった彼が突然そっけなくなり、モヤモヤしっぱなしです

お悩み:いい感じだった彼が突然そっけなくなり、モヤモヤしっぱなしです

お悩み:いい感じだった彼が突然そっけなくなり、モヤモヤしっぱなしです

■なつきさん(34歳・経理)のお悩み
気になる彼からの連絡が途絶えてしまい、苦しくてたまりません。
 
彼とは街コンで出会いました。その場では少し話してLINEを交換しただけでしたが、2週間後くらいに連絡が来て、2人で会うことに。会社が近かったので、仕事後に軽くご飯に行ったら、とても盛り上がりました。映画の好みやお酒の好みが似ていたり、地元が近かったりと、お互い親近感を抱いたからだと思います。
 
それからほぼ毎日、ちょこちょことやりとりを続け、2回ほど飲みに行きました。帰りには手を繋いだり、君のことはすごくタイプだなんて言われたりしたので、正直脈ありかなと思っていました。
 
なのに、3回目また会おうとしたら「今バタバタしてるから、また連絡するよ」と言われてしまいました。それから3週間が過ぎましたが、連絡がありません。1週間たったころに1回だけ電話してみたのですが、折返しはなく、LINEで「ごめん!」というスタンプだけ返ってきました。
 
本当にバタバタしているのか、実は脈なしだったのか、2回めのデートで何かやらかしていたのか……彼の本心がわからなくて、ずっともやもやしっぱなしです。会ってるときはすごく楽しそうだったからこそ、期待が捨てきれません。
 
ダメならダメと、ちゃんと確かめたい気もします。でも、もう1回電話しているし、これ以上追いかけるのも気が引けて……。こんなとき、どうしたらいいでしょうか。ここから挽回する方法はありますか?
 

アドバイス1:また連絡がついたとしても、おそらく同じことが起きる

 アドバイス1:また連絡がついたとしても、おそらく同じことが起きる

 アドバイス1:また連絡がついたとしても、おそらく同じことが起きる

なつきさんのように、街コンやマッチングアプリで出会って、いい感じだったのに、なぜか突然疎遠になるというケースは、実はものすごく多いんです。
 
おっしゃるように、彼は本当にバタバタしているのかもしれないし、脈なしだったのかもしれないし、気づいてないうちに何かやらかしたかもしれない。
 
もしかしたら、彼女か奥さんがいて、なつきさんとやり取りしているのがバレそうになったのかもしれないし、ほかに彼女や気になる女性ができたのかもしれない。
 
しかし、いくらこういったことをグルグル考えていても、残念ながら真相は「彼のみぞ知る」なんです。
  
そして厳しいようですが、過去にどれだけ良い関係を築いていたとしても、今眼の前で起きていることが「現実」です。
 
いい感じだったのに急に疎遠になるケースで言えることとしては、「連絡がこなくなった時点でそれが答え」であり、もし相手がただ忙しかっただけだとしても、「つながったところで、いずれまた同じことを相手が繰り返す」ということ。
 

アドバイス2:うまくいかなくなったのは、誰のせい?

だからといって、諦めようにも諦めきれないそのお気持ちはわかります。
 
ただ、大前提として理解していただきたいことが1つ。
 
世の中は、うまくいってると思ってたことが、急にうまくいかなくなることがよくありますよね。そうなる原因は大きく分けると2つあって、「自分がまいた種で起こった、または実力不足」「起こったことに理由はない」というパターンに分類されます。
 
前者は、過去に自分がまいた種が元になり、問題が肥大化してうまくいかなくなったか、もしくは進展させるには自分の実力が足りなかったという場合です。
 
後者は、どんなに考えたところで、うまくいかなくなった理由が分からない場合。たとえるなら、道を歩いていたらいきなりイノシシに突撃され大怪我をした、というようなことです。
 
この場合、あとになって「あのとき、あの出来事がなかったら、今はなかった」なんて思うことも多いですね。
 
たとえば、僕のクライアントの中には、結婚寸前だった彼氏に理由なく振られてしまい、悲しみに明け暮れていたけれど、その数カ月後に出会った男性と運命的な恋に落ち結婚したという女性が何人もいます。この場合、彼女たちは運命の相手と出会うために強制的に「別れ」というイベントが発生したということになります。
 
なので、なつきさんもあとになってから、彼とうまくいかなくなった理由に説明がつけられる日がやってくる可能性はあります。
 

アドバイス3:本当に逃したらマズいのは、複数候補の中で一際輝いている人

ここで覚えておいていただきたいことが1つあります。それは、「選択肢の数が少ない人は執着する」というものです。
 
恋愛にかぎらず選択肢が1つしかない人は、その1つに対して過剰に執着するという傾向にあります。
 
よく「この人を逃したらあとがない」と思って、1人の男性に執着する女性がいますね。でも、そのほとんどがただの錯覚であり、選択肢がその人1人しかいないという事例がものすごく多いです。
 
本当に逃したらマズいのは、数ある選択肢の中で一際輝いているものです。それは異性に限らず、ほかの物事も同じ。なので必ず、選択肢の数はできるだけ多くしてください。
 

アドバイス4:彼に連絡する「ベストタイミング」なんてものは、ない

とはいえ、なつきさんは、今すぐ彼との関係を挽回できる方法を知りたいと思われているはずです。
 
身も蓋もありませんが、残念ながらその方法に答えはありません。なぜなら、人と状況をコントロールすることはできないから。どれだけ良いメッセージを送ったところで、それをどう受け止めてどう解釈するかは相手にしか決められないので、こちらに決定権はないのです。
 
たとえば、彼の機嫌がいいときなら「今日素敵だね」と伝えても、好意的に受け止めてくれるでしょう。しかし、彼の機嫌が悪い、あるいは余裕がないときだったら「今はそれどころじゃない」と思われる可能性もあるわけです。
 

アドバイス5:連絡するなら、一歩踏み込んだメッセージが必須

ただ、ここで再度彼に連絡をするならば、必要なのは自分が思っていることをちゃんと言うことです。
 
ふわっとした様子伺いの連絡をして、また彼とつながれたとしても、それではなんの解決にもならないんですよ。前述したように、いずれまた同じことを繰り返されるでしょうから。
 
例文を出すと、「おつかれさま。バタバタしてるって言ってたから、言うか迷ったんだけど言うね。私としては○○君といるとすごく楽しかったし、また会えたらいいなと思ってたんだ。毎日のように連絡を取ってたから、いきなり連絡が取れなくなると、正直心配になります。
 
忙しいだけなんだったら本当に申し訳ないんだけど、今○○君がどういう状況か分からないし、もし私に言いにくいことがあるんだとしても、ちゃんと受け止めるから教えてもらえると嬉しいです。
 
一方的に自分のことばかり綴ってごめんなさい。時間があるときでいいので、返信待っています。」という感じです。
 
付き合う前の男性にこんなことを言っていいのか?と思った女性もいらっしゃるかもしれませんが、こういうことを付き合う前に言わないから、相手は自分のペースで接してきたり、なんの悪気もなく適当に扱ったりするんですよ。
 
なぜ、ここまで踏み込んだメッセージを相手に伝えないといけないか。もう1つ理由がありまして、それは相手の誠実さを確かめる上で必要だからです。
 
誠実な相手なら、たとえ言葉足らずな人だったとしても、連絡ができなかったことの謝罪と状況説明をしてくれます。不誠実な人だったら、無視する、逆ギレする、適当に返す、のどれかです。
 
なので、挽回できるかどうかは相手の誠実さにかかっていると言っても過言ではありません。勇気は必要だとは思いますが、ぜひ、なつきさんの今の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。


■関連記事
「31歳からの恋愛相談室」特設ページ
Q.「重い女」じゃだめですか?そもそも重いってなんですか?
Q.「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました
Q.貯金がないどころか、借金が200万円。隠して婚活すべき?

■私も無料で相談してみたい!
こちらのリンクからぜひご応募ください(相談は現時点では無料です)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。