学歴だけでイノベーションは起こせない

誰もが巨万の富を築くことに成功するとは限らない、というかほとんどの人ができないのはなぜなのか。つまり、新しい価値を創造し、イノベーションを起こすことは、高等教育を受けさえすれば誰でもできるようになるわけではない、ということを示しています。
高学歴貧乏

なぜ高学歴なのに、貧乏な人が増えているのでしょうか?

これは、学んだことを実社会でいかに応用するかという思考習慣が養われていない、あるいは社会に出てからそういう姿勢で取り組んでいないことに起因します。

学んだ知識を組み合わせて統合し、より複雑な問題に適用できないのは、与えられた問題を解くことに慣れてしまっているからです。自分で問いを発して探求し、解決方法を自らの頭脳で編み出し、成し遂げるという経験をしてこなかったからでしょう。

そして、学校でもそういうことは教わりません。小学校は基礎教育、中・高は大学受験に向かうカリキュラム。そして大学の先生は研究重視の人も多く、教えるプロフェッショナルではないし、他の分野をかけもちする学生を好まない人もいます。
 

課題解決には「頭脳×机上×行動」が必要

日本では、高校の時点で文系と理系に別れてしまいますし、大学に入ってからも早々に自分の専門分野を絞り込むことを要求されます。これは自分の可能性を狭くさせてしまうリスクが指摘されています。

そもそも世の中の課題や問題は、理系や文系に分かれているわけではなく、極めて学際的です。そのため、たとえば哲学などの正解がない分野に取り組む文系的な思考力と、仮説を立てて検証方法を考え、実験してその結果を再び次に活かすという理系的な素養の両方が必要性です。
 
分野横断的な知識とそれをどう整理し、分析して考えればよいか。そして自分以外のメンバーとどう協働すれば、世の中の問題が解決できるのかという「頭脳×机上×行動」ができる実践経験が必要なのです。
 

思考技術を磨く訓練をする

どのように環境が変わっても適切に情報を集め、ゼロベースかつクリティカルに思考し、クリエイティブに課題を解決していく力。また、どのような職業に就いても、しかるべきリーダーシップを発揮できる能力や得た知識を他でも応用できる力。これからの時代を生き抜くためには、これらの力が必要です。
 
複雑な問題に対処できる思考技能を獲得すれば、どんな分野に進もうと深い洞察や探求ができ、新しい知見を発掘することができます。
 

早い段階で求められる人になる視点をもつ

これから求められるのは、変化に対応する(対応させられる)のではなく、自らが変化をつくる側にまわること、1つではなく複数の成長シナリオを持ち、常にアップデートすること、回復力の強い人間になることです。
 
少なくとも高校生くらいになったら、そういう視点で勉強することはモチベーションにもなるし、知識の定着にもつながるでしょう。そして、社会に出てからはもちろん必要なのですが、こうした意識を持って事に当たれば、それが社会の役に立ってお金に換わるということはよくあることです。
 
しかし、そういうことは学校ではなかなか教えてもらえません。だからこそ、学校でできないことは親が家庭教育の中で補完してあげる必要があると私は考えています。
 
【参考】
  • 『1億稼ぐ子どもの育て方』著:午堂 登紀雄 主婦の友社刊
【関連記事をチェック!】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。