腰・背中・首の疲れとおさらば!


料理研究家という仕事柄、料理企画やレシピを作っていると長時間椅子に座りっぱなしになる日があります。そういった日は決まって、腰への負担を感じていました。

特にこれらの作業は集中して行うため、休憩をとり忘れて椅子に座り続けることがよくあります。椅子に座布団を敷くなど工夫をしても、1日を終えるころには腰の痛みで歩くのが辛い……ということもしばしば。

そこで見つけたイチオシ商品が、エアウィーブの「座 クッション」です。座ったときに体にフィットする感覚が心地よく、長時間座っていても腰が痛くなりにくいのです。
 
エアウィーブ 座クッション

背もたれは椅子の角度に合わせて使える


背もたれ付きのため背中も支えてくれて、腰だけでなく背中や首の疲れも軽減されているのを実感しています。椅子に敷くときは、「座 クッション」だけよりも、下に薄い座布団を1枚敷いた方が、より一層腰への負担が軽減するように思います。

特に夏場は座布団をしいた椅子に長時間座っていると蒸れるのが気になるのですが、「座 クッション」に含まれる「airfiber」は、エアウィーブ独自の素材で、90%以上が空気で構成されるため、通気性抜群で蒸れにくいのが嬉しいです。また、空気断熱により、冬は暖かさを保ってくれます。

カバーだけでなくクッションの中の「airfiber」まで水で洗えるため、清潔な状態をキープして長く使えるのも魅力です。購入してから3年以上経ちますが、今も使い続けています。

 

長時間座りっぱなしに!旅行や会社の内勤でも使える

 
エアウィーブ 座クッション

折り畳めば半分のサイズに


購入の決め手は、持ち手がついていて、軽くて持ち運べるという点でした。仕事では地方出張や海外出張もあるため、持ち運べるのは魅力に思いました。もともと、仕事のために購入しましたが、旅行のときにも欠かせないアイテムになっています。

出張で長時間、電車や飛行機に乗ることがあります。そんなときも「座 クッション」を敷くと、座り心地がグンと良くなって、長時間の移動後の疲れが軽減されるのを感じています。

「座 クッション」があることで移動時の体への負担が減り、出張先の仕事で、いいパフォーマンスを出すことに繋がっています。これは仕事に限らず旅行のときにも言えることで、移動疲れを減らせることで遊びの時間が大変充実します。特に、海外旅行は移動時間が長いため欠かせません。
 
エアウィーブ 座クッション

丸洗い可能なので、清潔


私が務める会社では、スタッフのみんなにも「座 クッション」を支給しています。いつものイスに敷くだけで座り心地が良くなり、腰への負担が減るのでスタッフにも好評です。

これさえあれば座りっぱなしでも疲れにくいので、仕事や旅行のアイテムとしてぜひ取り入れてみませんか。

 

DATA
エアウィーヴ|座 クッション

サイズ:幅40×長さ80×厚さ3cm
重さ:約0.7kg
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。