「大人の色気」は、単なるセクシーさとは違う

「大人の色気」とは、上品さが漂うもの。単に肌を露出するような「セクシーさ」は、一歩間違えれば下品になりかねません

「大人の色気」とは、上品さが漂うもの。単に肌を露出するような「セクシーさ」は、一歩間違えれば下品になりかねません

いくつになっても色っぽい女性は魅力的。むしろ大人だからこそ、若い女性には出せない「大人の色気」を出せるのではないかと筆者は考えます。

色気とセクシーさは、まったく異なるもの。

セクシーさを出すならば、女性らしい体のラインを強調したり、肌を露出気味にしたり、セクシーなメイクを施すだけでOKです。しかし安易なセクシーさは下品になりがち。

特にアラフォー以上になると「若さ」との相乗効果(健康的なセクシーさ)が狙えないため、セクシーさを強調するほど「場末感」が出てしまいます。それでは逆効果。

大人の色気とは、わかりやすいセクシーさではなく、ほんのりにじみ出てくる色っぽさ。

極論ですが、「喪服を着た未亡人」は大人の色気の集大成です。哀しみの中、気丈に振る舞う大人の女は、1ミリも肌を露出していない着物姿であっても、残酷なほど色っぽさが漂います。そんな大人の色気は、若いうちには出すことのできないものです。
 

「油断」と「上品さ」を備えるのが、大人の色気

 襟から覗く白いうなじ。他を隠しつつ、わずかに見せる女っぽさこそが「大人の色気」なのです

襟から覗く白いうなじ。他を隠しつつ、わずかに見せる女っぽさこそが「大人の色気」なのです

大人の色気は、セクシーさを意識していない女性ほどにじみ出やすいという矛盾の中にあります。

たとえば、仕事中にさりげなく疲れた目を押さえる仕草。たとえば、料理中に小皿で味見をするときの唇。たとえば、長い髪を無造作にアップでまとめたときのうなじ。たとえば、考えごとをしているときの表情。

これらの共通点は「油断している」こと。ふだんキリッとしている大人の女性ほど、ふと油断したときに見せる「素の姿」が妙に色っぽく映るのです。

だからといって、油断しまくっただらしない姿には、1ミリも色気は感じません。姿勢良く、きちんと足を閉じているなど、全体的には緊張感を保っている大人の女性が不意に見せる「油断しているパーツ」に、大人の男性は色気を感じるのです。

しぐさや表情は意識して出すことは難しいもの。もう少しわかりやすい大人の色気としては、「香り」が挙げられます。

男性に不評なコスメ独特の粉っぽい香りを避け、無香料のものをセレクトする。体臭がしないよう充分なケアをする。タバコや外から付着する悪臭が残らないよう、髪や服の消臭を心がける。

マイナスイメージになりかねない匂いを防ぐ心遣いは、大人の女性ならでは。それは、プラスの色気を出そうと意識するよりもずっと大切なこと。

イヤな匂いを徹底的に排除した上で、自分のイメージに合う種類のトワレをほんのりと。柔軟剤でもOKですが、安っぽい香りは避けてください。トワレのつけ過ぎも厳禁です。

すれ違ったり接近しなければわからないくらいの淡く上品な香り。それは大人の女性をより色っぽく演出します。
 

すべてにおいて「出し過ぎない」のが色気につながる

大人のステキな女性は、ほんのりと色っぽいもの。「大人の色気」は、男性のほうが気づきやすいかもしれません

大人のステキな女性は、ほんのりと色っぽいもの。「大人の色気」は、男性のほうが気づきやすいかもしれません

女性のセクシーさが「男性にセックス願望を連想させる」直接的なものだとすれば、女性の色気は「男性に【女】を意識させる」間接的なものといえます。

着物姿のように、体を隠した衣服ほど「抜いた襟から覗くうなじ」や「不意に見えたくるぶし」にドキッとしてしまうのは、まさにセクシーではなく色気の部類。

リサーチした男性の中には「蚊に刺されて赤くなったふくらはぎ」や「ストッキングが伝染したことに気づかないままの美しい立ち姿」などマニアックな意見もありました。肌見せにしても油断にしても、出し過ぎれば「だらしない」印象になるだけ。「一見、隙がなさそうに見える」状態でなければ、色気にはつながりません。

大人の色気を身につけたいと思うならば、逆に「隙をなるべく見せない」立ち居振る舞いを意識して。リラックスした姿を見せるのは、気を許している男性の前だけでいいのです。

【関連記事】
【ガイドからお知らせ】
活動情報や告知は、公式サイトFacebookファンページTwitterをご覧ください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。