「金持ちになりたい!」というのは、誰もが一度は憧れる夢であります。かくいう筆者も、気づけば28歳のオッサンになって参りましたが、頑張って働いて、金持ちを目指し邁進している一人でもあります。
 
筆者に限らず、「金持ちになりたい!」「どうすれば金持ちになれるのだろうか?」と気になる方も多いことでしょう。そこで今回は、金融心理学者のブラッド・クロンツ博士が明かした、金持ちになる人の3つの特徴を共有しましょう。
 

金持ちになる人には3つの特徴がある!

金融心理学者のブラッド・クロンツ博士が2015年に公開した論文(1)によると、大金持ちには3つの特徴があるのだとか。3つの特徴は、以下の3つでした。
  • 特徴1:金持ちはお金が好き!
  • 特徴2:金持ちはリスクを厭わない!
  • 特徴3:金持ちは金融に詳しい!
よって、金持ちになりたい!と考えている方は、「お金を好きになる!」「リスクを取る!」「金融に詳しくなる!」のが近道だと言えそうですな。
 

特徴1:金持ちはお金が好き!

大金持ちの共通点1つ目は、「金持ちはお金が好き!」という点です。
 
昔と比べれば減ったような気がしますが、今でも「お金儲けは悪いこと!」と考えている人は多いようです。
 
お金儲け=悪いこと!と考えてしまうのは、「金持ち=ずる賢い」という先入観が大きいかと思います。あるいは、「金持ち=無駄なお金を使っている」というイメージのせいかもしれません。
 
しかし、実際のところ、貧困にはデメリットがたくさんありまして。
 
「貧乏になると不幸になる!そして、不幸になるほど貧乏になる!」
「貧乏になると頭が悪くなり、さらに貧乏になる!」
「貧乏になると人間関係に苦労する!」
 
と、悪いことばかりな訳です。それに、「金持ち=良い人!」なんて話もあるみたいですから、むやみにお金を嫌う必要はないと思いますよ。素直にお金を愛している人は、やはり、お金からも好かれるものなのだと言えるでしょう。
 

特徴2:金持ちはリスクを厭わない! 

金持ちになる人は、上手にリスクを取ります。それこそ、好景気が来ても、不景気が来ても、どちらの場合も得できるように、上手にお金をやりくりするものです。
 
NBERのワーキングペーパー(2)によれば、「金持ちになるなら不労所得を作るのが確実!」ってことが分かっております。
 
誰だって、「お金を減らしたくない!」という気持ちは同じです。しかし、小さな損失を抑えるために、大きなチャンスを逃してしまっては意味がありません。資産運用が上手な人は、若いうちから資産運用を始め、着実にお金を増やしていくものです。
 
やりくり上手は、インデックス投資ファクター投資といった方法を使うことで、年率5~10%くらいのスピードでお金を増やしています。短期間で見れば大した違いではないかもしれません。しかし、長期で見ると無視できない差になりますから、「必要なリスクは取る!」ことを意識する必要があるでしょう。
 

特徴3:金持ちは金融に詳しい! 

3つ目は、「金持ちは金融に詳しい!」という点です。
 
お金を持ちたいなら、お金についてたっぷり研究したほうがよいです。インデックス投資ファクター投資といった、お金を増やす方法については、もちろん勉強したほうがよいでしょう。
 
それと同時に、家計管理の基本や、節税の手段を知っておくことも大切です。特に、金融資産をあまり持っていない人は、「資産運用」よりも、「家計の改善」のほうが即効性が高く、短期間で大幅な貯金につなげることができます。
 
やりくり上手なら、「ストレスをかけずに節約し、しかもその節約してできたお金を貯めて節税し、節税できたお金をさらに投資に回す!」なんていうように、財形貯蓄制度を使いながら、上手にお金を貯めて、なおかつ増やすことができます。
 
お金持ちを目指すなら、これくらい、したたかに制度を活かすくらいでちょうどよいと思うのです。 
 

まとめ

最後に、少し余談になりますが、一部では「お金を増やすならFX!」とか、「お金を増やすなら仮想通貨!」とか、怪しげな広告も出回っておりますが。基本的に、FXやら仮想通貨は、投機(マイナスサムゲーム)なので、素人が手を出して勝てるものではありません。実需がない限りは手を出すと危険です。
 
手堅くお金を増やすなら、インデックス投資やファクター投資など、投資(プラスサムゲーム)を目指すと良いでしょう。
 
「お金を好きになる!」
「リスクを厭わない!」
「金融に詳しくなる!」

 
あなたが金持ちを目指しているのであれば、上記の3点から実践してみると効果的だと思います。ぜひ、暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。
 
●参考文献
  1. 論文:Bradley T. Klontz, Paul Sullivan, Martin C. Seay, and Anthogy Canale, 2015, "The Wealthy: A Financial Psychological Profile", Consulting Psychology Journal: Practive and Research, 67(2), pp. 127-143
  2. ワーキングペーパー:Jesse Rothstein, 2018, "Inequality of Educational Opportunity? Schools as Mediators of the Intergenerational Transmission of Income", NBER Working Paper, 24537
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。