今年の初めごろ、「仮想通貨はどうなの?」という問い合わせをしてくる方が多かったです。最近はだいぶ、落ち着きを取り戻したかのように見える仮想通貨ですが、ぼくらは買うべきなのでしょうか? 筆者なりの意見をお話ししましょう。
 
 

いきなり結論:仮想通貨は買うべきでない! 

まどろっこしい話は抜きにして、結論から述べます。ぼくらは仮想通貨を買うべきでないと思います。これは、株式市場の法則や、投資・投機といった観点からぼくが導き出した答えです。
 
では、なぜ仮想通貨を買ってはいけないのでしょうか? これには3つの理由があります。それぞれの理由は、以下のとおりです。 
  • 理由1:新しいものほど割高になりやすい
  • 理由2:値動きが激しいものほど割高になりやすい
  • 理由3:目立つものほど割高になりやすい
この3つの理由から、ぼくは仮想通貨の取引をオススメしません。これから、それぞれの理由について、詳しくご説明します。
 
 

理由1:新しいものほど割高になりやすい

金融専門誌「ジャーナル・オブ・ファイナンス」に掲載された論文(1)によると、「新しいものは割高になりやすい!」という傾向が見つかっています。
 
これは株式投資の場合の話なのですが、「新規公開株は割高で、公開されてから5年間は値上がりしにくい!」なんてことが分かっています。これは、経済学用語で「オーバープライシング」と呼ばれています。
 
ぼくは仮想通貨についても同様のことが言えると考えています。さいきんは「ICO」というものが取りざたされていますが、これは仮想通貨での「新規公開」のようなものです。新しいものほど失敗する可能性が高いと思いますので、手を出さないのが無難かと思います。
 
 

理由2:値動きが激しいものほど割高になりやすい 

これまた「ジャーナル・オブ・ファイナンス」に掲載された有名な論文(2)がありまして。「値動きの激しい株式は、そうでない株式と比べて、投資をしても利益につながりにくい!」ということが分かっています。
 
日本株で言えば、「テーマ株」だとか「流行株」と呼ばれているものがあります。こういった株式は、一時的には盛り上がるのですが、中長期で見ると株価が下がってしまう可能性が高いのです。
 
仮想通貨の場合も、きっと同じことが言えるでしょう。とくに仮想通貨は、国定通貨と比べて、値動きが激しい傾向があります。ですから、普通に円やドルを買うよりも、値上がりしにくい可能性がありますので、手を出さない方が無難かと思います。
 
 

理由3:目立つものほど割高になりやすい

株式投資においては、「目立つ株は買うな!」という鉄則がございます。
 
専門誌「ファイナンシャル・アナリスト・ジャーナル」に掲載された論文(3)によれば、「目立つ株式ほど株価があがりにくい!」という傾向が確認されています。これもまた、仮想通貨にも通用する原則かと思います。
 
たとえば、「さいきんCMが増えてきた」とか「雑誌で取り上げられた!」とか「有名人が持っている!」とか。こういった話が出てきたら要注意です。割高である可能性があります。
 
「みんな持ってるんだよ!」と言われると、ついつい気になってしまうのが人間としての性です。ぼくも、周りの友人がスマートフォンを使い始めたのをきっかけに、iPhoneを買いました。
 
「周りから取り残されたくない!」というのはぼくらの本能ですから、こういった本能に惑わされないと気をつけないといけませんね。
 
 

まとめ 

ここまで、「仮想通貨を買うべきでない」いろんな理由をお話ししてきました。ぼく自身も仮想通貨は買っていませんし、知人や友人、家族にも、「買わない方がいいよ!」と言っています。
 
あくまで仮想通貨は、競馬やFXと同じ「投機」です。投資ではありません。
 
そうと分かって買うのはいいでしょうが、純然たる「投資!」と勘違いして手を出すのはよろしくないので、止めておいた方がよいと思いますよ。
 
 
●参考文献
 
  1. 論文:Loughran, Tim, and Jay Ritter, 1995, “The New Issues Puzzle,”Journal of Finance 50, pp. 23- 51
  2. 論文:Andrew Ang, Robert J. Hodrick, Yuhang Xing, and Zioayan Zhang, 2006, "The Cross-Section of Volatility and Expected Returns", The Journal of Finance, 61(1), pp. 259-299
  3. 論文:Craig G. Beard and Richard W. Sias, 1997, "Is There a Neglected-Firm Effect?", Financial Analysts Journal, 53(5), pp. 19-23
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。