【編集部からのお知らせ】
このたび「31歳からの恋愛相談室」がスタートいたしました。
オトナ女子の恋活・婚活にまつわる悩みに、恋愛のプロが、無料でお答えします。
ご応募はこちらからどうぞ!

記事例:「なんで結婚しないの?」に答え続けるのにもう疲れました

不倫相手を愛してしまったら?

不倫相手に本気になってしまったら、どうする?

不倫相手に本気になってしまったら、どうする?

基本、不倫はしてはいけないものです。でも、中には、不倫相手を本気で愛してしまう既婚者もいます。そんな人は、どうしたらいいのでしょうか?
 
今回は、不倫相手を本気で好きになってしまった既婚者が気付くべきことを、4つ紹介します。
 

気付くべきこと1:その「本気」は、本当に本気なのか?

「不倫相手を本気で愛してしまった」と思う人はいるものですが、そもそもその人にとっての「本気」とは何でしょうか。
 
多くの人が、「遊び」で結婚するわけではないので、そもそも今の配偶者とも「本気」の思いで結婚したはずです。でも、本気になって一緒になっても、その後、浮気をして、今度はその不倫相手に対して本気になるのであれば、今後も同じことを繰り返す可能性は高いのではないでしょうか?
 
そもそも、そんなに気が変わるのであれば、それは「本気」とは違うのではないでしょうか?「本気」というのは、他に素敵な人が現れてもよそ見をしないということです。つまり、その人の今までの「本気」も、“その程度”ということなのです。
 
単に感情と欲望に振りまわされているだけの状態を「本気」だと思ってしまう人は多いものですが、“本物の本気”には、自然と「覚悟」が伴うものです。

つまり、本気だからこそ、単なる感情や欲望に振り回されないで、それを守るためなら、たとえ辛いことがあっても守りたいという理性が必要なこともあります。逆を言えば、「それを守り抜くぞ!」と思う覚悟を抱いているときこそが、本気なのです。

一生のうち、何度も変わってしまう「本気」は、ちまたでよく言われる言い回しである「一生に一度のお願い!」と同じくらいに重みのないものかもしれません。

また、不倫相手に対しても、本当に本気なのであれば、不倫のままにはしておかないでしょう。つまり、不倫をしている時点で、本気とは言えないのです。
 

気付くべきこと2:本気だから「不倫をしない」という選択もある

“永遠に続く不倫”というのは、多くはありません。ほとんどの不倫が、いつかは必ず終わります。中には、不倫後、結婚に至る場合もありますが、それ以上に別れてしまうことの方が多いでしょう。

だから、既婚者が、パートナー以外の人を本気で愛してしまったときは、その人と「不倫関係にならない」という選択肢を持つ方が、堅実です。

そんな“いつか終わるであろう関係”を持つよりも、プラトニックに“友人関係”を続け、ずっとつながっていける関係性でいることを選ぶ方が、むしろ「本気の付き合い」と言えるからです。これならパートナーを裏切っていることにはならないですしね。
 
「相手と肉体関係を持ちたい」という欲望を抑えられるくらいに、相手のことを大切に思えるからこそ、「不倫をしない」という選択肢だって、大人にはあるのです。それくらい相手のことを大切にしていける人の方が、よほど「本気」と言えるでしょう。
 
3つ目に気付くべきことは、不倫をしている多くの人が、遅かれ早かれ最終的に向き合わなくてはいけないことでもあります。次のページをご覧ください。