産後うつを経験、40代になり老後資金が不安、今後のマネープランどうすれば……

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、産後にうつを経験し、10年もの間、療養していた41歳の主婦の方。そのため貯蓄が少なく、夫は家計への知識、関心がないため、教育資金や老後資金の備えが心配とのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
 
教育資金や老後資金の備えが心配

教育資金や老後資金の備えが心配




■相談者
めるさん(仮名)
女性/パート/41歳
北陸/持ち家・一戸建て
 
■家族構成
夫(会社員/41歳)、子ども2人(中学生・小学生)
 
■相談内容
産後にうつになり体調を崩して全く働けず10年程自宅療養でした。パートに出ていけるまで回復して、やっと預金を考えられるようになったため、まだ貯金額が低めです。40歳になり、子どもの教育資金も大切ですが、老後資金を意識し始めました。夫は家計に全くの無関心、無知識なので、どうかお知恵をお貸しください。よろしくお願いします。
 
■家計収支データ
相談者「める」さんの家計収支データ

相談者「める」さんの家計収支データ



 

■家計収支データ補足
(1)ボーナスの使い途について
クルマの税金(2台分)8万円、車検費用20万円、旅行費30万円、固定資産税14万4000円、残り生活費補てん、余ったら貯蓄。
 
(2)食費について
勤務先へは夫婦とも弁当持参
 
(3)加入保険の保障と保険料の内訳
[夫]
・医療保険(入院7000円)=毎月の保険料2884円
・共済(病気死亡450万円、入院5000円)=毎月の保険料2000円
・がん保険(入院1万円)=毎月の保険料3141円
・収入保障保険=毎月の保険料1万3040円
[妻]
・医療保険(入院7000円、女性疾病プラス3000円、10年更新タイプ)=毎月の保険料2529円
・がん保険(入院1万円、女性疾病プラス1万円)=毎月の保険料3569円
[子ども]
・学資保険(18歳、19歳、20歳で満期金50万円ずつ)=毎月の保険料1万6460円
 
(4)住宅ローンについて
・ローン開始年/2013年(新築物件)
・借入額/2400万円
・現在のローン残高/2056万円
・返済年数(借入期間)/35年
・金利/変動0.9%
・固定資産税額/14万4000円
 
(5)夫の勤務について
定年60歳、再雇用制度あり。退職金制度もあるが、金額は期待薄。
 
(6)妻の体調について
本人コメント「フルタイムもやれそうなほど回復はしていますが、自分自身の体調も慎重にいきたい面と、子どもが留守番を嫌うため、まだ正社員は考えていません。しかし5年以内には予定をしています」
 
(7)家計管理について
相談者コメント「家計簿をつけていますが、やはり人より体力が無く、細かい作業やコツコツと自炊で過ごすことなどは避けている面もあり、よそ様よりエンゲル係数は高めです。しかし、そこは割り切って生活しています。あまり切り詰めてまた入院生活に戻りたくはないので(笑)」
 
(8)相続について
夫には一軒の不動産を相続する予定がある。賃貸物件として提供することを視野に入れている。賃料は月額10万円の見込み。また、その不動産を売却すると2000万円程度にはなるとのこと。売却するもしくは賃貸物件として管理するか思案中。賃貸物件にするなら、その収入で住宅ローンを相殺できるように考えている。
 
■FP深野康彦の3つのアドバイス
アドバイス1 長く働き、老後資金をなるべく減らさない
アドバイス2 住宅ローンは繰上返済で返済期間の短縮を
アドバイス3 相続で得た不動産は売却が望ましい
 

アドバイス1 長く働き、老後資金をなるべく減らさない

10年間もの自宅療養後、いろいろご苦労があったはずですが、よく復帰されたと思います。社会復帰できたという点でも、毎月10万円の収入を得ている点でも、将来に向けて大きなプラスとなっています。
 
さて、今後のマネープランですが、まず優先すべきはやはり教育資金となります。現在の貯蓄、投資ペースが月10万円、ボーナスからは生活費の補てんなどでほぼ貯蓄に回らないとすると年間120万円、定年まで19年間で2280万円。これに、今ある貯蓄、投資、さらにお子さんの学資保険の満期金を加算すると、計2530万円となります。
 
ただし、途中で学資保険の保険料の支払いがなくなりますし、カードローン、自動車ローンも完済するでしょう。お子さんが独立すれば、食費などの生活コストも下がります。また、便宜上、かかる教育費をあとでまとめて差し引きますから、現状で支出費目となっている教育費2万6500円はここで貯蓄に回ることにします。それらを考慮すると、先の貯蓄額にさらに1500万円程度は加算できます。結果、60歳までに貯められる資金は約4000万円となります。
 
対して、お子さん2人の今後かかる教育費を計1500万円とすれば、残りは約2500万円。また、まとまった支出としては定年までにクルマの買い替えが発生しそうです。2台分を2回ずつ、計300万~500万円をさらに差し引いて2000万~2200万円。これに退職金を加えた金額が老後資金となります。
 
これで老後の生活費として十分かどうかは、まだ不確定要素も多く、判断はできません。ただ、仮に公的年金だけによる生活費の不足額が平均して月3万円とすれば、65歳から90歳までの25年間で900万円。これを老後資金から捻出することになります。月5万円不足なら1500万円。これに病気や介護、住宅の修繕・リフォーム費用、さらに長生きリスクを考慮して予備費1000万円必要とした場合、先の金額で足りるかどうかということが、老後資金のひとつの目安になります。
また、これには60~65歳の生活費が加味されていませんので、この間も働いて、できるだけ準備した老後資金を減らさないということが重要なポイントになることは言うまでもありません。
 

アドバイス2 住宅ローンは繰上返済で返済期間の短縮を

それを踏まえて、今できる備えとしては、家計を見直し、貯蓄ペースを上げることということになります。家計支出では食費の月10万円が目立ちますが、そこは本人も言われるように「仕方がない」と割り切るなら、他を削る必要になります。雑費、通信費、あるいはボーナスからも貯蓄ができるよう工夫してみてください。また、保険についてはご主人加入の医療保険と共済、どちらか解約してもいいと思います。
 
もうひとつ、収入アップも大きな効果があります。めるさん自身、今後フルタイムで勤務する可能性があるとのこと。もちろん健康が最優先ですが、それが可能なら当然、老後資金はさらに多く備えることができます。その意味で、ご主人にも言えますが、より長く元気に働けるよう、普段から健康に気を配ることが大切になってきます。
 

アドバイス3 相続で得た不動産は売却が望ましい

住宅ローンは完済が71歳。これもできれば、繰上返済で早めに完済したいところ。ちなみに金利が変わらないとして、 60歳の時点で500万円を繰上返済(期間短縮型)すると、返済期間は6年8カ月短縮され、支払利息は約35万円軽減されます。また、この時点で一括返済するなら、約840万円が必要となります。教育費がかかる時期に無理に繰上返済することは避けるべきですが、手数料が発生しないなら、早い時期から少額をこまめに返済していくのもひとつの方法です。
 
また、今後の家計で気をつけたいのは、安易にローンを組まないこと。住宅ローンを抱えている間は新たにローンを増やすのは、家計的に見てリスクとなります。ローンを組まないことで、結果的に無理な支出を防ぐという効果もあります。
 
最後に、ご主人が相続される住宅ですが、個人的には売却して現金を持っておく方がいいと考えます。賃料は継続的な収入が入り、資産として手元に残りますが、人に貸すことでの手間や管理が発生します、またどの程度賃料を得られるかは不透明です。お子さんに遺したいという強い思いがなければ、できるだけ早めに手放すことで、より確実でストレスのない資金確保につなげるべきでしょう。
 

相談者「める」さんより寄せられた感想

何度も読ませて頂きました。とても不安で、何が不安かわからなくなっていましたのでアドバイスの通り長く実行してみたい!と前向きになりました。ボーナスを25万貯蓄に回せるようなので 今回から始めます。長生きが怖くて仕方ないのでとても救われました。ありがとうございます!

教えてくれたのは……
深野 康彦さん
 
 

 


マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金周り全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。近著に『55歳からはじめる長い人生後半戦のお金の習慣』(明日香出版社)、『あなたの毎月分配型投資信託がいよいよ危ない!』(ダイヤモンド社)など

取材・文/清水京武



【関連記事をチェック!】
47歳、貯金1600万円。夫がうつ病で共倒れになりそう
41歳会社員、貯蓄40万円。持病を8つ抱え将来が不安に
45歳貯金200万円。遺族年金と月収6万円で老後は?
33歳手取り月収14万円で将来が不安。お金を増やしたい
57歳主婦、夫が病気退職。65歳までどう家計を支える?

 
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。