Twitterにログインできない! 考えられる原因は?

Twitter ログインできない

Twitterにログインできない……どうして?

インターネットサービスでは多かれ少なかれ、誰もがトラブルに遭遇します。Twitterも例外ではなく、「なぜかログインできない」という現象を経験する人が多くいます。よくある原因6つとそれぞれの解決策を紹介します。
 

原因1:メールアドレス、ユーザー名またはパスワードが間違っている

自分では正しいと思っていても、スマートフォンの小さいキーボードではタイピングミスが起きやすい

自分では正しいと思っていても、スマートフォンの小さいキーボードではタイピングミスが起きやすい

一番多い原因は、メールアドレス、ユーザー名またはパスワードの入力ミスです。単純なミスですが、特にパスワードの大文字と小文字の使い分けは意外と気付きにくいものです。

解決策
キーボードをよく見ながらパスワードを入力しましょう。スマートフォン(Android端末/iPhone)の公式アプリなら、パスワードを表示して確認できます。
(左)[パスワードを表示する]をタップ。(右)パスワードが表示されて確認できる

(左)[パスワードを表示する]をタップ。(右)パスワードが表示されて確認できる

 

原因2:パスワードを忘れた

原因1と似ていますが、久々にログインしようと思ったらパスワードを忘れたということはよくあります。

解決策
パスワードをリセットします。メールアドレスを入力すると、パスワードをリセットするためのリンクが送られます。
公式アプリでは[パスワードをお忘れですか]をタップ

公式アプリでは[パスワードをお忘れですか]をタップ

パソコンでは[パスワードを忘れた場合はこちら]をクリック

パソコンでは[パスワードを忘れた場合はこちら]をクリック


詳しい手順はこちらの記事の「パスワードを忘れたとき、リセットしたいとき」をご覧ください。

Twitterのパスワードを変更・リセットする方法
 

原因3:入力ミスが続いてロックされた

間違ったパスワードを何回も入力すると、ロックされて約1時間ほどログイン操作ができなくなります。

解決策
登録したメールアドレスにロック解除の手順が書かれたメールが送られてくるので、それに従って操作します。どうしてもロック解除ができないときはサポートチームに連絡しましょう(ユーザー名の入力が必要)。
アカウントにログインできません。 | ヘルプセンター
 

原因4:メールアドレスの認証をしていない

始めたばかりのときにミスしがちなのが、メールアドレスを認証するためのリンクをタップしていないために、実はアカウント作成の手順が完了していなかった、ということがあります。
アカウント作成時に、登録したメールアドレスに送られてくる認証用のリンク

アカウント作成時に、登録したメールアドレスに送られてくる認証用のリンク

解決策
迷惑メールやゴミ箱に認証用リンクがあるメールを探しましょう。
 

原因5:Twitterで障害が起きている

Twitterのサーバーが機能していないときには、そもそもTwitterの画面が表示されなかったり、うまくログインできなかったりするときがあります。

解決策
これは私たちで解決できるものではないので、復旧するまで待ちましょう。
 

原因6:サードパーティー製アプリでバグが生じている

Twitter社以外の開発者がつくったアプリ(サードパーティー製アプリ)で、まれにログインできないバグが発生することがあります。

解決策
アプリをアップデートして解決できる場合があります。また、公式アプリならうまくログインできます。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。