年収平均は、20代前半250万円、後半350万円と大きな伸び

会社員にとって気になる「年収平均」。特に、働き盛りの20代、30代、40代の年収平均と業種別の傾向についてみてみましょう。国税庁が調査した「平成28年分 民間給与実態統計調査」のデータからご紹介します。
年齢階層別の平均給与(千円) 年収平均は20代前半258万円からスタートし、50代前半504万円まで上昇している 出展:平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

年齢階層別の平均給与(千円)
 年収平均は20代前半258万円からスタートし、50代前半504万円まで上昇している 
出展:平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)


上の表は、年齢層別の年収平均です。20代前半は258万円、後半になると351万円と20代で一気に年収が100万円上がっているのがわかります。この上昇率は他の年齢層ではないところ。20代後半は大学卒や大学院卒の給料が新たに含まれていることを考慮に入れても、伸び率は高いといえるでしょう。
 

年収平均30代は400万円台前半、40代400万円台後半も500万円には届かず

30代の年収平均を見ると、前半は403万円、後半は433万円と400万円を少し上回った400万円台前半のところで推移しています。40代の年収平均は前半460万円、後半494万円。400万円台後半を伸びていきますが、500万円には届きません。
 
50代前半の年収平均は504万円となり、500万円を超えてきます。が、その後は下降していきます。
 

20代年収平均、電気・ガスは400万円超

20代業種別の平均給与(千円)を20代後半の金額順にソートしたもの。トップは電気・ガス・熱供給・水道業で400万円超え 出展:平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

20代業種別の平均給与(千円)を20代後半の金額順にソートしたもの。
トップは電気・ガス・熱供給・水道業で400万円超え 
出展:平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)


上の表は20代の年収平均の業種別金額です。20代後半の金額の高い順に並べました。一番高額だったのは、電気・ガス・熱供給・水道業。20代前半で410万円、20代後半で500万円。全体平均の30代や40代の金額も超えており、かなりの高水準の年収となっています。
 

30代後半の年収平均、500万円超えは電気・ガス、金融保険、情報通信

30代業種別の平均給与(千円)を30代後半の金額順にソートしたもの。トップはやはり電気・ガス・熱供給・水道業で700万円超えも 出展:平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

30代業種別の平均給与(千円)を30代後半の金額順にソートしたもの。
トップはやはり電気・ガス・熱供給・水道業で700万円超えも 
出展:平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

次に30代の業種別の年収平均です。トップはやはり電気・ガス・熱供給・水道業。30代後半で728万円と700万円超えとなっています。
 
また、全年齢での年収平均でも超えられなかった500万円の壁を30代でクリアしているのが、電気・ガス、金融・保険、情報通信の3業種。この3業種は20代でもトップ3でした。高給3業種といえそうです。
 

40代年収平均、500万円超えは学術研究、製造、建設

40代業種別の平均給与(千円)を40代後半の金額順にソートしたもの。トップはやはり電気・ガス・熱供給・水道業でなんと900万円超えも 出展:平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)

40代業種別の平均給与(千円)を40代後半の金額順にソートしたもの。
トップはやはり電気・ガス・熱供給・水道業でなんと900万円超えも 
出展:平成28年分 民間給与実態統計調査(国税庁)


40代の業種別年収をみると、更に業種間の差が大きくなっているのがわかります。トップの電気・ガス・熱供給・水道業では、なんと40代後半で900万円超え。他の業種とは大きな差となっています。
 
40代で新たに、年収500万円を超えた業種は、学術研究・専門・技術サービス業、製造業、建設業、不動産業・物品賃貸業でした。ここまでが、業種全体より年収平均が上となっている業種でしょうか。
 
年収平均といっても業種によってもかなり差がでています。もちろん、同業種や同会社間でも、差が出ていることでしょう。ただ、業種別、年齢別での年収平均はかなり差があることも事実。業種の差や年齢別の伸びに注目して、ご自身の年収などと比較をしてみてください。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。