デンパサール国際空港での過ごし方

デンパサール国際空港

デンパサール国際空港

初めてバリを訪れる人が注意するべきなのがバリ島の物の価格。最近は定価販売も多くなりましたが、場所によっては定価以上の価格を提示されることがたくさんあります。特に物の相場を知らない外国人に対して提示された価格が、現地の人が払う価格の倍以上であることもしばしばあります。特にそれは詐欺行為にはならないお国柄なので、事前に価格の相場を知っておくか、現地の人の助けを借りるなどをするしか防ぎようがありません。その手間隙を考えると、外国人向けに設定された価格を払ってしまった方が精神的にも時間的にも楽だったということもよくあります。

今回はデンパサール国際空港での過ごし方について、どうしたら余計なお金を使わずにスマートに過ごすことができるのということもポイントに、現地の事情をわかりやすく説明していきたいと思います。快適に旅を終えるための判断材料になれば幸いです。

<目次>

空港での両替
両替する金額は少額で

airport maneychange

空港内の両替所でレートを確かめてから、少額を両替するのがおすすめ

空港での両替レートはそれほど良くはありませんが、うんと悪いわけではないので、まずは少額を両替しておいて、観光に出かけた際に、正規の両替所でまとめて両替することをおすすめします。空港内の両替所でのトラブルは少ないのですが、それでもルピアは桁が多いので、うっかり数え間違いがないとも限りません。渡されたお金はしっかりと自分でも数えましょう。
moneychange

正規の両替所を探して両替しよう

街中にもたくさんの両替所があり、土産物店などでも看板が出ていますが、レートが良いからと安心はできません。手品まがいの方法でお金を抜き取られたりして、実際には損をすることが多いです。正規の両替所は「AUTHORIZED」と看板に書かれてあります。安全だけを優先するのなら、レートが悪くてもホテルで換金するのが良いでしょう。あるいはクタ地域の免税店T-Galleriaの二階に日本人経営の両替所があり、日本語でのやり取りが可能です。
 

空港でのSIM購入
現地のSIM調達は空港が便利

simcard

空港から出てすぐにブースがあり、多くの人が利用していました

旅の最中でもスマートフォンで情報を探したり、SNSに写真をアップしたりネットワークの確保はなくてはならないものになっています。バリ島内はWi-Fiスポットが日本と比べたら多いので、無線LANでインターネットに接続すれば、アプリやLINE電話みたいなIP電話は利用できますが、日本と同じネットワーク環境を確保したいのなら、SIMカードを入れておけばいつでもどこでもネットワークに接続できて電話も使えるので便利ですね。空港内にはテレコムセルとエクセルの二社がブースを出しています。店のスタッフとは英語での会話が可能で、クレジットカードも使えるそうです。価格設定は地元の人が使う価格と比べてざっと3~5倍でしょうか。

そんなに高いのなら、街中で安く買えないものか、とガイドも思いましたので、実際にいろいろとSIMカードを購入できる場所を探してみました。まずは空港に近い場所で24時間営業でSIMカードを売っている店に入り価格を聞くとほぼ空港と同じ価格です。空港よりもいくらか安いことを言われましたが、明らかに人を見て外国人だったら絶対にローカル価格では売らないという感じで印象が悪く、足を延ばすだけ無駄だったと思いました。次はクタの大きなショッピングモールに行きましたが、そもそもSIMカードを扱っている店が少ない上に、価格は空港よりも高かったので、こちらも利用できないと思いました。
simshop

デンパサール地域の地元の人が買う店の外観

デンパサール地域にある地元の人が利用する店に行くと、カードの種類が多い上に価格は驚くほどに安かったです。同じ会社のカードを比較しましたが、空港が8ギガ日本円約2000円に対して8ギガで385円でした。だったら街中で買うことにしようと思いますよね。ただし今回訪れたような店は大きな通りから外れた小さな道沿い、旅行者が探すのは難しい上にインドネシア語しか通じないので、日本語ガイドを頼んで一緒に行って、購入を手伝ってもらうしかありません。短い滞在の時間をSIMを買うためだけに費やすのはいかがなものかと思いました。現地での調達は、空港が便利と言えそうです。
 

空港からのトランスポート
空港から市内へのアクセス

airporttaxi

空港内のタクシーカウンターで手配すると、メーターは使わずにドライバーの言い値になることがほとんど

一昔前の旅行スタイルはパッケージ旅行が多く、現地で旅行会社のガイドが待っていて専用車でホテルまで送迎をしてくれるケースが多かったと思いますが、最近はスマートフォンでウェブサイトから全て予約ができてしまうので、空港からの送迎もご自分で手配する場合も多いかと思います。
airporttaxi

メーターを使った価格は提示しているが2倍から3倍程度の価格を言われる

空港からタクシーを利用するのが一般的ですが、実はこのタクシーがかなりの曲者です。通常のメータータクシーの料金は初乗り7000ルピア、1kmごとに6500ルピア、最低チャージが45000ルピア(距離が近くて料金が満たない場合も45000ルピア)なのですが、この設定に従わずに行き先の地域によって勝手に価格を設定しているようです。

もっと安く利用したい場合は、駐車場の近くまで歩き「タクシー?」と声をかけてくるフリーランスのドライバーと交渉して納得のゆく価格で折り合いをつけることになります。しかしながら外国人だとそれほど値段は下がらないのでタフな交渉が必要です。さらにそれも望まない場合は、空港のゲートまで出て路上でメータータクシーに乗るという方法もあります。欧米人のバックパッカーが路上を歩いてタクシーを探している姿を見ることがありますが、重たいスーツケースを引きずって歩くのは疲れますし、第一そんな姿はとてもスマートとは言えません。

悪い印象ばかりのタクシーですが、ではバリ島旅行のリピーターの人はどうしているか、というと煩わしいタクシーを利用するよりは事前に日本から車チャーターや片道送迎のトランスポートサービスを予約していたり、ホテルからの有料送迎を利用したり、できるだけ無駄な時間と労力を省いているように見受けられます。

ヘビーリピーターの方で現地の電話番号を持っている人なら、最近流行りのネットから気軽に利用ができるGO-CARやGrabのアプリを利用して安く車を手配することもできますが、インドネシア語、あるいは英語をある程度使うこなすことができないと難しいでしょう。

 

空港のラウンジ 
ラウンジのシャワーは微妙…帰国前にシャワーを浴びる方法

最終日、ホテルのチェックアウト時間は昼12時ですので、その後の時間をどうやって過ごすのか、快適に空港から出発するにはどうしたら良いかまとめてみたいと思います。バリ島はご存知のように熱帯気候ですので、汗をかいた後にすっかりとシャワーを浴びてから帰国の途につきたいと、考える方も多いと思います。帰国前にシャワーをあびる3つのアイディアを紹介します。

1.空港のラウンジサービスを利用してシャワーを浴びるスケジュール
デンパサール国際空港にはプレミエールラウンジ、T/Gラウンジ、ガルーダ インドネシア インターナショナルラウンジの3つのラウンジがあります。ガルーダ インドネシア インターナショナルラウンジはビジネスクラスのゲストのみ、プレニアラウンジはプライオリティパスで利用可能のラウンジ、T/Gラウンジもプライオリティパスの利用可能になりました。

くつろげる空間、ビュッフェスタイルで食事ができるのが人気です。どのラウンジにもシャワーがあるのですが、トイレ内に1つ、しかも設備については残念ながら満足できるとは言えないレベルです。
spa

バリ島最後の思い出にスパ体験も格別

2.(夜出発の便と想定)最後にスパ体験を予約
街中にあるウォークインのマッサージ店ではなく、旅行者が利用するようなある程度のレベルのスパですと、ホテルからの往復送迎サービスが付いていますので、最後の送迎を空港までとします。スパで気持ち良く体験後、シャワーも着替えも済ませてから空港に向かうことができます。

3.日系のホテル、ジンバラン地域にあるウォーターマークホテルで夕食や軽食をとってから空港に向かうアイディア
ホテルの一階にある公共のトイレにはシャワーが完備されており、ゲストは自由に利用することができます。ホテル内には二つのレストランとカフェが併設をされているので、ゆっくりと食事をしてから空港に向かうスケジュールです。

<DATA>
Watermark Hotel&Spa Bali Jimbaran(ウォーターマークホテル&スパ バリ ジンバラン)
住所:Jl. Uluwatu 88, Kedonganan Bali-Indonesia
TEL:+62-361-4725100
アクセス: 空港まで車で10分
 

空港のレストランやカフェ、お土産屋
出国ゲートを前にカフェで一息

bintangbeer

バリ島名物のビンタンビールで最後に乾杯はいかがでしょうか

バリ島の新しい空港はまだ改装中のところもあり、レストランや土産物店が次々にオープンしていますが、ガイドのおすすめは出国ゲートをくぐる手前の、広いカフェスペースでの時間の過ごし方です。高い天井で開放的な雰囲気があり、気軽にいただける軽食が揃っています。カフェの他、コンビニ、書店、土産物店があり、最後の土産物の散策もできます。お土産を買い忘れた人へ、あるいは余ったルピアで適当な自分へのお土産を調達。スーツケースを手荷物で預ける前なので、まだ買った商品を詰め込むことができます。
musiccd

バリ島の思い出が音楽とともに蘇ります

おすすめのお土産はバリ島原産のコーヒー、バティック柄の扇子、ココナツソープなど、いろいろありますが、旅行者だった時代にガイドがよく空港で買い求めたのは、思い出が蘇るバリ島らしい音楽CDでした。価格は一枚850円程度で視聴もできました。スパ体験の時に聞いたあの音楽がまた日本でも聞きたいと思う時にオススメです。

(※情報は2018年9月現在)
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。