高齢の親の安否が気になる人はチェックを!見守りサービスとは

酷暑続きのこの夏。高齢者が家の中で命の危険にさらされることも、しばしば起こっています。
遠くに住む親の状況が気になる方は多いはずです。そこで老親の安否が確認できる、さまざまな見守りサービスを調べてみました。

高齢者の見守りサービスには、自治体が主体となって運営されているもののほかに、民間企業が行っている見守りサービスなどがあります。まずは自治体のサービスからお伝えします。
遠く離れた親の安否を確認したい!

遠く離れた親の安否を確認したい!



 

公的な見守りサービスを確認しよう

最近はほとんどの自治体で、民間企業と協業で高齢者のための見守りサービスを実施しています。代表的なのが、非常通報システムです。自宅に専用通報機を設置し、ペンダント式押しボタンなどが貸与され、緊急時にボタンを押すと受信センターなどに通報されるサービスとなり、ほとんどの自治体で導入されています。

ほかにも、高齢者の安否確認も兼ねた配食サービスや、ユニークなところではヤクルトレディの定期的な訪問で見守りサービスを実施している自治体もあります。比較的安価で利用できるのが、公的サービスならではの良さです。

尚、自治体によっては対象者が限定されているケースもあるため、ご自身でよく確認してみてください。
 

民生委員に相談してもいいの?

地域で困ったことがあった場合に頼りになるのが民生委員です。民生委員は、厚生労働大臣の委嘱を受けて、担当する区域内で地域福祉増進のためのさまざまな活動を行うという役目があります。その一つには、高齢者世帯への訪問や見守り、日常的な声掛けなどが含まれています。親のことが心配な方は、民生委員に相談してみるのも一つの手です。

ただし民生委員は、直接的な生活の支援を行うのではなく、福祉サービスの紹介や地域の専門機関と連携するいわば「つなぎ役」としての役割となるため、その点はよく理解しておく必要があります。

民生委員に相談したい場合は、自治体などを通じて、親の居住地を担当している委員を紹介してもらいましょう。
民生委員について
 

困った時には地域包括支援センターへ

こちらは、直接的な見守りサービスとは異なりますが、高齢の親が、日常生活の一部に介助が必要となってしまった場合は、要介護認定を受けることで、ホームヘルパーなどの定期的な訪問サービスを利用できる可能性があります。相談は、地域包括支援センターで受け付けています。
ちなみに地域包括支援センターは、介護保険サービスのことだけではなく、高齢者に関するさまざまな困りごとの相談にも応じています。
 

民間の見守りサービスにはどんなものがある?

「安否見守りサービス」は、ホームセキュリティ会社ならではの対応力を活かした見守りサービスを実施しています。生活動線(トイレなど必ず通る場所)にセンサーを設置し、一定時間動きがない場合は異常信号がセコムに送信されるサービスです。

「救急通報サービス」は、「握るだけ」でセコムに救急信号を送れるサービスとなり、生活防水型のため、浴室などでも使えるそうです。また、セコムの看護師への電話相談を、無料で利用することができます。

費用は、月額4,700円(税別)。その他初期費用として、工事料44,000円(税別)と保証金20,000円(非課税・契約満了時返却)が別途かかります。

またオプションで、突然意識を失って倒れた場合や、身体の動きを一定時間検出できない場合にセコムに自動で救急通報される「自動通報+駆けつけサービス」を、月900円(税別)で利用することもできます。
  毎日安否確認したい人におすすめなのが、郵便局のみまもりサービス。

「みまもり訪問サービス」、「みまもりでんわサービス」の2つを基本サービスとして、そこにオプションである「駆けつけサービス」を提供しています。
  • みまもり訪問サービス…月1回郵便局社員(委託した者を含む)が利用者宅などへ直接訪問し、利用者の生活状況を聞き取りした上で、それを家族などの指定した報告先へ連絡するものです。月2,500円(税別)
  • みまもりでんわサービス…利用者へ毎日電話(自動音声)で体調確認を行い、回答内容を指定した報告先へメールで連絡するサービスです。固定電話が月980円、携帯電話は月1,180円(税別)
  • 駆けつけサービス…万が一家族からの要請に応じて警備会社が利用者宅に駆けつけるオプションサービスです。月800円(税別)
費用は月額利用料のみで、初期費用の設定はありません。全国対応可能。支払いはゆうちょ銀行口座の引き落としのみとなります。
  電力会社ならではの安心のサービス!
親などの自宅の分電盤にエネルギーセンサーを設置することにより、離れて暮らす家族宅に、メールで家電の使用状況を毎日お知らせするサービスです。また必要であれば、訪問での確認を依頼することができます(年に2回まで無料)。全国対応可。

月2,980円(税別)、その他初期費用として、契約事務手数料3,000円(税別)、設置作業料 18,000円(税別)※2年間の利用で設置作業料は無料。

尚、2018年1月22日~2018年8月27日15:00申込受付分までキャンペーン実施中
・契約事務手数料(3,000円)が無料
・月額料金(2,980円)が5か月無料+7か月1,000円割引
・Google Home Miniプレゼント

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。