香港の公用語は3つ! 広東語・英語・北京語

看板

さまざまな言語で書かれる国際色豊かな香港のネオンサイン

香港の公用語は3つ。広東語・英語・普通語(北京語:中国大陸の標準語)です。香港人が母国語としているのは広東語ですが、イギリス植民地時代だった影響や国際都市としての必要性から英語も話されています。また、1997年の中国返還に伴い、中国での標準語である北京語も公用語に加わり、街中で聞こえるようになりました。

公共交通機関には広東語と英語のサイン

空港

空港や駅などの表示は基本的に広東語と英語の2ヶ国語表記

まず、香港に到着したら、市内に移動するためにエアポートエクスプレスや路線バス、タクシーなどを利用すると思います。エアポートエクスプレスをはじめとする電車・地下鉄そしてバスなどの公共交通機関には、駅名や停留所などの広東語名の隣に必ず英語の表示があります。もちろん、インフォメーションカウンターでも英語は通じます。
地下鉄の駅名表示

地下鉄の駅名表示。香港の地名や駅名には英語に漢字を当てたものと、もともと中国語名のものがあり、写真は後者に当たります

また、タクシーは空港で待機しているようなドライバーであればまず英語が通じますが、時には英語が苦手なドライバーもいるので、ホテルやショップのカードなど、行き先が書かれたものを用意しておくのがベターです。

交通機関で英語が通じなくて困る可能性があるのはミニバスくらい。ただ、乗り方も降り方も複雑なミニバスは、観光で乗る機会はほぼ無いと言えるので、心配ご無用です。

ビジネス&主な観光エリアでは英語が通じやすい

英語の通り名

特に中環や尖沙咀には、イギリス植民地時代に名づけられた英語の通り名が多く、広東語ではその音に似ている漢字を当てています

「香港では英語が通じますか?」と質問を受けるとき、「イエス」と答えていますが、必ず「エリアによりますが……」と補足しています。
市場

多国籍の人々が集まる中環エリアの市場では、英語と中国語の表記がされていて国際的な雰囲気を感じます

ビジネスと観光の中心地である、香港島の中環(セントラル)、金鐘(アドミラルティー)銅鑼湾(コーズウェイベイ)、九龍半島の尖沙咀(チムサーチョイ)、西九龍(ウエスト・カオルーン)などは、外資系企業が多く、海外からのビジネスマンが利用する飲食店やホテルが多数あるため、英語はほぼ問題なく通じます。また、欧米人や香港の富裕層が好んで住む、赤柱(スタンレー)や淺水湾(レパルスベイ)山頂(ピーク)も然り。
店名

チェーン展開するようなショップは、かなりの確率で英語名と中国語名がついています

ローカルエリアについては、観光スポットがあるような場所であれば先述のエリアほど流暢ではありませんが、コミュニケーションには困らないくらいに英語が通じる印象。例えば、代表的な観光スポット・女人街で有名な旺角(モンコック)では、値段交渉や色違いやサイズ違いをお願いする分には困ることはありませんし、お隣の佐敦(ジョーダン)のローカル店で食事をする際にも、たいていのお店にはメニューに英訳が(場所によっては日本語訳も)表示されています。
メニュー

佐敦(ジョーダン)にある甘味処のメニュー。ローカル店でも漢字メニューに英語を添えている
 

香港の英語が通じにくいエリア

昔ながらの看板

ローカルエリアの昔ながらの看板。英語はほとんど見られない

外資系企業もなく、観光客も少ない住宅街や郊外では、広東語しか通じないケースがよくあります。どローカルな刺激を求めて旅する場合は、事前に簡単な広東語をメモしておくのが良いでしょう。
ローカル店

観光エリア以外の場所や超ローカル店では広東語オンリーの表示の可能性が高い

特に茶餐店(チャーチャンテン)と呼ばれるローカル喫茶店や麺やお粥の専門店などは、ローカルなほど英訳されていないので、事前に食べてみたいメニューの名前をガイドブックなどで調べたり、写真を用意しておくことをおすすめします。

ただ、香港の人たちのすごいところは言語が通じなくてもボディランゲージや漢字を書くなどして意思疎通を図ろうとしてくれるところ。英語が通じるエリアでもそうではないエリアでも、心のコミュニケーションで素敵な旅をしてくださいね。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。