面倒臭い「ぬか漬け作り」が、無印良品のぬか床なら簡単にできる!

ぬか漬け

発酵食品として人気のぬか漬け

古くは江戸時代から食されいる「ぬか漬け」。昨今の健康食ブームに乗って、貴重な発酵食品として見直されています。しかし、自分でぬか漬けを作るのは、結構ハードルが高いもの。毎日ぬか床をかき混ぜて“お世話”をしなければいけないという面倒さゆえ、つい縁遠くなっている人も多いのではないでしょうか? 

本日は、そんな方々に朗報!かき混ぜなくてOKな、「無印良品の発酵ぬかどこ」を紹介します。
 

切って漬けるだけでOKな簡単ぬか床は、30人待ちの人気商品

大人気!無印良品の発酵ぬかどこ

大人気!無印良品の発酵ぬかどこ(画像提供:無印良品)

この「かき混ぜなくて良いぬか床」を発見したのは、2~3ヶ月前。有楽町の無印良品店頭でした。

これならば気軽に続けられそうと直感が働き、即購入しようと思ったのですが……何しろ重さ1kgあるシロモノ。一日中これを持って歩くのはどうしたものかと思い一旦その場は諦め、2週間後に再訪してみると、なんと品切れ。しかも、30人待ちの予約(涙)。

結局その後2週間ほど待って入荷連絡を頂き、 ようやく憧れの「マイぬか床」を手に入れることができたのでした。

野菜を切って入れるだけの手軽さにハマる!味も◎

ぬか漬け

買ってきてすぐに野菜を漬け込める

そもそも自分でぬか床を作ったことがない私が言うのもなんですが、説明書きに従って野菜を切って入れるだけで、本当に簡単にぬか漬けができて驚いてしまいます。

毎日かき混ぜなくても良いという利点もさることながら、漬けこむ容器やぬか床を作る材料を揃えたり仕込んだりする面倒がなく、買ってきてすぐ美味しく漬け込める、と言うのが「ぬか漬けビギナー」にとっては、とても魅力なのではないかと思います。おまけにぬかが少なくなってきた時のレフィルもあって、至れり尽くせり!

自分で色々な野菜を漬け込んでみて味にも満足したため、 早速ぬか漬けベテランの母にもオススメしました。

「粉末なの?入れ物すればいいの?」という質問をされたのですが、ことごとく今までのぬか床の常識を裏切る私の答えを聞いて、次の日にはもう無印良品に買いに走ったとのこと。

簡単に毎日の食卓を豊かにできる、無印良品の手作りぬか漬を、是非一度試してみてはいかがでしょうか?

■DATA
無印良品 
発酵ぬかどこ 1kg 890円(税込)

関連記事

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※衛生面および保存状態に起因して食中毒や体調不良を引き起こす場合があります。必ず清潔な状態で、正しい方法で行い、なるべく早めにお召し上がりください。また、持ち運びの際は保存方法に注意してください。