食材を切るのは包丁だけではない

子どもの頃から、料理のときには包丁を使うものだと思っていました。母が包丁で野菜や魚、肉などを切っていて、それを見ていたからです。なので、大人になって自分で料理をするときも、当然使うのは包丁。

でも、包丁の場合、どうしてもまな板を汚してしまいます。特に梅雨時期や夏場は衛生面が気になっていたのですが、今年は大丈夫そうです。それは「切れ味抜群のキッチンバサミ」を使っているからです!
 

調理の手間を省いてくれるキッチンバサミ

鳥部製作所のキッチンスパッター

鳥部製作所のキッチンスパッター

鳥部製作所のキッチンバサミ(正式には「キッチンスパッター」)を使うようになって、食材をはさみで切ることのラクさを実感しています。

たとえば「ニラ」。これまで、洗って包丁で切ると、水分のせいでニラがまな板にくっついていました。特に細かく切ったときには、それを集めるのも手間です。

あとは、肉類。私は鶏の胸肉を使うことが多く、包丁で切ったときまな板に肉がつくのが気になっていました。

これが「キッチンスパッター」を使うと、スパスパと手軽に野菜をカットでき、肉の脂身や筋をキレイに切り取ることもできます。しかもボウルの上やトレイの上で作業ができ、まな板いらずで洗い物も減らせます。
 

切れ味が良すぎるので扱いには注意

「キッチンスパッター」で肉類を切って感じるのは、その切れ味の良さです。

本当に抵抗なく切れるので、ちょっと危ない面もあるかもしれません。大人ならば大丈夫でしょうが、子どもが扱うのはあまりオススメできません。工作バサミより断然切れ味がよい上に、包丁とは使い勝手が違うのです。小さい子どものいる家庭は、保管場所にも注意してください。
 

分解可能で全体をキレイに洗える

簡単に分解できるので、隈無く洗える

簡単に分解できるので、隈無く洗える


肉をハサミで切る、というと衛生面が気になる方も多いでしょう。

ここで、このハサミのもう一つの特長が活きてきます。「キッチンスパッター」は、「分解可能」なのです。ここは、私自身が購入の決め手になったくらいの見逃せないポイントです。

通常のキッチンバサミの場合、丁寧に洗うといっても、刃を最大限に開くしかありません。重なっている部分は洗えないし、わずかな隙間の洗い残しが出てきます。衛生面を考えると、頻繁に買い替えるしかないのか……と諦めていました。

その点、この「キッチンスパッター」は刃が2つに分解でき、隙間をつくることなく隅々までキレイに洗えます。分解するのはとても簡単。刃を開いてカチっ外すだけ。付けるときも、裏側のボタンを押しながらはめるだけなので、力は要りません。
 

感動物!ふわふわのパンをつぶさずに切れた!

私が最も感動したのは、パンを切ったときでした。

私は自宅でパンを焼くのですが、パン切り包丁で切ると、どうしても切った部分がつぶれてしまいます。パンが柔らかければ柔らかいほど、切るのは難しくなります。それが、このキッチンバサミであれば、全くつぶれることなくパンが切れたのです!
ふわふわのパンも、つぶさずにカットできる

ふわふわのパンも、つぶさずにカットできる

包丁でうまく切れない食材や、切った後が面倒な食材はけっこうあり、それが扱うときのちょっとしたストレスになります。でも、このキッチンバサミなら、それを軽減してくれると確信しています。

■DATA
鳥部製作所
キッチンスパッター
参考価格3500円(税込)

鳥部製作所のキッチンはさみ公式 amazon
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。