銀行やゆうちょ銀行で、手数料無料で賢く両替する方法とは

余ったお金をコツコツ小銭貯金している人もいるでしょう。では、その貯まった小銭の両替の仕方、ご存知ですか? または飲み会で幹事になったときなど、大量の小銭が必要になったときの両替は? いずれも銀行など、金融機関の窓口やATMで両替することになりますが、場合によっては手数料がかかることもあるのです。そこで、手数料無料で賢く両替する方法をお教えします。

手数料無料で両替する方法

手数料無料で両替する方法



硬貨を紙幣に替えるには一度入金してから引き出す

買い物をしてふと油断すると、財布に1円や5円などの小銭が貯まってしまうことがあります。また、500円玉貯金や小銭貯金を続けている人もいるでしょう。では、貯まった小銭を紙幣に替えるにはどうするのが得策なのでしょうか。

金融機関では両替を行っていますが、両替をするには通常所定の枚数以上の場合、手数料がかかります。そのため、手数料をかけることなく紙幣に替えるには、いったん自分の口座に小銭を入金して、紙幣で引き出すのがもっとも手軽な方法です。自分の口座のお金を引き出すのですから、金融機関の営業時間内なら手数料はもちろん無料です。

口座を開設している金融機関の窓口に小銭を持っていき、預け入れを行えばいいのです。ただし、窓口の手続きは平日15時まで。また、金融機関によっては預け入れをする硬貨の枚数を所定の書類に事前に記入しなければならなかったり、混雑する時間だと周りに気を遣うこともあるでしょう。

そんなときはATMを利用すれば、硬貨をあらかじめ数えておく手間も省けます。下記に大手銀行、ゆうちょ銀行のATMでの硬貨の預け入れについてまとめてみました。1回あたりの硬貨での入金は100枚までが一般的となっています。

ATMで一度に預け入れできる硬貨の枚数

みずほ銀行~100枚
三井住友銀行~100枚
三菱UFJ銀行~100枚
ゆうちょ銀行~100枚

ただし、そもそも硬貨の取り扱いができないATMもあるので注意しましょう。硬貨の入金ができるATMは、店舗内のATMに限られる場合がほとんど。ショッピングセンターやコンビニATM、単体のATMコーナーなどでは硬貨の取り扱いがないケースが多くなっています。なお、硬貨を入金できる時間帯は、ゆうちょ銀行は平日の7:00~21:00まで、その他の金融機関では8:45~18:00となっています。また、多くの銀行の場合、休日の硬貨の取り扱いはできません。

小銭へ両替したいときは両替機を利用

最近は大手銀行で両替手数料が見直しされるなど、一定枚数以上の両替では手数料がかかってしまうことがほとんどです。でも自分のお金を小銭に両替するのに、手数料を払うのはもったいないもの。そこで手数料無料で小銭に両替する方法を具体的にご紹介します。

まずは、金融機関に設置されている両替機を利用する方法です。その金融機関の口座(キャッシュカード)を持っていれば利用することができます。金融機関によって手数料無料で両替できる枚数に違いがでてきています。そこで、金融機関ごとに手数料無料で両替できる枚数をまとめてみました。なお、ゆうちょ銀行では両替がもともとできないことになっています。

大手銀行の場合、みずほ銀行と三井住友銀行は500枚までの両替が手数料無料で行うことかできます。三菱UFJ銀行は10枚まで、地方銀行、信用金庫も50枚程度までというところが多くなっています。なおこの手数料無料で両替できる回数は1日1回までとなっているので注意が必要です。

両替機を利用して手数料無料で両替可能な限度枚数

みずほ銀行~500枚
三井住友銀行~500枚
三菱UFJ銀行~10枚
横浜銀行~100枚   
城北信用金庫~49枚
多摩信用金庫~100枚

※いずれも1日1回、同金融機関のキャッシュカード利用の場合


窓口で必要な硬貨や紙幣を指定して引き出す

金融機関の窓口で、自分の口座からお金を引き出すときに、必要な硬貨を指定して出金するという方法もあります。3000円分の硬貨を引き出すとするなら、出金用の書類に100円の欄に1000円分、50円の欄に1000円分、10円の欄に1000円分になるように記入します。紙幣の指定もできるので、1万円の出金でも1000円で1万円分というように指定すれば、両替をすることが可能です。

ATMで必要な硬貨や紙幣を指定して引き出す

両替したい金額が多くないなら、ATMで必要な硬貨や紙幣の種類や枚数を指定して引き出すこともできます。ATMの操作画面で1000円×10枚などと指定して引き出すだけなので簡単です。ただしATMによってはこうした指定ができないものもあるので注意しましょう。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。