メルカリの売上金はメルカリ内にプールされている

メルカリの売上金は、メルカリ内で管理されている

メルカリの売上金は、メルカリ内で管理されている

メルカリで商品を売ると、その売上金はメルカリ内にプールされる形になっています。使い道としては、ポイントに変えることで商品購入にあてることもできますし、指定の銀行口座に振り込むことも可能です。

またメルペイの本人確認をすることで、自動的にメルペイ残高にすることもできます。筆者は本人確認をしているので、自動的にメルペイ残高にして、メルカリ内だけではなくコンビニやドラッグストアなどでも使っています。

一方で、売上金を現金にしたい場合には、振込申請をすることになります。その方法や注意点を解説していきます。
 

メルカリの振込申請には手数料がかかることがある

メルカリの売上金を現金にする場合には、指定銀行への振込が使われます。申請する金額に関係なく、手数料が200円かかります。手数料は振込のときに自動的に引かれてしまいます。
 

振込申請の期限は180日

メルカリ内にプールされている売上金は、いずれは何らかの形で使わないといけません。ポイントにして商品購入にあててもいいし、振込申請で現金にするかのどちらかです。

もしポイントに変えたいならば、早めに手続をしておきましょう。売上金としてメルカリ内におけるのは180日までだからです。それを過ぎると、自動的に登録してある銀行口座に振り込まれてしまいます。

当然ながら手数料200円がかかります。振込申請の期限が近づいている売上金があると、メルカリからメッセージが届きます。それを確認して、ポイントにするか、振込申請をするか決めていきましょう。
 

メルカリ振込申請のやり方

それでは、メルカリで振込申請をするときの手順を見ていきましょう。まずは、メルペイの画面のしたの方にある「振込申請」をタップします。
メルペイの振込申請

メルペイの振込申請

パスコードを入力します。
パスコードの入力

パスコードの入力

振込先口座の指定をします。確認して「次へ」をタップします。
振込口座の確認

振込口座の確認

確認画面でもう一度確認します。
もう一度確認

もう一度確認

金額を設定します。
金額を入力

金額を入力

確認をして金額や手数料、実際に振り込まれる金額を確認します。
確認

確認

再度確認をして、申請をします。
再度確認

再度確認

振込先の銀行の登録の仕方

振込をする銀行口座は、事前に登録をしておくといいでしょう。期限が過ぎそうなときに慌ててしまうと、ミスをするかもしれないからです。登録はメルペイ>振込申請>パスコード確認>振込先口座の指定で設定ができます。
 

振込申請の締め切りは毎週月曜日

振込のスケジュールは、ゆうちょ銀行とそれ以外で異なります。

■ゆうちょ銀行以外の場合
ゆうちょ銀行以外

ゆうちょ銀行以外

■ゆうちょ銀行の場合
ゆうちょ銀行の場合 

ゆうちょ銀行の場合

ゆうちょ銀行への振込のほうが時間がかかってしまうので、もし振込を急いでいるならば、「お急ぎ振込」というサービスもあります。手数料として別途200円がかかりますが、営業日の0時~8時59分の間に振込申請をすれば翌営業日に振り込まれ、9時~23時59分に申請をすれば、翌々営業日の振込となります。営業日以外の振込でも、翌々営業日に振り込まれます。
 

振込の時間は? 何時に振り込まれる?

手続が終わって振り込まれるのを待つだけとなると、何時に振り込まれるのかが気になるとことです。これについては決まった時間はなくて、それぞれが登録した金融機関によって違います。

でも、無事に振り込まれたかどうかは、その日の夕方以降にメルカリから振込完了の連絡がくるので、チェックすることができます。
 

振込申請がエラーになる原因

以前と比べると振込申請のチェックが厳しくなったこともあり、本人の情報と口座情報が違う場合には、振込申請がエラーになってしまいます。名前や住所が違うのは問題外ですが、たとえば、本人情報を全角カタカナ以外で入力してしまうと、申請ができません。さらに、空白や記号が入っていてもエラーになってしまいます。

一方、振込口座の方ですが、小文字は小文字のまま入力すれば問題ありません。振込にときに大文字に変換されるので、振込申請をした人は特に気にしなくても大丈夫です。また、口座名義人の名前にスペースが入ってしまうとエラーとなります。こういったことに注意をしてもエラーが出てしまう場合には、事務局に問い合わせをしてみましょう。
 

振込申請のキャンセルはできる?

振込申請をキャンセルしたいときには、「振込申請履歴」から手続ができます。ただし「申請をキャンセルする」という表示がある場合のみです。これが表示されていないと、キャンセルは不可です。

売上金をプールさせておける期間は180日です。それを過ぎると自動的に口座に振り込まれてしまいます。手数料を考えると期限内に使った方がいいですよね。もしくは本人確認をして、自動的にメルペイ残高にするのもいいのではないでしょうか。


【メルカリの使い方おすすめ記事】
メルカリの使い方を徹底解説! 始め方を出品/購入別に分かりやすく紹介
メルペイとは?支払い方法やチャージの仕方、スマート払いを解説
メルカリ発送方法の種類と比較! 安いのは?
メルカリで即売れる10のコツ!
メルカリで売れないのはなぜ? 
メルカリで多いトラブル事例8選!
メルカリで「いいね!」がつく意味とついても売れない理由

【こちらもチェック!】
メルカリで洋服を売る3つのメリット! よく売れるブランドや注意点は?
「終活」の不用品整理でメルカリを使う際、やってはいけない3つのこと
メルカリで出品者を検索するには? フォローがおすすめ?
100均など安い商品をメルカリで売るコツは?
メルカリ「閲覧履歴」で分かる意外なこと、もしも身に覚えがない内容があったら……?
メルカリ梱包の簡単なコツ! ひと工夫で商品がより安全に届く梱包方法
メルカリで出品者を検索するには? フォローがおすすめ?
 

■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。