2017年が反映された賃貸ニーズから、2018年のニーズを測る

最新の賃貸ニーズ、大家さんは要チェックです

最新の賃貸ニーズ、大家さんは要チェックです

賃貸ニーズの情報は3年ひと昔です。それは、設備や仕様など各種アイテムの進化と合わせて、ターゲットとなる入居者の志向も日々変化しているからです。

全国賃貸住宅新聞が発表した「人気設備ランキング2017」では、最新の入居者ニーズが理解できます。なお、「人気」という言葉の表現は「なければ入居しない」なのか「あったら良い」であるのかは明確ではありませんが、ランキングを見る限り、両者は混在しているようです。
出典:『入居者に人気の設備ランキング2017』全国賃貸住宅新聞

出典:『入居者に人気の設備ランキング2017』全国賃貸住宅新聞


■インターネット無料はもはや常識なのか

単身向け、ファミリー向けともに近年の不動の1位になっているのが「インターネット無料」。インターネットは入居者自身で契約している方も多いのですが、インターネット無料物件は「エアコン有り」と同じような状況になりつつあり、入居者もこの設備のある物件ばかりを選び続けるという流れになるでしょう。となると、今後は一層求められる設備となり、いずれ「無料でなければ入居しない」ものになっていくでしょう。

■依然として高いセキュリティーに対する意識

単身向け、ファミリー向けともに2位となっているのが「エントランスのオートロック」。メディアやインターネットの情報伝達が早く、犯罪などの情報は瞬時にいきわたる時代ですので、特に都市部でのセキュリティー面への関心は高くなっており、治安に対する不安から一層求められるものになることでしょう。そして、TOP10にランクインしている「ホームセキュリティー」も必要性が高まっております。

■都道府県の犯罪発生率ランキング
~大都市を抱える都府県ほど犯罪発生率は高い~

~大都市を抱える都府県ほど犯罪発生率は高い~


■最大のランクアップを果たした通販時代のマストアイテム
このランキングの中で、単身向け、ファミリー向けともに最大のランクアップを果たしたのが「宅配BOX」。アマゾンや楽天などネット通販の伸びは目覚ましく、ネットで注文し翌日の会社帰りには届いているということが当たり前になった。

通販の最大のデメリットである「受け取りのタイミングを意識しなければならないストレス」を無くすことのできる宅配BOXは、生活にとって必要不可欠なもの。一時は、宅配サービスが向上し宅配ボックスが衰退した時期もありましたが、今は、是非とも導入したい設備となっています。


入居者ターゲットを見極めた上で導入したい設備とは

単身向け、ファミリー向け個別ランキングについてもみていきましょう。単身向けとしては、7位「TVモニター付インターホン」「独立洗面化粧台」9位「防犯カメラ」は単身女性を入居者として見込む物件には取り入れたいものです。通販による宅配便の受け取りの際など訪問者への対応機会が増えるとともに、彼女たちの防犯意識もさらに高まっていくことでしょう。

また、単身にランキングしている「独立洗面化粧台」は、意外と男性からの支持も厚く、お洒落な男子が増えたことも影響しています。

また、ファミリー層向けとしては、3位「追いだき機能」8位「ガレージ」10位「エコキュート」など、そのニーズが分かりやすいものが挙がっています。そしてこの中では特に「追いだき機能」が優先されるべきものでしょう。なぜなら、家族の人数に関わらず、2名以上の世帯であれば必ず発生するニーズであるからです。

■その他、生活のしやすさを提供する設備へのニーズも根強い
その他、単身向け、ファミリー向けともに「ウォークインクローゼット」「浴室換気乾燥機」「システムキッチン」などがランクイン。そのニーズがそれぞれのライフスタイルによるところも大きそうな設備ではありますが、物件の新築時やリフォーム時などは導入を検討すべきでしょう。

「なければ借りない」設備とは

最後に、いまや「人気」ではなく「なければ借りない」という設備も、不動産・住宅サイト SUUMO「一人暮らしのシングルに聞いた設備ランキング 2017」から紹介します。

女性の設備・仕様に対するこだわり率は男性より5割以上高く、入居の決定率にも大きく反映されますので、女性をターゲットにしている物件は配慮が必要です。

■付いていて当たり前・付いていないと借りないと思う設備・仕様
出典:『一人暮らしのシングルに聞いた設備ランキング2017』

出典:『一人暮らしのシングルに聞いた設備ランキング2017』

https://suumo.jp/article/oyakudachi/oyaku/chintai/fr_data/setsubi-ranking2017/

一人暮らしの男女とも共通している「バス・トイレ別」「エアコン」「クローゼット」。単身層をターゲットにしていてまだ設置されていなければ、優先的に導入を検討しましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。