都内在住在勤で、小さな子どものいる共働き夫婦。こうした層は一般的に、通勤や買い物に便利な駅近立地を重視することが多いもの。住まいを選ぶならマンション、というケースが連想されがちです。

しかし、今回はこれとは異なるケースをご紹介しましょう。インタビューするのは世田谷区内に住友林業の注文住宅を建てたIさんです。ご自身、ご主人とも総合職で、しかも2歳のお子さんを育てている多忙な30代。家づくりの経緯や現在の暮らしの満足度などをおうかがいしました。

「注文住宅にも手が届く」というファイナンシャルプランナーの助言が背中を押した

――プロフィールを教えてください。

Iさん:現在、2歳半の娘と3人暮らしです。夫とは職場結婚で、以前の住まいは杉並区内の賃貸マンションでした。共働きの私たちにとっては職場までドアtoドアで約30分の足まわりが良かったのですが、子育て環境を考えると手狭な間取りや日当たりも気になり、もっと広い家に住みたいと考えました。

――最初から注文住宅にしようと決めていたのですか。

Iさん:いえ、当初は賃貸、分譲マンションも建売も選択肢に入っていました。ただ、子育てをサポートしてもらうため夫の実家に近い世田谷区内中心というエリアの条件があり、そうすると広さや予算的に適切な賃貸、分譲マンションが見つからなくて。そこで一戸建ても候補に入れることになりました。

――予算はどのように決めたのでしょうか。

住宅ローンの相談

FPの客観的なアドバイスは家づくりの第一歩に

Iさん:まず、ハウスメーカーの営業に相談したところ、そもそも自分たちはいくらぐらいの住宅なら無理なく購入出来るのか、シミュレーションが必要だと教えてもらいました。

そこで、ファイナンシャルプランナー(FP)を紹介してもらい、住宅購入だけでなくその後の人生イベントで必要となるお金の事も含めた、ライフプランニングを相談しました。ずっと賃貸だったら総額このくらい払うことになる、あるいは分譲マンションならローン返済額と管理費・修繕積立金はトータルでこのくらい、もし、土地を買って、そこに注文住宅を建てる場合なら……などとシミュレーションしていただいたんです。

その結果、いずれの選択も大きな差がないことが分かり、ならば土地を探して注文住宅でいいんじゃない、と。

――プロが第三者目線でアドバイスをしてくれたのは心強いですね。

Iさん:はい。また、そもそも夫も私も一戸建てで育ってきて、マンション特有の空間に馴染めないこともありました。さらにいえば夫が仕事で車を使うため、一戸建てなら駐車場料金をいちいち払う必要がないことも理由のひとつになったかもしれません。

時間の融通が利く育休期間をフル活用して家づくり

――現在お住まいの世田谷区内に、注文住宅を建てるまでの経緯を教えてください。

Iさん:出産したのが2015年末で、4月に家の契約。7月末頃に着工して、12月に引き渡しでした。着工までの3カ月強の期間で、営業、設計とは週に1回ペースで打ち合わせをしました。

――かなり早いですね。なぜそんなに早く進めることができたのでしょうか。

インテリアショップ

育休期間中なら時間の融通が利き、インテリアショップ巡りなどもやりやすい

Iさん:私が育児休暇中であったことと、夫の休みが平日だったことが大きな要因だと思います。育休中は比較的時間の調整ができるので、家を建てると決めてからは育休中に家づくりを全部終わらせようと目標を立てました。

実際、夫と私の間で希望条件を整理して、それを元に住友林業の営業、設計と打ち合わせをしたり、インテリアショップに行って内装に使う素材や照明などを選ぶ時間は捻出しやすかったですね。さらにいえば、娘がまだ1歳未満の乳児で、打ち合わせ中は基本的にベッドで寝てくれていたので、話し合いに集中できたことも幸いしたと思います。

――注文住宅は設計自由度が高く、こだわりを実現したい気持ちが強くなりがちなだけに、営業、設計との打ち合わせに時間がかかる場合もあります。Iさんの時間に融通が利いたとはいえ、打ち合わせはそれなりに時間がかかったのでは。

Iさん:私は物事を決めるのに時間がかかるタイプなので、絶対にこだわりたいポイント以外は、プロに任せたほうが良いという考えでした。こだわり始めたらキリがないですし。それとこれは知人のケースですが、自分の好みを優先してつくってもらったのに、完成すると、やはり設計さんの提案の方が良かった……と後悔したという話も聞いていましたので。事実、今の家には満足していますよ。

次ページでは、注文住宅ならではのこだわりがつまったお住まいをご紹介いただきます。