生活利便性に優れた都市部の、コンパクトな敷地に狭小の一戸建てを建てる。マンションや郊外の一戸建てとは違う住宅購入の選択肢であり、比較的若い年代を中心に支持されています。

今回は、最寄り駅が新宿駅に程近い杉並区内の25坪の敷地に住友林業の注文住宅を建てたTさんにインタビュー。家づくりのプロセスや満足度をうかがいました。
 

都市部のマンション、建売住宅、注文住宅のトータルコスト(ライフサイクルコスト=LCC)はほぼ同じ?

――まずは家を買おうと決めた経緯を教えてください。

Tさん:賃貸マンションに住んでいたのですが、10万円を越える家賃を払い続けることがばかばかしくなったのがきっかけです。また、年齢が30代半ばに差し掛かり、将来の資産形成が気になり始めたことも要因でした。

――最初から現在の「都市型一戸建て」に絞っていたのでしょうか。

Tさん:もともと自由度の高い注文住宅への憧れはありましたが、予算的にはマンションのほうが手ごろでは、という先入観がありました。また、夫婦共働きで子どもがいないため、とりあえずは利便性優先にして、今の住まいがある都市部の駅近マンションから探し始めたんです。でも思っていた以上に新築マンション相場が上がっていたため、一戸建ても視野に入れることにしました。
杉並区内、新宿駅も程近い25坪の敷地に建つTさん宅

杉並区内、新宿駅も程近い25坪の敷地に建つTさん宅。建ぺい率50%/容積率100%で建物面積も25坪。狭めだが庭スペースがあってハーブを育てられる。車好きなTさんにとってはカースペースが目の前に設置出来たのがありがたいそうだ。外装は、ショールームでサンプルを見比べて、時間を経るごとに味わいが変化していく自然素材を用いた吹き付けやタイルを選択


――Tさんが探したエリアでは、マンションも一戸建ても価格的にはさほど変わらなかったと?

Tさん:ええ。価格が高いだけでなく、私が希望する条件のマンションでは、試算してみると管理費や修繕積立金、駐車場代などに30年で約1,000万円が必要で、そういった維持費を含めると一戸建てのほうが安くなるのでは、との印象をもちました。そこで、まずは一戸建ての中でも価格の手ごろな建売住宅を探し始めました。ただ、物件を見学していく中で、建売住宅の多くは、売り出し価格は手ごろでも築年数が経つにつれて建物のメンテナンス費用がかさみそうだと感じるようになりました。

一方、信頼できるメーカーによる注文住宅は価格が高めな分、高耐久で保証もしっかりしているため、メンテナンス費用がおさえられることが分かりました。

住まいは長い付き合いになる物ですから、買う時の金額だけでなく、その維持管理など長期にわたって必要な費用である「ライフサイクルコスト(LCC)」を考える必要があります。

――結果、Tさんがターゲットにしていた都市部エリアでは、マンション、建売住宅、注文住宅の長期的なコストはほぼ同じレベルにあると分かったわけですね。

Tさん:はい。であれば、当初の希望で、自分の理想を叶えやすい注文住宅にしようと決めました。
 

漠然とした暮らしのイメージが、建築士によって最適な設計プランに

建築士と相談

建築士と一緒に白紙の状態から設計を考えられるのは注文住宅ならではの魅力

――そして選んだメーカーが住友林業だったいうことですね。最初の打ち合わせではどのようなイメージを伝えたのでしょうか。

Tさん:いや、それが当初は間取りや外観デザインなど、具体的なイメージはもっていなかったんです。もっとも、住友林業の建築士も当初は具体的な間取りやデザインなどのヒアリングはせず「どういうモノ・コトが好きか」「どんな暮らし方が理想か」といった、漠然とした質問が中心でした。

――そういったやり取りから、徐々にカタチになっていったわけですね。

Tさん:はい。私たちがもっていた漠然とした新居での暮らしに対するイメージを建築士が聞き出し、我が家の最適解を設計プランにして見せてくれました。それで初めて「そうか、僕らはこういう家が欲しかったんだ!」という気づきを得ることができたんです。

そもそも、私たちはそれまで賃貸マンションに住んでいて一戸建てについてあまり分かっていなかったのだから、具体的なイメージは持ちにくい。ならば、生活の価値観や好み、趣味嗜好からヒアリングを始めれば家づくりのプランが希望から逸れにくくなります。ゼロからつくっていく注文住宅の醍醐味だと思いました。

次のページは、建物面積25坪でも、設計の自由度が高い都市型の注文住宅、内観を写真でチェック!