提供:住友林業
PR

木造住宅・木の家 ガイド 坂牧 俊哉

さかまき としや

住友林業株式会社で新築戸建住宅と賃貸住宅の新商品開発業務、建築技術の開発、住宅部材の技術的改良などを担当しています。

ガイド担当テーマ

活動実績

執筆ガイド記事本数40

ガイドからの挨拶

流行や暮らしの変化に伴い、日本の住宅も日々進化しています。性能面、間取り、外観デザイン、インテリアなど、私が設計の仕事を始めた30年ほど前と比べると確実に高品質で暮らしやすい住宅になってきています。
これは国策によるところも大きく、住宅性能表示や長期優良住宅制度の導入、太陽光発電を中心とした環境機器の普及促進などが要因の一つと考えられます。一方ではお客様のニーズも多様化し、住宅メーカーとしての提案力が重要になってきていると実感しています。
様々な生活提案と共に、木の持つ「強さ」「美しさ」「優しさ」「効用」などの魅力をわかりやすく紹介させていただきます。家づくりの参考となれば幸いです。

ガイドの新着記事

  • 住友林業の新提案、木のある暮らしを楽しむ「TREEing」

    住友林業の新提案、木のある暮らしを楽しむ「TREEing」

    加瀬亮さん、長澤まさみさんが出演している住友林業の企業広告「TREEing」。今までにないアプローチで木の家の良さを伝えるCM動画とあわせて、TREEingに込めた想いを担当の岡本さんに聞いてみました。

    掲載日:2019年12月19日木造住宅・木の家
  • 都市に木化ビルを増やす! 前代未聞の超高層350m木造ビルも

    都市に木化ビルを増やす! 前代未聞の超高層350m木造ビルも

    2015年のパリ協定による環境負荷低減、ESG投資の普及、SDGsの取り組みなどが追い風となり、欧米では木造ビルの建築への取り組みが増えています。こうした世界的潮流のなか「未来を、木でつくろう」をキャッチフレーズに、非住宅の建築物の木造化・木質化を推進中。「森林国・日本の未来を担う『木化事業』とは?」に続く第2弾の本記事では、オフィスビルを中心とした取り組みを紹介します。

    掲載日:2019年11月05日木造住宅・木の家