雨の日でも長持ちする巻き髪の作り方とヘアアイロンの使い方を解説!

雨の日や、湿気の多い日はどうしても巻いたカールがとれてしまい、トップもいつの間にかぺたんこに……。そこで今回は、ヘアアイロン(コテ)で髪を巻く方法と、雨が降ってもヘアスタイルが長持ちするスタイリングのコツをレクチャー! 雨の日はもちろん、梅雨の時期や真夏の湿度にも応用が利くので、ぜひ覚えてみてください。
雨に負けない巻き髪の作り方・ヘアアイロンの使い方

コロンとしたカールをキープさせるコツを解説

 

ベースのヘアスタイル

まずはビフォアの髪型から。肩までのボブヘアで、毛先がハネやすい状態。雨で広がりやすく、カラーリングのダメージがあるので、まとまりにくい髪質です。
パサっと広がりやすく、湿気に弱い

パサっと広がりやすく、湿気に弱い

 

髪の巻き方・ヘアアイロンの使い方

ヘアアイロンはいつもより1サイズ小さめを使用

ヘアアイロンはいつもより1サイズ小さめを使用

1. 雨でカールが取れてしまうことを考えて、いつもよりワンサイズ小さめのヘアアイロンを選びましょう。普段32mmを使っている方なら、26mmがおすすめです。
 
厚く取りすぎるとカールが付きづらく、ダレやすい

こまかみあたりでブロッキングする

2. 髪を薄めにブロッキングします。耳より前のブロックは、3段くらいに分けるとよいです。厚く取って巻いてしまうと、熱の伝わり方にムラが出てしまい、カールダウンにつながるので要注意です!
 
中間から毛先にかけてスプレーをかける

中間から毛先にかけてスプレーをかける

3. 中間から毛先にかけて、巻き髪用のヘアミスト、もしくはキープスプレーをサッとひと吹きします。15センチほど離れた位置からスプレーしましょう。
 
頬に当たらないように注意して、中間から巻く

頬に当たらないように注意して、中間から巻く

4. 中間から挟み、1.5回転ほど巻きます。コテの温度は180度程度がおすすめ。顔に当たらないように注意しましょう。
 
手の平の上で10秒ほど冷ます

手の平の上で10秒ほど冷ます

5. ここからがポイント! コテを外して、手の平に乗せて10秒ほど冷まします。髪の毛は、熱が冷める瞬間に形が固定されます。熱いうちは、カールを持ち上げながら冷ますとキープ力がアップ!手の平から毛先が落ちないように冷まします。
 
コロンと弾むようなカールができる

コロンと弾むようなカールができる

6. 手の平を外すと、このような状態で弾力のあるコロンとしたカールができます。
 
熱いうちに手ぐしを通すとダレてしまうのでNG!

熱いうちに手ぐしを通すとダレてしまうのでNG!

7. 巻いてからすぐに手ぐしで梳かしてしまうと、カールがダレてしまうので注意して。ナチュラルなカールを作る時にはよいですが、雨の日はこれだとすぐ取れてしまうので、カールをしっかり持ち上げた状態で冷ましましょう。
 
表面の髪は根元から巻く

表面の髪は根元から巻く

8. ブロッキングしておいた髪も4~6の工程で毛先を巻き、表面の髪は根元付近から巻きます。今度は、根元付近から毛先までスプレーしてから巻きましょう。
 
ヘアアイロンを毛先まで滑らせる

ヘアアイロンを毛先まで滑らせる

9. ヘアアイロンを根元付近に巻きつけてから、毛先まで滑らせます。
 
手の平の中で冷ましたら完成!

手の平の中でしっかり冷ましたら完成!

10. 巻き終わりがこちら。コロンとした弾力のあるカールができています。もちろん、ここでも冷ますのをお忘れなく!
 

巻き髪のキープの仕方・スタイリング方法

しっかり冷ましてから手ぐしを通す

しっかり冷ましてから手ぐしを通す

1. 髪を巻き終わり、3分程度待ってから、手ぐしを通して崩します。熱が残っている場合は、しっかり冷えるまで待ってから崩しましょう。
 
毛先を握りながらワックスを揉み込む

毛先を握りながらワックスを揉み込む

2. 毛先をしっかり包み込むように握りながら、ワックスをつけます。スプレーだけで済ませるより、ワックスに含まれる油分が雨の水分を弾いてくれます。中くらいの固さのファイバーワックスがおすすめです。
 
20センチ以上離して内側にもかかるように

20センチ以上離して内側にもかかるように

3. 最後にもう一度スプレーします。スプレーは20センチ以上離した位置から、表面だけでなく中に入れ込むように全体にかけましょう。
 
スプレーが行き渡ったら完成!

スプレーが行き渡ったら完成!

4. 全体にしっかりスプレーをかけたらできあがりです。
 

それでもトップがぺたんこになってしまう方は「ハーフアップ」に!

どうしてもトップがぺたんこになる場合は、ハーフアップがおすすめ。 くるりんぱのハーフアップなら表面にねじりが出て、立体的に仕上がります。ゴムで留まっているので、トップのふんわりが崩れることなくしっかりキープできます!
トップがふんわりのままキープ!

トップがふんわりのままキープ!

結び目にマジェステをつけてもかわいい

結び目にマジェステをつけてもかわいい

いかがでしたか?「スプレー→薄く巻く→しっかり冷ます」というコツさえ覚えておけば、いつもより弾力のあるカールが作れます。ぜひトライして、雨の日をおしゃれに乗り切ってくださいね!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。