犬にマンゴーを与えても大丈夫?

犬undefinedマンゴーundefined食べて良いundefined量undefined病気undefined薬undefined食べ合わせ

愛犬にマンゴーを食べさせられる?


犬にマンゴーを食べさせることはできますが、与え方にポイントがいくつかあります。犬にマンゴーを与える時のポイントを具体的にお伝えします。

<INDEX>
  1. マンゴーは犬に食べさせても大丈夫!
  2. マンゴーに含まれる成分はシニア犬のケアやクールダウンが期待できる
  3. 犬の病気・薬とマンゴーの相性は今のところ気にしないで大丈夫
  4. 犬の間食として取り入れる場合、1日に与えていい量の目安 
  5. マンゴーの加工品は犬には避けておいた方が無難


マンゴーは犬に食べさせても大丈夫!

犬undefinedマンゴーundefined食べて良いundefined量undefined病気undefined薬undefined食べ合わせ

皮、種を取り除いて果肉だけを食べさせて


マンゴーは犬に与えることができる果物です。皮や種は取り除いてから与えてください。

冷凍マンゴーは、原材料がマンゴーだけであれば犬に食べさせても大丈夫ですが、冷たいものを食べ過ぎると下痢をする可能性があるので、解凍してから与える方法がおすすめです。

主にインターネットで、マンゴーには消化酵素やタンパク質分解酵素が含まれるという情報も見かけますが、タンパク質の分解は期待できないという研究内容もあります。マンゴーに含まれる成分による消化促進について、明確な情報は現段階では確認できません。


マンゴーに含まれる成分はシニア犬のケアやクールダウンが期待できる

犬undefinedマンゴーundefined食べて良いundefined量undefined病気undefined薬undefined食べ合わせ

マンゴーを食べると犬の健康に期待できることは?


犬がマンゴーを食べた時の健康への働きについて、具体的な研究結果は存在していないようですが含まれる栄養素から期待できる働きを2つお伝えします。

1:シニア犬のケアに
βカロテン(体内でビタミンAに変わる)、ビタミンC、ビタミンEの抗酸化作用が期待できる代表的な成分が含まれています。ビタミンCは犬の体内でも作られますが、ストレスや加齢などでも失われてしまうため、適度に補ってあげることもおすすめです。皮膚や粘膜の健康維持も期待できます。

2:ほてった体のクールダウンに
東洋医学の考えでは、マンゴーは体の熱を取り除くことが期待できます。温かい日の散歩や運動の後、熱中症が心配される季節のおやつやドッグフードへのトッピングに取り入れてみてもいいでしょう。


犬の病気・薬とマンゴーの相性は今のところ気にしないで大丈夫

犬undefinedマンゴーundefined食べて良いundefined量undefined病気undefined薬undefined食べ合わせ

病気の犬、薬を飲んでいる犬にもマンゴーを食べさせて平気?


どのような食材でも、良い面と良くない面を持ち合わせています。マンゴーを避けた方がいい犬はいるのか、マンゴーと相性の悪い薬はあるのか、飼い主としては気になるところ。犬の食生活・健康管理の講座も開催している獣医師の丸田香緒里先生(Animal Life Partner代表)にお伺いしました。

「マンゴーは甘味があり水分量も多いので、暑い季節のクールダウンや水分補給のサポートとして少量与えるにはおすすめの食材です。また、他の果物に比べて葉酸を多く含むため、貧血が気になる犬のおやつとして取り入れてみても良いでしょう。

マンゴーはウルシ科の植物のため、まれにかぶれてしまうようなアレルギー反応を起こす犬もいます。

初めて食べる時は少量ずつ与え、食べた後は念のため口の周りを拭いてあげることを心掛けてみてもいいでしょう。

マンゴーと相性の悪い犬の病気や薬などの情報は現在ありません。」



犬の間食として取り入れる場合、1日に与えていい量の目安

犬undefinedマンゴーundefined食べて良いundefined量undefined病気undefined薬undefined食べ合わせ

画像クリックで拡大されます


上記の表を参考にして、与えすぎないように注意してください。食物アレルギーはどのような食材でも反応する可能性があります。初めての食材を与える時は必ず少量ずつ与え、体調に変化がないか様子を見てくださいね。


マンゴーの加工品は犬には避けておいた方が無難

犬undefinedマンゴーundefined食べて良いundefined量undefined病気undefined薬undefined食べ合わせ

犬にマンゴーの加工品やお菓子、スイーツは避けて


マンゴーを加工した身近な食品は、食べたらすぐに健康に害が出るものは少ないと推測されますが、出来れば与えない方が安心です。その理由を把握しておきましょう。

・マンゴープリン
砂糖や人口甘味料、牛乳などが使用されているものが多く、大量に与えてしまうと肥満や下痢を引き起こすおそれがあります。犬には避けておきましょう。

・マンゴーアイス
マンゴープリンと同様に、砂糖や人口甘味料による肥満も心配ですが、冷たいものを食べ過ぎることで下痢をしてしまうことも。冷たいマンゴーを食べさせたい時は、マンゴーの果肉を冷蔵庫で冷やしておくか、冷凍マンゴーをごく少量にしておくことをおすすめします。

・ドライマンゴー
ドライマンゴーは、水分が抜けて成分が凝縮されています。そのため一口あたりの繊維の量も多くなり、下痢をする可能性があります。また、砂糖を使っている製品も多いので与えすぎは肥満の原因になることも考えられます。犬には食べさせない方が安心です。


犬にマンゴーを食べさせても大丈夫?まとめ

  • 犬にマンゴーは与えても大丈夫
  • シニア犬のケア、体のクールダウンに期待できる栄養素が含まれる
  • まれにアレルギー反応を起こす犬がいるので、最初は少量ずつ与える
  • マンゴーアイス、ドライマンゴーなどの加工品は犬には避ける 

【執筆協力】
犬undefinedマンゴーundefined食べて良いundefined量undefined病気undefined薬undefined食べ合わせ

丸田香緒里 獣医師

丸田香緒里 獣医師(Animal Life Partner 代表)
日本大学卒。動物病院勤務後、飼い主様にもっと近い存在になりたいと思い「人も動物も幸せな生活が送れるためのサポート」をモットーにAnimal Life Partner設立。ペット栄養管理士など様々な資格を取得し、病院での診療や往診の他、セミナー講師やカウンセリング、企業との製品開発など活動は多岐にわたる。
ホームページ:http://animallifepartner.com/



関連記事

犬にキウイを与えると健康に期待できることと注意点
犬にパイナップルを与える健康へのメリットと注意点
犬にメロンを与えるときの注意点と健康へのメリット


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。