ポイント3:いい人をひき寄せる自分になる

結局、恋愛も「類は友を呼ぶ」

結局、恋愛も「類は友を呼ぶ」

いい恋をするためにも、いい人に出会いたいもの。そのためにどうしたらいいでしょうか?それは、「自分もいい人になる」ことです。

例えば、いい人が目の前に現れても、自分がいい人でなければ、相手の魅力に気付くことができないことも多いですし、その相手がいい人であればあるほど、「何か裏があるのでは?」なんて勘ぐってしまうこともあるでしょう。そんな自分を疑うような人のところに、いい人は近づきません。気分が悪くなるからです。
逆に、自分がいい人であれば、たとえ悪い人が現れても、相手はあなたと一緒にいることで劣等感を刺激され、居心地が悪くなり、離れていきます。

結局、「類は友を呼ぶ」とはよく言うもので、たとえ出会ったとしても、自分と合わない人とは離れるようになっています。だからこそ、いい人と縁を深めたければ、いい人が「この人は素敵な人だ」と思えるくらいに、自分もいい人になった方がいいのです。

逆のパターンを言うと、基本、自分勝手な人は、自分の身勝手さに気付いていないことも少なくないので、同じように自己中の人と縁ができやすくなるもの。相手の言動が自分と同じだと「おかしい」ことに気付かないのです。
それは、不倫カップルでも言えることで、「妻(夫)を裏切って、外では独身気分で恋愛をするような人はおかしい」と思わない独身者は、既婚者からのアプローチにひっかかりやすいものです。そんな自分も「奥さん(旦那さん)からお借りするくらい、どうってこともない」なんて、相手に許可をもらって借りているわけでもないのに、勝手な理屈を持っていることが多いからです。ここでも類は友を呼んでいます。

ただし、人それぞれに“いい人”は違います。それは、今の自分のレベルの価値観による“いい人”に過ぎません。
それで言えば、恋愛の相手選びに上っ面の条件ばかりを見ているような人も、そのレベルでの価値観で“いい人”を求めていると言えるし、逆を言えば、条件だけでなく、中身も伴ったいい人は、そんな人をパートナーには選ばないでしょう。

いい恋を掴めない人は「いい人がいないから」なんて出会いのなさを理由にしがちですが、結局、いい恋を掴むかどうかは、自分次第なのです。
いい恋愛をするためにも、「自分を大切にして、悪い恋は掴まない」「自分のことも相手のことも幸せにする」「自分もいい人になって、いい人をひき寄せる」ことが大切。 “いい恋を掴める自分”になりましょうね!

[関連記事]
・要注意!付き合ってはいけない人の共通点って?

・「愛される女」と「愛されない女」の違い

[お知らせ]

書籍「子供おばさん”にならない、幸せな生き方」が、単行本と電子書籍で好評発売中!子供おばさんになりたくない人は、必読!

4コマ漫画「子供おばさんと大人女子」 毎週金曜日23時に更新!

ブログ「ホンネのOL“婚活”日記」を毎日更新中!



■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

【経験談例】
40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)
モラハラ・DV夫との生活に耐えかね、予告なしに家出。離婚調停を経て離婚した話(40代、女性)
W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

☆エクシェアの記事を毎月お得に読めるマガジンこちら
「パートナーの不倫・夫婦関係の再構築」に関する体験談を読むならこちら

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。