不器用でも自分でできる!簡単で華やかなボブヘアアレンジ

パーティや2次会のお誘いをもらったのに、時間が無くて美容室に行けなかったり、ボブくらいの長さだとわざわざ美容室に行くのも面倒だったりすると思います。かといって、いろんなアレンジをネットや雑誌で探しても以外と難しそうで、不器用だから自信ない!なんて諦めていませんか?

今回はそんな方におすすめしたい、シリコンゴムでくるりんぱをするだけのハーフアップアレンジをご紹介。セルフでも簡単に、華やかに仕上がりますよ。
不器用でも簡単!自分でできるお呼ばれボブアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)


 ベースのスタイル

あごラインのボブスタイル。パーマがかかっていない方は、26ミリくらいのヘアアイロンで外ハネを入れつつランダムに巻いておくと、よりかわいく仕上がります。
あごラインの外ハネボブ

あごラインの外ハネボブ


 おすすめのタイプ

顔型:すべてOK
髪質:柔らかい~やや固め
毛量:少ない~やや多め
クセ:なし~ややクセ

 ヘアアレンジの方法・やり方

V字になるように手ぐしでざっくり分ける

V字になるように手ぐしでざっくり分ける

1. まずはハチの位置で上下に髪の毛を分けます。ややV字になるように分けるとバランスが良くなります。

髪色に近いシリコンゴムで結ぶ

髪色に近いシリコンゴムで結ぶ

2. 分けとった髪を後頭部の真ん中でシリコンゴムで結びます。シリコンゴムは、100均やコンビニで売っているものでOKです。なるべく髪色になじむものを使用しましょう。

きつくなり過ぎないようにくるりんぱ

きつくなり過ぎないようにくるりんぱ

3. 上から下に通すようにして、くるりんぱをします。あまりきつくなり過ぎないように注意しましょう。

指先でつまむようにして表面の毛を引き出す

指先でつまむようにして表面の毛を引き出す

4. 表面の毛を3箇所くらい引き出して、トップに立体感を出します。指先でつまむようにして、表面の毛だけを引き出してください。

1cm幅くらいの後れ毛をつくる

1cm幅くらいの後れ毛をつくる

5. こめかみと、もみあげに後れ毛を残して、サイドは耳上でひとつにまとめます。後れ毛の量は、1cm幅くらいを目安に。

耳上から離さないようにゴムで結ぶ

耳上から離さないようにゴムで結ぶ

6. 分けとった髪をシリコンゴムでひとつに結びます。なるべく耳上から離れない位置で結びましょう。

バックに向かってなるべく水平にくるりんぱ

バックに向かってなるべく水平にくるりんぱ

7. サイドからバックへ向かって、矢印のように横向きにくるりんぱをします。

右側のバックの髪を、耳上の位置で分ける

右側のバックの髪を、耳上の位置で分ける

8. 右側のバックの髪を、耳上の位置で分けます。ハーフアップになるように、耳下の髪は落としておきます。

後頭部の少し右側の位置でくるりんぱ

後頭部の少し右側の位置でくるりんぱ

9. 先ほど結んだバックの毛束と、手順7でくるりんぱしたサイドの毛束をひとつにまとめて、今度は矢印のように上から下に向かってくるりんぱをします。逆サイドも同様に、手順5~9を繰り返して下さい。

ヘアアクセサリーを留めたらできあがり

ヘアアクセサリーを留めたらできあがり

10. 最後にお好みの位置にヘアアクセサリーをつけて完成です。クリップやピンなど、挟めるタイプのものが留めやすいです。

 よりおしゃれに仕上げるポイント

ヘアアレンジ中に数回くるりんぱをしますが、くるりんぱをする度に結び目を指先でつまんで少し崩すと、全体に柔らかい質感になり、おしゃれに仕上がります。
ゴムを押さえて結び目の表面の毛を引き出す

ゴムを押さえて結び目の表面の毛を引き出す


 サイド&バック

不器用でも簡単!自分でできるお呼ばれボブアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)

不器用でも簡単!自分でできるお呼ばれボブアレンジ

hair&make RIKUSHI(anti)


使用したヘアアクセサリー

今回はゴールドのクリップとピンを使用しました。同系色で違った形をランダムに付けるのも流行のアレンジです! ぜひ試してみて下さい。
ゴールドのピンとクリップ

ゴールドのピンとクリップ

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。