ふとした瞬間にiPhoneをどこに置いたかわからなくなること、ありますよね。家や会社の中にあるはずだと探し回っても見つからないときの焦燥感は、できれば味わいたくないものです。ましてや、外出先であちこち移動した後では、いったいどこに落としたのか、見当も付きません。

そこで、”iPhoneが見つからない”を防ぐための方法を考えてみました。

00

iPhoneを置き忘れてしまったら

置き忘れレベルならサウンドで見つける

  • iPhoneの置き場所を決める
家の中ならソファの横、会社ではデスクの上など、iPhoneをよく使う場所にiPhoneスタンドなどを置き、使い終わったらそこに置くようにします。iPhone 8以降は設置型のワイヤレス充電器が使えるので、置いたついでに充電すれば一石二鳥です。

移動しながらiPhoneを使って、ふとその辺に置いてしまうケースを防ぐには、「置き場所から離れたときは身につける」癖を付けるといいでしょう。洋服のポケットがもっとも手軽ですが、ポケットがない服を着ることが多いなら長いストラップ付きのiPhoneケースにして首や肩から提げる手もあります。

  • iPhoneを鳴らせる機器を使う
iPhoneが見つからないとき、他にスマホか固定電話があれば電話をかけて音を鳴らすことができますが、マナーモードにしていて聞こえない場合もあるでしょう。そこで、iPhoneを鳴らすことができるガジェットの力を借ります。

Apple Watchは、「iPhoneを呼び出す」ことができます。コントロールパネルから呼び出しボタンを押すと、iPhoneが鳴ります。さらに、ボタンを長押しするとiPhoneのライトが点滅します。暗い場所に落ちてしまっても、光で探し出すことができますね。

ただし、Apple WatchからiPhoneを呼び出せるのは、Apple WatchとiPhoneがBluetooth接続されている場合のみです。左上のiPhoneマークに斜線が入っていたら、距離が離れすぎているなどの原因で呼び出すことができません。
01

Apple WatchからiPhoneを呼び出せる
 

忘れ物防止の装置を利用する方法もあります。TrackR pixelはコイン型の小さな機器で、財布や定期入れの中に忍ばせておけます。iPhoneとTrackRが一定の距離(最長約30m)を離れるとアラートで知らせてくれたり、TrackRのボタンをタッチしてiPhoneを鳴らしたりすることができます。
05

TrackR pixelはスマホから離れると警告音が鳴る


  • 「iPhoneを探す」でサウンドを鳴らす
置き忘れた可能性のある場所が広いときは、iPhoneを紛失したときに使う「iPhoneを探す」を利用してiPhoneを鳴らします。あらかじめiPhoneで「iPhoneを探す」をオンにしておく必要がありますので、こちらの記事(『iPhoneを探す』の使い方・設定方法)を参照してください。

「iPhoneを探す」は、パソコンのブラウザか他のiPhone、またはiPadアプリで利用します。Androidの場合は、Google Chormeアプリを起動して右上のメニューから「PCサイトで表示する」を選んでパソコン用サイトを表示し、iCloudのサイトにサインインします。

サインイン時に2ファクタ認証を求められますが、iPhoneがないのでパスコードがわかりませんね。でも、画面下部に「iPhoneを探す」ボタンがあるので大丈夫。「iPhoneを探す」ボタンをクリックすると、地図上にiPhoneの場所が表示され、「サウンドを再生」から音を鳴らすことができます。

02

「iPhoneを探す」ボタンから機能を使うことができる

 

それでも紛失してしまったら

家や会社内を探しても見つからないときは、外で落としたか、盗難にあった可能性があります。そんなときはすばやく、「iPhoneを探す」を使いましょう。iPhoneの居場所を地図上で特定することができます。

また、「紛失モード」でiPhoneをロックし、ロック画面に「このiPhoneを探しています。見つけた方はお電話ください」というメッセージとともに電話番号を載せることもできます。
03

画面をロックし、連絡先(固定電話など)を表示させることができる

バッテリー切れなどの理由でiPhoneの電源がオフになっているときは、iPhoneの検出ができません。見つからない場合は「検出したら通知」にチェックを付けておくと、検出されたときApple IDのメールアドレスにメール通知を受け取ることができます。

今ある場所を検出できない場合、せめてiPhoneが最後に通信を行った場所を知りたいですよね。そのためには、あらかじめ準備が必要です。「iPhoneを探す」の設定で「最後の位置情報を送信」をオンにしておきましょう。バッテリー残量が少ないときに最後の位置情報をAppleに送信してくれます。

04

「設定」の「iCloud」で「iPhoneを探す」をタップし、「最後の位置情報を送信」をオンにしておこう


また、携帯会社の紛失サービスでも最後の位置情報を知ることができます。NTTドコモは「ケータイお探しサービス」、auは「Lookout for au」、ソフトバンクは「紛失ケータイ捜索サービス」を提供しているので、それぞれ加入条件や料金を確認してみてください。

また、警察や交番に出向いて「紛失届」を提出しましょう。iPhoneが落とし物として届けられるケースは多いので、届け出ておくと安心です。

盗難された可能性が高い場合は、「iPhoneを探す」の「iPhoneを消去」でiPhoneのデータをすべて消し、携帯会社に連絡して回線を止めます。契約している携帯会社に電話、またはウェブサイトからアクセスして回線停止の手続きを行います。回線を停止してしまうと、当然ながら「iPhoneを探す」で検出されなくなりますので、これは最終手段です。

紛失してしまった場合にすべきことをまとめます。
  1. 「iPhoneを探す」でiPhoneを「紛失モード」にする
  2. 警察や交番に「紛失届」を出す
  3. 「iPhoneを消去」して携帯会社に回線停止の連絡をする

iPhoneを紛失するとパニック状態になってしまうので、事前に「iPhoneを探す」の設定を見直すとともに、試しにサウンドを鳴らしてみたり、「紛失モード」の様子を見てみたりするといいですね。

iPhoneは日頃からバックアップを取っておけば、新しいiPhoneにすべてのデータを戻すことができます。紛失や盗難に備えて、バックアップを習慣づけましょう。こちらの記事(「iPhoneのバックアップ・復元、2種類のやり方を解説」)を参考にしてください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。