ニット選びで180度変わる印象!

ニットセーターは秋冬の季節感を演出するために欠かせないアイテムです。丸首・Vネックなど、デザイン次第で合わせ方のポイントが異なります。また、全身のアクセントになるカラフルなニットからベーシックカラーのシックなニットまで、その印象も様々です。

3万円のモードブランドのニット。スタッズはじめ、デザイン性の高さからおしゃれ感を伝えやすい。ただし、ジャケットに合わせるにはデザイン性が高すぎるカジュアルニット。

3万円のモードブランドのニット。スタッズはじめ、デザイン性の高さからおしゃれ感を伝えやすい。ただし、ジャケットに合わせるにはデザイン性が高すぎるカジュアルニット。


近年、ウォームビズという言葉からもわかるように、週末のみならず、ニットを活用したビジネススタイルも増えてきました。アラサー以上の男性に合う「オン・オフ兼用ニットの選び方・着こなし」についてガイドである私が教えます。

3千円で上質なニットを変える時代

素材の風合い・編み方次第で、ニットの印象は大きく変わります。ローゲージと呼ばれるザックリしたニットは、ジャケットより厚地のコートに1枚で合わせる冬の週末スタイルに向いています。

一方、オン・オフ兼用でジャケットに合わせるニットは、ミドルゲージ・ハイゲージと呼ばれる密度が詰まったタイプです。カシミヤ・メリノウールで織られることが多いハイゲージニットは、大手百貨店・高級セレクトショップなどで2~3万円、また、メリノウールのニットは1万円程度でした。素材の風合いがダイレクトに印象に反映されてしまうからこそ、安っぽいニットセーターを選ぶことはできません!

ユニクロのファインメリノウールニット。百貨店で1万円するクオリティーと遜色がないという認識です。明るいタイプ・カラフルなタイプを自身もチョイスしています。

ユニクロのファインメリノウールニット。百貨店で1万円するクオリティーと遜色がないという認識です。明るいタイプ・カラフルなタイプを自身もチョイスしています。


ところが、ここ数年ユニクロはじめ企業努力によって3千円程度のリーズナブルな価格であっても、上質に見えるニットが売られていることをご存知でしょうか?特に、ユニクロのファインメリノウールニットはカラフルなタイプも多く、ジャケットスタイルのアクセントとして重宝しています。
 

ニットを残念に着る人の盲点とは?

リーズナブルなニットが売られるようになったからこそ、着こなしひとつで大きな差がつくのです。ジャケットに合うニットセーターのほとんどは、袖がピタッとしているため、着るとき、かなりの確率で腕が内側にねじれます。このねじれを放置したとき、肩から腕の付け根にかけてシワが斜めに入っていたのです。

着るときに生じたねじれを直すか?直さないか?その印象は180度変わります。ニットのねじれを直すことが着こなしテクニックのひとつです。

着るときに生じたねじれを直すか?直さないか?その印象は180度変わります。ニットのねじれを直すことが着こなしテクニックのひとつです。


サイズがキツいというシワではなく、ニット着用時に生じるねじれが原因だったのです。こういう着こなしの留意点を女性は意識していますが、私も含め男性の多くは盲点になりがち!ニットを着る際には、ここに注意しましょう。

迷ったらカラフルニットを選ぶワケ

ニット初心者にお薦めしたいタイプは、意外にもカラフルなものです。織物というその特性から、ニットは糸のクオリティーで大きく差がついてしまいます。だからこそ、グレー・ベージュ・ネイビーはじめ、ベーシックカラーのシックなニットは高級感勝負になりがち。

一方、カラフルニットはそのアクセントが印象として映えるので、高級感という認識よりも色の鮮やかさ・明るさなどニットの色勝負になるのです。ここに、3千円のニットが3万円のニットに負けない要素が生まれます。

カラフルなニットはネクタイ同様アクセントになります。高級感より鮮やかさで勝負できるカラフルニット!

カラフルなニットはネクタイ同様アクセントになります。高級感より鮮やかさで勝負できるカラフルニット!


実際、ネクタイの有無にかかわらず、カラフルなニットはネクタイと同じくアクセントになる効果があります。これは、週末のジャケットスタイルでも同じく、アクセントをつくることがコーディネートにとって重要なことを意味します。
 

体形に合うニットを選ぶ基準!

これはニットのみならず、Tシャツにも共通することですが、首が長い方は丸首、首が短い方はVネックを合わせることでバランスを取ることができます。Vネックを選ぶときは、LAセレブ風に丸首の白Tを合わせてジャケットを着ることもNGとは思いません。このスタイルは2000年代中盤以降、LAセレブがよくやるスタイルとして筋肉質な人に似合うと私は考えます。

また、華奢な方はニットを合わせるとき、インナーに襟シャツを合わせることで知的でエレガントな雰囲気を演出しましょう!首型によって合わせる服も変わるのです。数千円のニットをオン・オフ兼用で選ぶならばローゲージでカラフルなニットを選びましょう!

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。