金融資産8000万円でセミリタイアは可能でしょうか?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、退職してセミリタイアを希望する40代の男性会社員。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)
 
いくらあれば早期リタイヤできる?

いくらあれば早期リタイヤできる?



■相談者
バッジョさん(仮名)
男性/会社員/42歳
大阪府/賃貸住宅

■家族構成
一人暮らし

■相談内容
42才、男性独身、年収約850万、金融資産8000万です。現在の会社は新卒(大学院修士)から約18年勤務しておりますが、入社当時から自分には合ってないと常に感じておりました(研究開発職)。年齢的にも責任が重い業務となり、現在は精神的に非常に厳しい状況で1日でも早く辞めたいと思っております。家賃補助が会社から4.5万、もし結婚すれば6.5万がでます(あと14年間)ので、福利厚生、年収とも申し分ないのですが、合わない仕事を毎日遅くまでするのは限界がきました、更に最近転勤になり人間関係も悪い職場になりました。幸い株式投資で運良くゲーム会社株で4000万ほど儲かり金融資産は8000万ほどあります(退職金前払いを利用した確定拠出年金評価額900万含む)ので、セミリタイア可能ではと考えています。

例えば、アルバイトまたは派遣社員で気楽な仕事に就き、年収100~150万程度でも生活できるのではないかとも思っています。

ちなみに、日本年金機構のねんきん定期便では、老齢基礎年金36万、老齢厚生年金65万で計101万となってます。そこで、質問です。株式投資は趣味程度にする(今後、増減無しとする)、支出を月25万とすれば、65才まで年収100万稼げば生活できるでしょうか?現在の仕事をあと何年間続ければ(年収は変化無しとする)、年収100万程度のセミリタイアに入れるでしょうか?また、年金等を考慮すれば正社員をあと何年間続けたほうが良いとかあるでしょうか?今後、結婚の可能性はありますが、少なくても経済的負担になる方とは結婚しないです(笑)。

■家計収支データ
「バッジョ」さんの家計収支データ

「バッジョ」さんの家計収支データ



■家計収支データ補足
(1)リタイア後の家賃
9万円の家賃が発生する

(2)ボーナスの使いみちについて
年貯蓄80万円、旅行20万円、買い物40万円

(3)加入している保険について
・本人/医療保険(終身保障終身払い、名義/本人、入院1万円、がん特約、通院特約付き)=保険料6000円

(4)退職金について
退職金制度はなし。現在、退職金前払い制度で確定拠出年金を運用している。

(5)
日本年金機構のねんきん定期便では、老齢基礎年金36万円、老齢厚生年金65万円で計101万円。

■FP深野康彦からの3つのアドバイス
アドバイス1 月25万円なら年収100万円では足りない
アドバイス2 生活費が増えることを想定し、収入アップを目指す
アドバイス3 早期に退職し、心身を休めることが大切
 
アドバイスの詳細はこちら>>