冬の結婚式へのお呼ばれ、OKな服装・NGな服装とは

寒い冬の季節の結婚式。寒さ対策はしたいものですが、着膨れするのも防ぎたいもの。冬の結婚式に招待されたら、どんな服装で行けばいいのか、冬の結婚式に参列する際の注意点も併せて紹介します。
イメージ画像

冬のウエディングの服装は?


女性は色と素材で冬らしく

イラスト

冬の結婚式にはダークなトーンのドレスで

フォーマルウエアの基本はどの季節でも基本的には一緒。女性であればワンピースやツーピースがお勧めです。薄手の素材がエレガントに見えますが、寒さが気になるという人はベロア素材などがいいでしょう。ただし、ニット素材はカジュアル過ぎるのでNG。

また、ドレスの色合いはワインレッドやモスグリーンなどダークトーンを選ぶと冬らしい趣きに。

とはいえ、黒一色は不祝儀を連想させますので避けてください。黒のドレスを選ぶ際は、アクセサリーなどで華やかに装うといいでしょう。


パンツスタイルでもいいの?

寒い季節はパンツスタイルも多くなります。ビジネスシーンで着用するようなパンツスーツは結婚式ではNGですが、柔らかな素材のエレガントなパンツであれば、最近では許容されるようになってきています。

ただし、結婚式の雰囲気にもよりけり。格式の高い会場で行う場合や、年配の参列者が多い場合などは、避けた方が無難でしょう。


冬の定番おしゃれ、ファーやレザーはあり?

冬のおしゃれといえばファーやレザーが思い浮かびますが、結婚式ではこれらの素材はNGです。というのも、ファーやレザーは「殺生」を連想させるから。フェイクであっても、見た目では判断が付きにくいので、避けた方が無難でしょう。ただ、エントランスで脱いでしまうコートの襟元に付いているファーは、許容範囲という考え方もあります。


防寒には欠かせないタイツやブーツもNG

寒さ対策にタイツを履きたいという人も多いでしょうが、残念ながらこちらもNG。基本はヌーディなストッキングです。靴はヒールのあるパンプスで。ブーツもダメ。

とはいえ、寒い季節に薄いストッキング1枚はつらいもの。会場まではタイツを重ね履きしたり、ブーツで行ったりするのは問題ありません。

ただし、ブーツの場合は預けられるクロークがあるかどうか、新郎新婦に事前に確認することをお勧めします。


男性は基本のフォーマルで

男性の装いのマナーも1年を通じて変わりません。基本的にはブラックスーツを着用します。ワイシャツは白が基本。ネクタイはシルバーグレイのほか、白やグレーが基調のストライプやダイヤ柄などがお勧め。ネクタイに合わせてチーフやタイピン、カフスボタンなども合わせると、おしゃれ感がアップします。


おしゃれ&防寒にお勧めのベスト

男性の寒さ対策としてお勧めなのはベストです。ベストを着るとよりフォーマルな印象になりますし、おしゃれな雰囲気も。合わせるベストはスーツと同色かシルバーグレーがいいでしょう。

ちなみに、フォーマルな席ではジャケットを脱ぐのはマナー違反となりますが、ベストを着ている時はジャケットを脱いでも問題ありません。


着込み過ぎには注意!

冬の結婚式で気になるのはやはり寒さ。防寒対策としてはインナーを着込むという手もありますが、簡単に脱ぎ着ができないのが難点。

冬の結婚式会場は暖房をきかせていることが多いので、あまり中に着こんでしまうと暑過ぎてしまうということも。できれば、簡単に体温調節ができるような服装がお勧めです。

冬の結婚式の服装は寒さ対策がポイント。すっきりと装いつつ、防寒も抜かりなく!

【編集部からのお知らせ】
お金のYouTubeチャンネル2周年企画を1/12(水)から1/21(金)まで、10日連続で配信中!
茂木健一郎さんに聞く金持ち脳と貧乏脳の違い、林家ペー・パー子さんに聞く老後のお金、マネープランクリニックでおなじみの深野康彦先生への大質問会など……10日間連続でお金を楽しむ動画を配信します。
1日目2022年12星座の金運総覧! あなたはお金が貯まる体質? 投資がうまい体質?」を見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。