夏の結婚式へのお呼ばれ、OKな服装・NGな服装とは

イメージ画像

夏のウエディングにお勧めの服装は?


夏の暑い時期はなるべく涼しい格好をしたいもの。でも、結婚式に出席ともなるとそういうわけにいかないかも? 夏の結婚式に招待されたら、どんな服装で行けばいいのか、夏の結婚式に参列する際の注意点も併せて紹介します。


女性は、涼しげな軽い素材と色のドレスがお勧め

結婚式にゲスト参加する女性の服装は、エレガントなワンピースやツーピースが基本です。これは夏の結婚式でも変わりませんが、少しでも涼しげに見える素材や色を選ぶのがお勧めです。

風を感じさせるような柔らかなシフォンのような素材が涼しくていいでしょう。なお、夏の定番素材であるコットンやリネンはカジュアルな雰囲気になってしまうので避けます。

色みはパステルトーンがお勧め。華やかさがありつつも、花嫁よりも目立たない、上品な装いを心掛けましょう。


半袖やノースリーブはOKですが、肩や背中の露出は避けて

昼間の結婚式では、肌の露出は控えめにしたいもの。暑いからといってデコルテが大きくあいて肩や背中を露出するようなドレスは控えた方が無難です。ちなみに、夜の結婚式ではOKです。また、極端なミニスカートもNG。

袖丈も基本は長袖や七分袖ですが、夏の結婚式なら半袖やノースリーブでもOKです。ただし、挙式に参列する際にはやはり肌の露出は控えめにしたいので、一枚羽織るものを持参しましょう。

夏といっても、室内はクーラーがきいていて寒い場合もあるので、防寒の意味でも羽織ものがあると便利です。


暑くてもストッキングは必須! フォーマルパンプスに合わせて

イラスト

夏でもストッキングは必須。ヒールのあるパンプスを履いて

ドレスにあわせる足元は、ヒールのあるエレガントなパンプスです。

かかとがないサンダルやミュールタイプの靴は、エレガントなデザインであれば許容範囲といえますが、格式高い会場や年配の参列者が多い結婚式では避けた方が無難かもしれません。

つま先が厚いプラットフォーム、土踏まずにくぼみのないウエッジソールは、カジュアルに見えてしまうので避けた方がいいでしょう。

パンプスを履き慣れないという人は、会場までフラットシューズで出掛け、会場で履き替えてもいいでしょう。

なお、夏場はストッキングを履かないという人もいると思いますが、結婚式の時は身に着けるのがマナーです。


男性は夏でもブラックスーツで、半袖シャツはNG

男性の場合も、夏でも冬でもフォーマルの装いは変わりません。基本的には礼服のブラックスーツを着用します。ワイシャツは白の無地が基本です。夏でも半袖シャツはNGです。

礼服はそれほどひんぱんに着用するものではないので、オールシーズン対応のものを持っている人が多いと思います。夏もそれで問題ありませんが、通気性の高い素材を使用した夏用のブラックスーツもありますので、人一倍暑がりという人はこちらを用意するといいかもしれません。なお、結婚式のようなフォーマルな場ではどんなに暑くてもジャケットを脱ぐのはマナー違反ですので気を付けて。

結婚式のネクタイはシルバーグレイのほか、白やグレーが基調のストライプやダイヤ柄などがお勧めです。夏ですので、淡いブルーなども涼しげでいいでしょう。光沢のある素材の方が、フォーマル感が出ます。

また、ネクタイに合わせてチーフもお忘れなく。タイピンやカフスボタンなども合わせると、おしゃれ感がアップします。


会場で着替えるのもあり

真夏の結婚式では、汗や汗ジミが心配という人も多いでしょう。会場にたどり着く前に汗だくになり、礼服がぐちゃぐちゃに……という事態を避けるためには、会場で着替えるというのも一つの方法です。

ただし、ゲスト用の着替え室がしっかり用意されているのが前提。会場で着替えたいと考えるのなら、新郎新婦に連絡を取り、ゲスト用の着替え室があるかどうか確認を。

男性の場合は、ジャケットとネクタイを身に着けずに向かい、会場で着用するというのもありでしょう。その際は、少し面倒ですが、ジャケットがしわにならないように、ガーメントバッグに入れて持参するのがお勧め。

暑い夏の結婚式では、日傘や扇子を持参するなど、自分でも暑さ対策を心掛け、なるべく汗をかかずに涼しい顔で結婚式に臨めるようにしたいものです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。