梱包材はリサイクルが基本

メルカリで商品が購入されたら、梱包・発送作業に取りかかります。梱包の基本は2つあり、1つは中が見えないこと、もうひとつは水濡れしないことです。そのためには、梱包材にも気を配ることになりますが、ポイントは「できるだけお金をかけない」ということです。メルカリで不用品を売るといっても高額な物ばかりではありません。中には数百円という物もありますし、販売手数料として10%とられてしまうので、梱包材にお金をかけてしまうのはもったいないからです。

お金をかけずに梱包するときのコツは、すでにある物やタダでもらえる物を使うことです。特に必要になってくる以下の3つの物は、買わずにリサイクルするのが基本です。

■紙袋・ビニール袋
梱包時、中身を見えなくするために必要なのが、紙袋や厚手のビニール袋です。これらは、お店で買い物をしたときに商品を入れるために使われ、袋自体はタダで手に入ります。大・中・小と3つのサイズがあると商品に合わせた梱包ができて便利です。

お店でもらえる紙袋。サイズ違いでそろえると便利

お店でもらえる紙袋。サイズ違いでそろえると便利


透明でないビニール袋もあると役立つ

透明でないビニール袋もあると役立つ


■エアクッション
壊れ物や傷を付けたくない商品を送るときに使います。ネットショッピングを利用すると、商品がエアクッションに包まれてくることが多いので、それを保管しておきましょう。もし手に入らないならば、100均やホームセンターでも買うことができます。

100均で買ったエアクッション

100均で買ったエアクッション


■段ボール
家電や雑貨など配送中の衝撃から守りたいときには、袋よりも段ボールを使った方が無難です。段ボールはスーパーやコンビニでもらうことができますし、エアクッション同様ネットショッピングを利用すればけっこうたまります。段ボールを使う場合、発送方法が宅急便やゆうパックになることが多く、これらはサイズによって料金が変わるので注意が必要です。商品のサイズに合ったコンパクトな段ボールを選びましょう。

100均でそろえたい梱包グッズ

再利用がしにくかったり、そもそもリサイクルができない物については、購入するしかありません。100均で買うと思いのほかコスパが良かったりするので、そろえておくといいと思います。
■薄手のビニール袋
商品を一番最初に入れるビニールの袋です。水濡れや汚れを防ぐので、新品の物を使いましょう。100均では100枚入りなどで売っているので、これを買っておけばしばらくは使えます。

100均で購入。Mサイズ~Lサイズがオススメ

100均で購入。Mサイズ~Lサイズがオススメ


■サイズをはかるメジャー
宅急便やゆうパックは荷物のサイズで料金が変わってくるので、発送前に大きさをはかるのは鉄則です。そのときの役立つのがメジャーです。100均で売っているビニールタイプであれば、荷物の形に合わせてサイズがはかれるのでオススメです。
荷物のサイズをはかるメジャーも100均で

荷物のサイズをはかるメジャーも100均で


テープ類はホームセンターの方が安いかも

梱包のときに欠かせないテープ類は、100均よりもホームセンターの方が安いかもしれません。テープ類の場合、「5本まとめて」とあっても1本あたりの長さが違うことがけっこうあるからです。それに、まとめて買うと割引がきくこともあるので、私はホームセンターで買うことが多いです。

重さはデジタルのスケールがオススメ

定形外郵便で送るときには、荷物の重さをはかることになりますが、100均の量りはあまりオススメできません。100均の物はデジタルではないので、料金が変わるギリギリの重さのときにきちんと量れない可能性があるからです。そのため多少高くなってもデジタル表示の量りをホームセンター等で購入した方がいいと思いますし、私自身もそうしています。

1000円くらいすることもあるけれど、デジタル表示の方がオススメ

1000円くらいすることもあるけれど、デジタル表示の方がオススメ


場合によっては手づくりをする

定形外郵便に規定ができたとき、私自身が梱包グッズであったらいいなと思ったのが、規定の長さと厚さ3センチを測るメジャーです。

自分でつくった梱包グッズ

自分でつくった梱包グッズ


3センチは定形外郵便だけではなくてクリックポスト、レターパックライトでも基準になっているので、重要な数字といえます。ちなみに、らくらくメルカリ便で使えるネコポスは厚さ2.5センチなので、そもそも3センチが通らないと送ることはできません。

郵便局やコンビニなどで発送するときに、3センチ以内かどうかを店員さんが測ると思いますが、そのときに使う特別なグッズがあればいいなと思いました。郵便局で販売していないか聞いたのですが、需要がないということで売っていません。なので、自分で作ることにしました。材料は段ボールです。

どの発送方法も縦、横の長さの基準はほぼ同じなので、これ1つで対応が可能です。穴の部分に荷物が通るように梱包すればいいので、エアクッションや袋の厚みがわかりやすくなりました。

衣類をお金をかけずに梱包する

ここからは、実際の商品を梱包するときのポイントを紹介していこうと思います。まずは最も身近な出品物である衣類です。今回は夏物のTシャツを例にしていきます。

Tシャツを梱包してみる

Tシャツを梱包してみる


商品であるTシャツを水濡れから防ぐために、ビニールの袋に入れます。このビニール袋は100均などで購入したものでOKです。衣類の場合、エアクッションなどで包む必要はありません。

ビニールの袋に入れる

ビニールの袋に入れる

ここでのポイントは、厚みを持たせないようにたたむことです。メルカリのらくらくメルカリ便のネコポス(195円)や、郵便局のクリックポスト(164円)といった料金が安めの発送方法を使うためです。ネコポスは厚み2.5センチ、クリックポストは3センチという制限があるので、それを超えないようにたたみます。縦と横の長さも制限がありますが、Tシャツや薄手の衣類であればサイズ内に収まることが多いです。

次は外側の袋に入れます。紙袋の場合には重なった部分が厚みを持つので、サイズオーバーに注意が必要です。
厚みが出がちな紙袋

厚みが出がちな紙袋


もし紙袋で厚みが出てしまうときには、中身が見えないように色がついたビニールの袋がオススメです。

ビニールの袋ならば、厚みがでにくい

ビニールの袋ならば、厚みがでにくい


本や雑誌、コミックの梱包

次は、本や雑誌、コミックなどの梱包です。ほとんどの場合、らくらくメルカリ便やゆうゆうメルカリ便、クリックポストが使えるので、やはりポイントは厚みになってきます。

コミックは厚さが規定内に収まることが多い

コミックは厚さが規定内に収まることが多い


コミックの場合も水濡れ防止のためにビニールの袋に入れます。
ビニールの袋に入れて水濡れから本を守る

ビニールの袋に入れて水濡れから本を守る


傷がつかないようにエアクッションで包みます。このとき、何重にもしてしまうと厚みが出るので軽く包む程度でOKです。

過剰に包まないように注意

過剰に包まないように注意

最後に中身が見えないように紙袋やビニールの袋に入れます。

色がついた袋に入れる

色がついた袋に入れる


もし厚さが3センチギリギリの本だったらどうすればいいのでしょうか。

厚さが3センチギリギリの本

厚さが3センチギリギリの本

まずは、ビニールの袋に入れます。

水濡れを防ぐ

水濡れを防ぐ

エアクッションに包むと厚さがオーバーするので、今回はビニールの袋に入れるだけにします。

エアクッションで包まない

エアクッションで包まない


ただし、コレクター向けや貴重な本の場合は、エアクッションで包むのが基本です。それ以外であれば、厚みがオーバーしないように簡易包装であることを商品説明やプロフィールに書いておくとクレーム防止になります。



メルカリの場合、販売価格が数百円ということもあるので、梱包材にお金をかけたくないというユーザーは多いと思います。もちろん、私自身もそうなので、ほとんど再利用品を使っていますが、梱包材に関して購入者からクレームを受けたことはありません。商品が壊れたり濡れたりしないで無事に届くことが大切なので、あまり神経質にならずに作業をしてほしいと思います。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。