「結婚」に関するデリケートな質問。あなたならどう答える?

undefined

イラスト:陽菜ひよ子


なんてことのない言葉も相手によっては「地雷」になってしまうことってありますよね。アラフォー独女にとって、そのキーワードは「結婚」です。

「なんで結婚しないの?」「結婚はまだ?」という質問は、おそらくアラフォー独女なら一度や二度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。


「なぜ結婚しないの?」「結婚はまだ?」と聞かれた側の心理

少しでも「したい」と思っていて、「まだ(今は)できない」という事情があれば、突っ込まれて無用に傷つきたくないのは当然です。また、「相手がいない」「相手が渋ってるから決まらない」と率直に答えて深入りされたくもないでしょう。

一方、本心で「(今は)したくない」と思っていていても、「なんでしたくないの?」などと好奇心で突っ込まれて、いちいち説明しなくてはならないなんて、もううんざり!

「ほっといてよ」と冷たく返すことができればいいのですが、デリケートな質問を平気でしてくる相手ほど、特に親しくなかったりするから困りものですよね。それで周囲から「デリケートなお年頃だから」などとハレモノ扱いされるのも避けたいものです。

大人の女性としては、どう対応するのがベストなのでしょうか。


痛アラフォーは、見栄を張って損をする

「できればしたい」のが本音でも、素直になれないのが痛アラフォー。「別に、結婚なんかしたくないので」と涼しい顔を装えば、その場はうまくやりすごせるかもしれません。

しかし、相手が「あなたに紹介したい人がいる」という意図でこの質問をしたのだとしたらどうでしょう。

「彼女は結婚したくない、独身主義らしい」と思われれば、紹介しようと思っていても遠慮してしまいますよね。ひそかにあなたに恋心を好意を抱いている男性の耳に入ってしまったら、恋のチャンスまで失ってしまうかもしれません!?


イケアラフォーは、素直に答えて得をする

一方、誰に問われても、素直に「したい」と主張できるのがイケアラフォーです。

……とはいえ、相手の有り無しや恋愛事情までくわしく話す必要はありません。「いい人がいたら結婚したいです」とニッコリ笑って答えておけば、それ以上相手に追求されることはありません。

周囲のお節介が面倒なこともありますが、応援として受け入れて、堂々と公言したほうが出会いを広げる近道になります。


うざいシングルハラスメントにうんざりしないコツ

独身であることを「恥ずかしい」と思っているということは、独身の他人に対しても、内心「恥ずかしい」と蔑んでいることの現れかもしれません。そして、他人から同じように自分が蔑まれることを恐れています。しかし、自分が堂々としていれば、他人から「恥ずかしい」と思われることはありません。たとえ恥ずかしいと思われても、気にならなくなります。

また、独身アラフォーになれば自立した女性も多く、「今すぐ結婚したい!」というより、「こんな人となら結婚したい」と思っているケースは少なくありません。結婚したいと思える男性が現れた際に、自分を卑下することなく「結婚したい! 私と幸せになりましょう!」と素直にアピールできるのは、大人の可愛い女性ならでは。いつでも出会いの可能性を広く持っておくほうが良いものです。

いくつになっても結婚願望を持つのはステキなこと。自分の幸せに貪欲でいられるのは心が若い証拠であり、心を若く保つ秘訣ですよ!


■イラスト/陽菜ひよ子
イラストレーター・漫画家。名古屋在住。パレット・クラブスクール卒。
主に女性や子供向けに、書籍・雑誌・広告・テレビなどを中心に幅広く活躍。
初書籍『アトピーの夫と暮らしています』(PHP研究所刊)絶賛発売中!
公式サイト http://www.hiyoko.tv/
FBページ https://www.facebook.com/hiyokodagane
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。