通勤リュックの時代に突入

最近、スーツにリュック(バックパック)を背負って通勤する人を普通に目にします。リュックのビジネスユースが確実に増えてきています。

ただ、仕事をする場合、とくに営業で客先を訪問するときに「リュックを持参するのはけしからん」と不満に思うお堅い上司がまだ多いのも事実。リュックはもともと登山やアウトドア用だったものが、カジュアルなタウンユースのバッグとして使われ始めたのがきっかけ。

そして、ビジネスマンの通勤用にも使われるようになったことが経緯のため、どうしても礼儀を重んじるビジネスのシーンでは不適切と思われているのでしょう。しかし、流行やスタイルは変わっていくもの。今の時代に、ビジネスで使うリュックを選ぶ際、これだけはおさえておきたいポイントをチェックしていきましょう。

「きっちり感」のある見た目

仕事で使うリュックで一番大切なのは、ビジネスユースとして違和感のない、きっちり感のある、「フォルム、デザイン、色、素材」です。リュックはどうしてもアウトドア用の機能性重視のものが多いですが、ビジネスのシーンでは、シンプルなフォルムとデザイン、黒や茶系の落ち着いた色、レザーや合皮のようなカジュアル感のない素材を選びたいものです。

バッグパック

ビジネスで使うバッグパックは、シンプルなフォルムとデザイン、黒や茶系の落ち着いた色、レザーの素材がベストです。
・商品名:シャイノラ・デトロイト/ランウェル バックパック:149,000円(税別) 
・サイトイセタンメンズネット https://www.imn.jp/
・問い合わせ先 ブランドニュース 03-3797-3673


不快に思われない洗練さと清潔感

ビジネスの服装をカジュアルダウンするときの鉄則は相手に不快さを与えない洗練さと清潔感があることです。これは、リュックをビジネスアイテムとして使うときも同じ。洗練されたシンプルなデザインと色、レザーのような高級感を感じる素材のものを、きちんと手入れして使うことがキーポイントとなります。

丈夫で、衝撃吸収などの機能があること

今のビジネスバッグに不可欠なことは、ノートPCやタブレット、スマホなどなど様々なガジェットを収納し、持ち運べることです。リュックの利点は、これらの重いものを背負って簡単に持ち運べること。ノートPCやスマホを保護する衝撃吸収の機能がついたものを選びましょう。

バッグパック

ノートPCやタブレット、スマホなど様々なガジェットを収納でき、保護する衝撃吸収の機能も選ぶポイント!
・商品名:シャイノラ・デトロイト/ランウェル バックパック:149,000円(税別) 
・サイトイセタンメンズネット https://www.imn.jp/
・問い合わせ先 ブランドニュース 03-3797-3673

収納性と快適性も外せない

リュックをビジネスユースとして使用するときには、ノートPC、タブレット、スマホ、書類、筆記具、名刺入れ、財布、折り畳み傘などの様々なアイテムをきちんと整理整頓できる収納力とすぐに使用できる取り出しやすさもポイントです。

また、ノートPCなどを収納して持ち運べばリュックとはいえ重くなります。そうなると、より快適に背負うことが大切となってきます。ショルダーストラップや背中に当たる部分にパッドが入っていることなども選ぶポイントです。

バッグパック

ビジネスユースにはしっかりとしたキャリーハンドルつきのバッグパックを選ぶのもコツ。
・商品名:シャイノラ・デトロイト/ランウェル バックパック:149,000円(税別) 
・サイトイセタンメンズネット https://www.imn.jp/
・問い合わせ先 ブランドニュース 03-3797-3673


手持ちできるキャリーハンドは必須

リュックで客先を訪問するとき、人に会う前に背負っていたリュックをキャリーハンドルで持ち替えられれば、カジュアルな印象は薄くなります。そうすれば、上司の心配も少しは解消できますよね。しっかりとしたキャリーハンドルつきのリュックを選ぶのも外せないコツです。

以上、今回は、通勤で使うときのビジネスユースのリュックの選び方について解説しました。ぜひ参考にしていただければと思います。今や、リュックをビジネスバックとして使うのは常識。ビジネスのシーンにふさわしいリュックを選んで、上手に使いこなしたいものですね。

【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。