無印良品×COFFEE VALLEY “コーヒーのある感じ良いくらし” イベントレポート


undefined

 


発表以来、あまりの人気ぶりに予約販売が続いているという無印良品の“豆から挽けるコーヒーメーカー”。CafeSnapは “コーヒーのある感じ良いくらし”をテーマにした無印良品とCOFFEE VALLEYのコラボイベントに参加してきました!その様子を早速レポート!


undefined

 

無印良品が大切にしている“感じ良いくらし”というコンセプト。それを叶えるためには、人それぞれ違う“好み”を見つけて、自分のライフスタイルに取り入れていくことが必要ですよね。


undefined

 

今回、自分好みのコーヒーの見つけ方をレクチャーしてくださったのは、COFFEE VALLEYの小池さん。テーブルの上には、普段見る機会の少ないコーヒーチェリーの果肉を乾燥させたカスカラ(写真右)、焙煎する前の豆、そして私達が馴染みのある焙煎された豆が、段階を追って並んでいます。


undefined

 

「自分好みのコーヒーを見つける方法は様々ですが、豆の産地、豆の精製方法に加えて、焙煎具合も大事だと思います」と小池さん。今回は“豆から挽けるコーヒーメーカー”で淹れた深煎りのコロンビア、中煎りのルワンダ、浅煎りのエチオピアを試飲しました。

深煎りのコロンビアはコーヒーの香ばしさやアーモンドのような甘さ、ルワンダは紅茶のような味わいとリンゴのような優しい甘味、浅煎りのエチオピアはレモンティーのような明るい酸味とフルーティーさが特徴。飲み比べてみると、それぞれの味わいの違いを感じることができます。


undefined

 

面白かったのは飲み比べた後にとった「どのコーヒーが好きでしたか?」というアンケート。3種のコーヒーそれぞれに手を挙げる人がいて、人によってコーヒーの好みが違うことが分かります。

「コーヒーの好みは人それぞれ。すべてが正解なので、コーヒーはこうでなくてはいけないという概念を持たずに、自分の好きなコーヒーに自信を持ってほしいですね。ぜひ色々なコーヒーを飲んで、その中から自分の好きなコーヒーを見つけてください」と小池さんは話されていました。


undefined

 

そして、自分好みのコーヒーを見つける上で、重要になってくるのが、コーヒーを淹れる抽出器具。プロのバリスタならば、毎回、お湯の注ぎ方や温度、抽出時間をコントロールすることができるかもしれませんが、例えば、慌ただしい平日の朝にそこまでこだわるのは難しいところ。そこで強い味方になってくれるのが、無印良品の“豆から挽けるコーヒーメーカー”です。

当日はなんと、コーヒーメーカーと、それを開発した担当者の池内さんがハンドドリップで、コーヒー作りを競争! “コーヒーのある感じ良いくらし”を叶える、無印良品のこだわりも教えていただきました!


undefined

 

まず最初のポイントは、豆を挽く“コーヒーミル”。新潟県小千谷(おぢや)市の鋳物職人に依頼して作ったフラットカッターミルを採用し、豆が均一なサイズに挽かれる設計になっています。均一な大きさの粒になることで、ムラのない均一な味へ導きます。

undefined

 


2つめのポイントは、コーヒーを淹れるお湯の温度。「沸騰したてのような高い温度のお湯は、豆の苦みや雑味まで抽出してしまう場合もあります」と小池さん。抽出温度はコーヒー豆の味と香りを引き出す87℃に設定されています。ハンドドリップは、抽出していると、ポットの湯温が下がりやすいが、コーヒーメーカーは、タンクが露出していないので、湯温が安定しやすいメリットもあります。


undefined

 

3つめのポイントは、プロのハンドドリップを再現した「蒸らしと抽出」。ドリップ前にお湯を少し注ぐ「蒸らし」を30秒行うことで、豆の粒が膨らみ、豆に含まれるガス(二酸化炭素)を抜き、豆の成分をしっかり抽出するための下準備です。“斜めシャワー方式”は粉の量に合わせてお湯が落ちる位置を変えてくれるので、ドリッパー内のコーヒーの壁を壊さないようにお湯が注がれる設計になっています。


undefined

 

会場からは「ハンドドリップだと、いつも同じ条件で淹れることができないので、毎回味が変わってしまって何が正解か分からないけれど、コーヒーメーカーを使って同じ条件でコーヒーを淹れられることで、自分の好きな味が見つかりやすくなりそう」というコメントも。

「慌ただしい平日の朝に淹れたての美味しいコーヒーがあったら、もっとよい朝時間や一日のスタートがきれるだろう」というところから企画が立ち上がったという“豆から挽けるコーヒーメーカー”。そこには、無印良品が大切にしている“感じ良いくらし”とコーヒー好きの心を動かす“こだわり”がぎっしり詰まっていました!


◆豆から挽けるコーヒーメーカー
抽出量:1~3CUP(150~450ml)
ミル方式:フラットカッター方式
挽き目調節:5段階
保温機能:75~80℃で保温(20分後に自動でオフ)
価格:32,000円(税込)
商品詳細:http://www.muji.com/jp/coffee/


◆COFFEE VALLEY
住所:東京都豊島区南池袋2‐26‐3 寿ビル1F
営業時間:平日8:00~22:00 土日祝日9:00~22:00
http://coffeevalley.tumblr.com/



CafeSnapのプレミアムコラムでは、COFFEE VALLEY 小池司さんのインタビューを掲載中!

undefinedundefined
池袋の“新たな魅力”を映し出す、コーヒー専門店(Vol.1)
https://cafesnap.me/talk/173

看板メニュー“3PEAKS”と“トースト”の誕生秘話(Vol.2)
https://cafesnap.me/talk/175

ロンドンで出会った、衝撃的なエスプレッソ(Vol.3)
https://cafesnap.me/talk/176

一瞬で人を引き付ける、ラテアートの魅力(Vol.4)
https://cafesnap.me/talk/177

ラテアートを追求した先に見つけた、新たなコーヒーの世界(Vol.5)
https://cafesnap.me/talk/178




CafeSnapとは

undefined

 

CafeSnapは個性の光るカフェに出会える“写真共有型カフェアプリ”。カフェ好きの人が投稿する美しい写真&コメントから、気になるカフェの最新情報を楽しくチェックすることができます。 また「現在地周辺」 「落ち着いた雰囲気」「ゆったりソファがある」などの条件、さらには「コーヒーの抽出方法」からもカフェ探しが可能。コーヒーやカフェ好き必見のアプリです。iPhone、Android対応。ダウンロード無料。
https://cafesnap.me/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。