蚊はどうやってターゲットを感知するの?

タオルで汗をふく女性

同じ場所にいても、何箇所も蚊に刺される人もいれば、一箇所も刺されてない人もいます

人の体から血を吸い、かゆみでイライラさせる夏の蚊は、どうにも不快な存在です。ところで、「O型の人」「太っている人」「黒い服を着ている人」「お酒を飲んでいる人」などは、蚊に刺されやすいといわれますが、これらは本当のことでしょうか?

本来、蚊は花の蜜や草の汁などを吸って生活しています。ところが5~10月の産卵期になると、卵に栄養を与えるために、メスだけが人や動物から血を吸うようになります。この産卵期のメスは、人や動物が発するさまざまな成分に反応して、吸血のターゲットを感知して寄ってくるのです。

蚊を引き寄せるものとして、人や動物が呼吸するときにはき出す二酸化炭素、熱(体温)、汗などはよく知られています。また蚊の色覚は白と黒のみで、暗くて濃い色を好んで寄っていきます。このような習性から、「汗をかいている人」「体温の高い人」「黒など濃い色の服を着ている人」は、蚊のターゲットになりやすいといえます。

なお、都市伝説のような「O型の人は蚊にさされやすい」という説は、実は本当のことのようです。ただし、はっきりした理由は不明です。一部の実験で、4つの血液型の中で、O型の分泌する成分が蚊を引きつけやすいという結果はありますが、その成分が何かは解明されていません。

蚊に刺されやすいのはどんな人?

蚊のターゲットになる条件、「二酸化炭素」「熱(体温)」「汗」「血液型がO型」から、刺されやすい人をさらに具体的に見てみましょう。

■お酒を飲んでいる人
お酒を飲むと、皮膚の血管が広がって体温が上昇します。また体温が上がれば発汗も促されるので、さらに蚊を引きつけます。

■運動をしている人
運動をすれば体温が上がり、発汗も多くなります。呼吸数も増えるので、はき出す二酸化炭素の量が増えると、蚊を引きつける条件がすべて整うため、蚊にとって絶好のターゲットになります。

■子ども
子どもは体温が高く、代謝が盛んで汗をかきやすいため、蚊を引き寄せてしまいます。

■肥満の人
体の面積が広いため、刺される確率が高くなります。また肥満の人は汗をかきやすいため、格好のターゲットといえるのかもしれません。

■妊娠している人
妊娠中は普段より体温が高くなり、体の面積も広くなっています。とくに妊娠後期はお腹で肺が圧迫されるので、呼吸数が増えて二酸化炭素の量も増えるので、蚊に感知されやすくなるようです。

■日焼けしている人
蚊には白黒の色覚しかないため、色白の人より日焼けをした人に集まりやすい傾向があります。

生きている以上、呼吸をしないわけにはいきませんし、体温や汗も自分で調節するのはむずかしい。となれば、蚊に刺されるのは仕方がないと、諦めるしかないのでしょうか……。

蚊に刺されないための対策法・簡単にできる蚊避け

体質を変えることはできませんが、蚊が寄ってきにくくし、来ても刺されにくくする対策はできます。まず、自宅の庭やベランダには、蚊の産卵場所になる水たまりができないように、空き缶やバケツなどを放置しないこと。またベランダや玄関に虫除けグッズを置いておくと、蚊が家の中に侵入しにくくなります。

外出時には、明るい色の服を着て、肌の露出を控えること。草地や木陰などに行くときは、ゆったりとした薄手の長袖や長ズボンを着用しましょう。肌が出ているところには、虫除けスプレーで対処します。裸足にサンダル履きの場合は、足元へのスプレーも忘れずに。また、汗の臭いで蚊を引きつけないように、こまめに拭きとりましょう。

ちなみに、蚊の種類によって、吸血する時間帯が異なります。一般にみられる蚊のうち、アカイエカは夕方から夜にかけて、ヒトスジシマカ(通称ヤブ蚊)は昼から夕方にかけて吸血します。

2014年の夏は、約60年ぶりに発生した、ヒトスジシマカが媒介するデング熱が社会問題になりました。蚊に刺されることは、かゆみや腫れが起こる不快な症状だけでなく、このように感染症になる危険もあります。できるだけ蚊に刺されないように注意をして、毎日を快適に過ごしましょう。

(監修:美と健康ガイド・蘇原 しのぶ(皮膚科・皮膚外科医))
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項