「牙」という漢字を名付けに使っても大丈夫?

「牙」という漢字を名付けに使っても大丈夫?

「牙」という漢字を名付けに使っても大丈夫?

Q: 英語のタイガー、そしてトラのキバの意味を込めて『大牙(たいが)』という名前にしたいです。「牙」には4画と5画の字があり、4画のほうしか人名に使用できず、しかも4画の「牙」の字にはキバの意味はなく、キバとも読まないと役所で言われました。本当にそうなのでしょうか?


A: おっしゃる通り牙の字は4画、5画の2つの書き方があり、名前に使えるのは4画の字だけです。

このように漢字はいくつもの書体(書き方)があり、書体によって当然画数も違ってきますが、それよって意味が変わるということはありません。牙の字のもとの意味は歯であり、日本ではキバの意味で使われてきました。


牙の字に良くないイメージを持つ人もいる

タイガという名は寅(とら)年にちなんでつけられることも多く、大雅、大駕などの字が人気です。もちろんガの音に牙の字を当てることもできますが、ただし牙は滅多に名前に使われることは無い字です。

牙の字は初めは人の歯を描いた象形文字で、中国では歯の意味であり、歯科のことを牙科(ヤーコ)、歯科医のことを牙医(ヤーイー)などと書きます。牙の字から芽(歯のように伸びる芽)、冴(歯のように白くて純粋)、雅(よくかみくだく)という良い意味の字も作られています。

ただし牙の字は日本では野獣を連想させ、「牙をむく」という言い方もあるので嫌う人も多いですし、多くの日本人にとってはイメージの良くない字でもあり、タイガという名前の場合も含めて、人の名前に使う人があまり無いということは知っておいて下さい。


漢字の意味とイメージは違うことがある

漢字は元の意味は悪くなくても、あまり名前に使われない字もあります。たとえば「茄」は植物のナスを意味しますが、日本語のナスという音からあまり良い言葉を連想できないため、この字は名前にはほとんど使用されません。また「嵐」は元は山のそよ風を表す字でしたが、日本では暴風雨の意味で使われてきたため、やはり子供の名前に使おうという人はあまり居ません。

逆に元の意味があまり知られていないために、抵抗なく使われる漢字もあります。たとえば「欧」の字は、ヨーロッパを漢字で欧羅巴と表現したことから、誰しも欧州という連想に繋がり、人名にも入れられ、日常ごく自然に使われています。

ただ元の成り立ちは区(かたまり)と欠(口をあけること)を合わせ、口から物を吐き出すことを表します。もちろんそんなことを知ったらヨーロッパ人もいやでしょうが、今では誰しもヨーロッパの意味でしか使いませんので何の支障も起きません。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※妊娠中の症状には個人差があります。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。体の不調を感じた場合は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。