自動車の営業スタッフは、車内でタバコを吸わない

自動車を売る営業スタッフは、どんなにヘビースモーカーでも自分のクルマではタバコを吸わない人が多くいます。「お客様を乗せることもあるから」という理由もありますが、実はタバコの臭いがクルマの査定額を大幅に下げることをよく知っているからです。

車内でのタバコ

喫煙者だけど自分のクルマには灰皿は無い、という営業スタッフが多い。



中古車査定士さんに聞けば「タバコの臭い」だけでマイナス4万円、「天井、内張りなどの内装にヤニの付着」があればマイナス6万円と、その程度にかかわらず、車内で喫煙した形跡を感じるだけでガンガン査定額を引くそうです。

乗り込むだけで「一発で」分かるというタバコの臭い。中古車屋さんに並んだクルマで「人気車種なのに値段が安すぎるから事故車かな?」と疑いたくなる物件は、車内をチェックすると、だいたいタバコ臭がします。

お客さんがドアを開けた瞬間に「あっ……これはちょっとやめておきます」と言うような中古車は、どんどん販売価格を下げなければいけなくなるので、タバコ臭付きのクルマはお店としても仕入れたくありません。

これだけタバコを吸う人の肩身が狭いご時世です。これからはもっとタバコ臭による減点が増えるかもしれません。

大切な家族の一員ではあるけれど……

これも一発アウトで査定額を大幅に引かれるのがペット臭です。

運転席に座る犬

一緒に連れて行きたい家族だけど、載せ方にも注意が必要。


「ペットの臭い」でマイナス4万円、「毛の付着」だけでもマイナス4万円、「臭いと毛の両方が付着」だと合計でマイナス8万円の査定額。これだけペットが一般的になった昨今、この査定基準もいつ見直されるかはわかりません。

「普段から家の中で一緒にいるペットの臭いは、クルマの中だからといって飼い主さんは特に気にならない。シートに1回オシッコをされるだけでも臭いはなかなか取れないのに、すぐにシートクリーニングなどで対応する人も少ない」

中古車査定に立ち合うと、査定士さんからはこう言われます。

タバコもペットも臭いに慣れてしまうと、対策をまったく怠ったままクルマを使い続けてしまいます。そしていざ査定となると「なんでウチのクルマはこんなに安いの?」と驚くユーザーが多いのだとか。

これだけ査定額が下がるのは、一度付いた車内の臭いは「完全に消すのは不可能」だからです。どんなにルームクリーニングをしても、シートの奥や、内装の隙間の深くまで浸み込み、何年か放置された臭いはプロでも消すのが難しいのです。

タバコは車内で吸わない、ペットはケージに入れて乗せるなど、臭い対策をしっかりしておくと、クルマを手放すときに希望どおりの査定額を出せるかもしれません。