お受験には集中力が欠かせません

お受験には集中力が欠かせません

おやつで栄養補給

日々のおやつ、どうしていますか? おなかが膨れればいいと思っていませんか? 成長期の子供にはおやつも大切な栄養源。栄養補給のせっかくのチャンスですから、内容を工夫して、集中力アップの手助けをしつつ、身体の成長の助けになるものを食べましょう。

 


おやつ≠お菓子

おやつ、と聞いて想像するものはなんでしょう。手軽なおせんべい? 甘いケーキ? いわゆるお菓子を想像された方が多いのではないでしょうか。

お菓子は主に炭水化物でできています。炭水化物は主にエネルギー源として機能しますが、成長に必要なのはエネルギーだけではありません。身体を作る主な材料はタンパク質と脂質。日々新しくなっていくわたしたちの身体にはこの材料が欠かせません。

成長期にはさらに「大きくなる」という重要なお仕事がありますから、タンパク質と脂質を効率よくおやつに取り込んでいくのがポイントです。


おやつが逆効果になる!?

「おやつ」はお菓子?

「おやつ」はお菓子?

炭水化物とは糖質と食物繊維をまとめての呼び名です。そのうちエネルギーとなるのは糖質。集中力ダウンはこのエネルギー不足と結びついています。

脳が使えるエネルギーは糖とケトン体と一般的にいわれており、このエネルギーが減ってくると集中力が落ちたり疲れを感じたりするわけです。では、頭が疲れたときには甘いものを摂ればバッチリ解決!なのかというと、どうやらそうとは言い切れないのです。

もしかすると日々のおやつが、集中力がない、眠気が強い、落ち着きがない、機嫌が悪い、感情が急に変化する、などといった子供たちの困った態度の原因になっているとしたら、おやつを工夫してみる価値がありそうです。

血糖値のしくみを知ろう

ここで少し生化学や栄養学の方面から考えてみましょう。一度に必要以上の糖を摂取すると何が起きるのでしょうか。わたしたちの身体は、とても複雑なしくみがバランスを取りつつ機能しているのですが、おおまかに流れだけでも見てみましょう。

まず糖で血糖値が上昇します → 足りなくなっていたエネルギーが入ってくるので集中力が一時的にアップします → しかし急激に高まった血糖値を平常レベルに戻すためインスリンというホルモンが分泌して、血糖値を速やかに下げます → 血糖値が下がるため、結果として集中力は低下し、イライラやだるさや眠気をもたらします。

さらに、こうした血糖値の乱高下は、身体への負担となり健康を損なう原因となりえます。どうやら、ただ食べればいいというものでもなさそうですね。

GI値ってなに?

食べ物の血糖値への影響を数値で表すのがグリセミックインデックス(GI)です。ひとくちに糖質や炭水化物といっても、すぐにエネルギーに変換される甘いものはGI値が高く、水溶性の食物繊維の多い食品はゆるやかに吸収されるためGI値が低い、つまり急激な血糖値変化を起こしにくいのです。

タンパク質や脂質が主な食品はもちろん低GI値です。このGI値を意識しつつ、どんなおやつをどれだけ食べるのか、というところがカギになってきそうです。


おやつに何を食べる?

GI値を意識して集中力アップ!

GI値を意識して集中力アップ!

ではおやつには何を選べばいいのでしょうか。眠気やだるさを回避して集中力をアップするには、急激な血糖値の上昇を避けることがポイントです。

糖を含む食品でも種類によって吸収の度合いや速度はいろいろ。冷えたでんぷんは吸収速度がゆるやかだといわれていますし、甘いものに多く含まれるブドウ糖は特に吸収が早く、甘い飲み物や果物に多く含まれる果糖は摂取しても満足感に繋がらないため摂取量が多くなるなど、健康への影響も少なくありません。

そして成長期を支えるためには、身体を作る材料としてタンパク質と脂質をしっかり摂るのがコツといえるでしょう。おやつには例えば、冷えたおにぎり、ビーフジャーキーやつくね、肉スープなどのタンパク質たっぷりなものや、コラーゲンやゼラチンを使ったゼリー、食物繊維やミネラルが豊富なナッツなどがおススメです。


かしこく選んで集中力アップ!

おやつは手軽なお菓子で済ませる場面も多くなるのですが、糖だけでおなかを満たすと血糖値の乱高下をまねきます。大切な成長期だからこそ、GI値を意識したチョイスでうっかり増えがちな糖を賢くコントロールするのに加え、身体を作る材料であるタンパク質や脂質をたっぷり盛り込むことで、お受験や勉強を乗り切る集中力をゲットしましょう!


参考書籍
「これだけ! 生化学」 ISBN9784798042268
「ゼロからのサイエンス よくわかる生化学」 ISBN9784534043450
「カラー図解 栄養学の基本がわかる事典」 ISBN9784791619993
「食と健康 (放送大学教材)」 ISBN9784595313493





■経験談シェアリングサービス「エクシェア」にあなたの経験談を掲載しませんか?
※応募内容をもとにした独自取材にご協力いただいた方には3300円(税込み)をお支払いいたします

経験シェアリングサービス「エクシェア」では、「配偶者の不倫を乗り越え、夫婦関係を再構築している」「配偶者とセックスレスだったが、解消した」など、夫婦関係にまつわる悩みを乗り越えた体験談を募集しています。
経験談の応募はこちらから!

【経験談例】
第三子を出産してすぐ、夫の社内不倫と、相手女性の妊娠が発覚。それでも夫婦関係の再構築を選択した話(30代、女性)

40代で夫の不倫が発覚するも、夫婦関係の再構築を選択。子供はぶじ志望大学に進学、夫婦仲も円満になった女性の話(50代、女性)

W不倫&クレジットカードの使い込みが夫にバレて離婚。シングルマザーとなり、事務職とナイトワークの掛け持ちで生計を立てている話(40代、女性)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。