外ハネボブの基本の巻き方!オシャレな女子の間で大人気

オシャレ好きな女の子の間でトレンドになっているのが「外ハネボブ」。とっても簡単なテクニックで、自分でかわいく巻くことができます。今回は、ストレートアイロンを使った、最も基本の巻き方をレクチャーいたします。同じ巻き方で、あごライン~鎖骨くらいの長さのミディアムヘアまで対応できるやり方なので、ぜひ試してみて下さい!
外ハネボブのアイロンを使ったきれいなやり方を解説します

hair&make RIKUSHI(anti)

   

 ベースのスタイル

あご下のボブスタイル。前髪は眉毛のラインで、全体はラフにドライをしている状態。
あご下のボブスタイル

あご下のボブスタイル

おすすめのタイプ

顔型:丸型 卵型 四角 ひし形
髪質:すべてOK
クセ:なし~ややあり
毛量:少なめ~やや多め
 

 外ハネボブの巻き方・基本のやり方

髪を真下に引き出す

髪を真下に引き出す

1.耳真ん中の位置でサイドとバックに分けとり、サイドを上下で二等分します。上の毛束はダックカールで仮留めし、下の段を持ち上げないように下へ引き出します。
 
髪に対してアイロンで平行にはさむ

髪に対して平行にはさむ


2.チークラインくらいのところからストレートアイロンで髪に対して平行にはさみます。ストレートアイロンの温度は130度~150度程度がよいです。
 
外ハネをアイロンで一気に作らないように注意

一気に曲げないように注意


3.少しずつストレートアイロンを毛先にスライドするのと同時に外側にゆっくりと反転させていきます。
毛先までアイロンをしっかり通して、外ハネを作る

毛先までしっかり通す


4.毛先5cmくらいまでスライドさせたらストレートアイロンを外側に直角に反転させ、毛先までアイロンをとおします。
 
指で持ちながらアイロンの熱を冷ます

指で持ちながらアイロンの熱を冷ます

5.毛先を指で外ハネのかたちにしてアイロンの熱を冷ますと、カールが固定して落ちにくくなります。強くハネさせたい場合はしっかり曲げて固定すると良いです。温度が高すぎると火傷をするので注意して。
 
だいたい45度くらい上に引き出すのが目安

だいたい45度くらい上に引き出すのが目安

6.仮留めしていたサイドの表面の髪は下の毛束よりも少し上に引き出します。
 
45度をキープしたままはさむ

45度をキープしたままはさむ

7.工程2と同じように髪の毛と平行にチークラインくらいからストレートアイロンではさみます。
 
表側の毛束も一気に外ハネを作らないように注意

一気に曲げないように注意


8.工程3.4と同じようにゆっくりと反転させていき、毛先5センチの部分からストレートアイロンを直角に曲げて毛先までしっかり通します。その後、工程5と同じように指で外ハネの形にして固定させます。
 
ダックカールでしっかりと留める

ダックカールでしっかりと留める

9.バックは耳上の位置で上下に分けとります。
 
左、真ん中、右と3箇所程度が目安

左、真ん中、右と3箇所程度が目安

10.工程2~5と同じように毛先までアイロンを通して、指で固定させます。バックは少しうつむきながらするとやりやすいです。
 
サイドの2段目と同様45度くらいに引き上げながら外ハネを作る

サイドの2段目と同様45度くらいに引き上げながら


11.バックの表面の髪もサイドの表面の髪と同様に少し上に引き出しつつ、毛先までアイロンを通し固定します。左、真ん中、右と3つくらいに分けてすると良いです。
 
45度くらいを目安に引き上げる

45度くらいを目安に引き上げる

12.前髪は一つにまとめて引き出します。
 
引き出した毛に平行にはさむ

引き出した毛に平行にはさむ

13.引き出した前髪の真ん中くらいからストレートアイロンを挟み、少しずつ内巻きにスライドさせ丸みをつけます。

 

 上手く外ハネボブを仕上げるポイント

ソフトワックスとオイルを1対1くらいの割合でミックスし、ツヤっぽい束感を作るとオシャレな質感になります。その後トップの毛をクシャっと持ち上げて動きをつけると立体感が出ます。
全体に均一につくように

全体に均一につくように

外ハネボブのサイド&バック

外ハネヘアも全体に動きをつけてこなれた印象に

外ハネヘアも全体に動きをつけてこなれた印象に

 
後ろ側もしっかり外ハネになるようにアイロンをあてる

後ろ側もしっかり外ハネになるようにアイロンをあてる




【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。