LED照明器具が登場して10年近くになります。最近では、 シーリングライトをはじめ、ペンダントライト、スタンドライトなど様々なタイプの照明器具が登場し、価格もお求めやすいものになってきました。

お使いの照明器具が10年を経過しているようでしたら、照明器具の交換時期となります。これを機に、ご自宅の照明器具を一度点検してみてはいかがでしょうか? 最新のLED照明器具にリニューアルすることで、明るさを調整したり、色味がより自然になったり、暮らしにあかりの彩りを与えてくれます。

今回は、照明器具の点検と最新機能について見てみましょう。

10年以上前の照明器具は、問題なく点灯していても点検しましょう!

「照明はランプさえ交換していれば問題なし!」「うちは毎日24時間点灯しているわけじゃないし」なんて思っていませんか? 

以前の記事「10年!? 意外と知らない照明器具の寿命」でご紹介したように、照明器具には寿命があります。照明器具を設置して8~10年経つと、外観に変化や異常がなくても内部の劣化が時間の経過とともに進行しているため、点検・交換が必要となります。

他の一般的な家電製品と同じように、一定期間が経過したら何の問題がなくても、一度点検してみましょう。

簡易点検のための安全チェックシート

LED照明器具の簡易点検のための安全チェックシート

点検というと電気屋さんや専門家に頼まないとできないかなと思いがちですが、照明器具については自分でも簡易点検ができるのです。

日本照明工業会のホームページにある、簡易点検のための安全チェックシートがあるので、これを利用して1年に1回は照明器具を点検してみましょう。例えば、年末の大掃除など、日付を決めてみるのもいいかもしれません。

安全チェックシートには、「スイッチを入れても、ときどき点灯しないときがある」「プラグ、コード、または本体を動かすと点滅する」「プラグ、コードなどが異常に熱い」などの点検項目があります。そして、設問に該当する場合は「事故防止のためすぐに使用を中止し、新しい照明器具にお取り替えください」などの処置手順が記されています。

安全チェックシートは照明器具メーカーのホームページや、製品のカタログ・取扱説明書などにも紹介されているので、見てみてください。

安全チェックシートで点検したり、使用年数より寿命を迎えたことがわかった照明器具は、問題がなくても取り替えていくといいでしょう。それは、古くなった照明器具は最新のものと比べて消費電力が多く、省エネという点から見ても交換するメリットがあることや、故障や最悪事故につながる危険もあるため、安心・安全の観点から事前にチェックすると言うことです。

最新LED照明器具でつくる、快適なあかりの色や明るさ

今までの照明器具は、電球色か白いあかりか、白熱電球の器具か蛍光灯器具かの選択しかありませんでした。しかし、LED照明器具の登場によって、生活のあかりの色は各段に豊かになりました。

あたたかみのある色合い(電球色)、自然な心地よいあかり(中間色:温白色)、さわやかで活動的なあかり(昼白色~昼光色)をコントロールできる調色機能や、明るさ自体を1つのシーリングライトで調光・調色できることはLED照明器具ならではです。

それぞれの部屋には、時間帯によって快適な色や明るさがあります。リビングルームを例に挙げてみました。

:1日の始まりに適したさわやかなあかり
昼間:多くの人々が自然なあかりと感じる色合い
:あたたかみのある明るさを抑えた雰囲気
調光・調色の変化

調光・調色の変化


くつろぎの時は100%の明るさでソファに身をゆだね、さらにリラックスするときは明るさを50%にコントロールするなど、同じあたたかみのある色合いでも調色と調光を変化させることで、より快適な空間は実現します。
電球色・50%調光の様子

電球色・50%調光の様子


LED照明器具では、その場所で過ごす目的に合わせてあかりを自由自在にコントロールできるようになります。

次のページは、最新型LED照明器具の特徴についてご紹介します。