100円ショップにはたくさんの調理器具が並びます。一人暮らしにも役立つものがたくさんありますが、イチオシが電子レンジ調理器具。火を使った調理は面倒だし、鍋やフライパンを使えば、大きな洗い物が増えるのが億劫ですが、その時間や手間を一気に省いてくれます。

今回は一人暮らしにおすすめの100円ショップで買える電子レンジ調理器具を紹介します。中でも一人暮らしのご飯の強い味方となってくれる『レンジでラーメン』をピックアップします。

100円ショップで見つかる電子レンジ調理器具がスゴイ!

100円ショップのキッチンアイテムのコーナーには「一人暮らしなら、ここだけで必要なものがすべて揃う」といっても過言ではないほど、たくさんの調理器具が並んでいます。使い勝手の良し悪しはありますが、初めての一人暮らしで自炊が続けられるか悩んでいる方には、100円のもので揃えて、まずは新生活を始めてみるのがおすすめです。

数ある100円調理器具の中でも、特に料理初心者さんにおすすめしたいのが電子レンジ調理器具。火を使うのが苦手な方やキッチンが狭い方、コンロが一口しかない方などは持っておくと便利なアイテム。少量を短時間で用意したい一人暮らしに強い味方になってくれます。火加減の調整も要らないので、安全安心。
100円電子レンジ調理器具

100円ショップ・ダイソーで購入した電子レンジ調理器具。左上が電子レンジでパスタ用、右上が炊飯用、左下が温野菜用、右下が袋ラーメン用

写真にあるもの以外にも「焼きそば」「目玉焼き」「半熟卵」「中華マン」「餅」などを調理できるアイテムがありますが、一人暮らしにおすすめしたいイチオシ電子レンジ調理器具は『レンジでラーメン』です。

鍋いらずで袋ラーメンが食べられる!

「自炊は面倒。苦手」「忙しくて料理したくない」という一人暮らしの食卓に登場することが多い袋ラーメン(袋麺)。手軽に食事ができるインスタント食品ですが、カップラーメンと違って、鍋を使わなければならないのが厄介なことのひとつ。鍋からすする人も少なくないかもしれませんが、「その一線は越えたくない!」という人にとっては鍋以外にさらに丼という洗い物が増えます。
レンジでラーメン

鍋いらず丼いらずで袋ラーメンが食べられる優れもの。でも、便利なのはそれだけじゃない!

そんな悩みを解決してくれるのが100円ショップで買える『レンジでラーメン』。この中に袋ラーメンの中身を入れて、水もしくはお湯を注いで、電子レンジにかけるだけ。この丼のまま食べられるので、火は使わなくて済むし、洗い物も最低限です。ちなみに、冷凍うどんや市販の茹でうどんやそばなどにも使用可能です。
レンジでラーメン

(左上)ラーメンを器に入れ、分量の水を入れます (右上)一緒に具材を温めることも可能。野菜をプラスしたかったので、もやしを乗せました (左下)電子レンジ600Wで6分加熱したら、添付の粉末調味料を入れて完成。お湯を使うなら、もっと短時間 (右下)卵やネギを乗せれば、しっかりご飯にも。鍋も食器も要らないのが、嬉しい


ラーメン丼があれば、火を使わずに煮物・汁物が作れる!

麺類が好きな人には、この『レンジでラーメン』はきっと手放せないものになるでしょう。でも、そうでもない人にとって、麺類を調理するだけのものにしてはちょっと大きくて、収納もしにくい。無用の長物になりかねません。じゃあ、他にも使い道はないのか…というと、あるんです。深さがあって、液体もたっぷり入れられる『レンジでラーメン』は、煮物や汁物を作るのにも便利。

そこで今回は、この『レンジでラーメン』を活用し、火を使わずに作れる煮物、汁物のレシピを3つをご紹介します。ついでに、料理下手な人でも、調理道具がなくてもできるように、包丁もまな板も使わない料理です。

■冷凍食品と麺つゆで! 里芋の煮っ転がし
里芋の煮っ転がし

冷凍食品はお湯に入れるのがポイント。加熱後にそのまま置いておくと、味がよくしみて、さらに美味しくなります

里芋の煮っ転がし

麺つゆに冷凍の里芋を入れて、電子レンジにかけるだけ。カボチャやレンコン、ミックス野菜など、お好みのもので作ってみて

お湯を沸かすか、もしくは『レンジでラーメン』に300mlの水を入れて、電子レンジ(600W)に4分かけてお湯を用意します。お湯に3倍濃縮の麺つゆを大さじ2加え、冷凍食品の里芋を凍ったままで5~10個程度入れます。さらに電子レンジで8分加熱。フタをしたまま、10分以上置いておきます。余熱で里芋の中まで火が通り、味も浸透していきます。

里芋の煮っ転がしという昔ながらのおうちの味がとても簡単に作れます。冷凍食品と電子レンジで作ったとは思えないほど、中までふんわり柔らかく、味がしっかりと染みこんで美味しい。味がしみ込みやすいのは、冷凍食品ならではのメリットです。冷凍食品のカボチャや根菜ミックスを使えば、ラーメン丼でカボチャの煮つけや筑前煮も作れます。

■カット野菜で作る! たっぷり野菜とソーセージの重ね煮
たっぷり野菜とソーセージの重ね煮

深さのある『レンジでラーメン』だから、野菜たっぷりの重ね煮も作りやすい。水なしなので、野菜の美味しさがしっかりと楽しめます


たっぷり野菜とソーセージの重ね煮

電子レンジでもしっかり野菜が柔らかくなります。『レンジでラーメン』はフタに蒸気の抜ける穴があるため、水っぽくなりすぎないのも◎

何もいれていないラーメン丼に塩をひとつまみ入れて、その上にしめじ(25g)、カット野菜ミックス(キャベツ、にんじん、たまねぎ、ゆき菜など50g)を入れ、キッチンばさみで薄切りにしたソーセージ(3本)とカットトマト缶(50g)をかけ、さらに塩をひとつまみふったら、電子レンジ(600W)で5分加熱します。しっかりかき混ぜていただきます。

重ねて乗せて電子レンジにかけるだけで、一人暮らしで不足しがちな野菜がたっぷり食べられる一品が作れます。ラーメン丼に深さがあるので、野菜がたっぷり入るのが◎。加熱に時間がかかる食材は難しいですが、葉野菜やキノコ、ベーコン、コンビーフなどお好みのもので作ることができます。

■ラーメン丼なら味噌汁も簡単! 豚汁
豚汁

『レンジでラーメン』を使えば、豚汁も電子レンジひとつで作れます。味噌汁だけでなく、スープにも応用可能。これで鍋いらず

豚汁

味噌は電子レンジ加熱後に入れてください。先に味噌を入れて加熱すると、味噌の香りが飛んでしまうのと同時に、吹きこぼれる可能性があります

お湯を沸かすか、もしくはラーメン丼に200mlの水を入れて、電子レンジ(600W)に3分かけてお湯を用意します。お湯の中に和風だしの素(水200ml分)、冷凍豚汁ミックス(40g)を入れ、その上に豚こま切れ肉(30g)を広げて乗せて、電子レンジ(600W)で4分加熱します。フタを開けて、味噌(大さじ1)を溶き入れたら、できあがり。

冷凍野菜ミックスとラーメン丼があれば、具だくさんの味噌汁も簡単です。水をたっぷり入れて加熱できるラーメン丼は、汁物も得意。豚汁用の冷凍食品を利用しましたが、お好みの野菜でOK。だしの素をスープの素や鶏ガラスープの素に変えれば、洋風や中華風のスープが電子レンジひとつで作れます。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。