上野:北の玄関口は文化エリア、商業エリアを擁する

上野駅構内

上野駅構内。駅ビルがあり、駅に入ってくる間にも店舗が(クリックで拡大)


北の玄関口上野。当然、JR路線は複数利用でき、山手線以外の在来線としては京浜東北線、宇都宮線・高崎線(特急含む)、常磐線(快速、特急含む)、成田線、上野東京ラインが乗入れており、東北、山形、秋田、北海道、上越、北陸の各新幹線も。東京メトロでは日比谷線、銀座線が利用でき、駅は離れるが、京成線も。駅自体にクラシカルな雰囲気があり、始発・終着駅らしさが味わえる。

高台と低地

上野駅を挟んで左側が高台、右側が低地になっている(クリックで拡大)


駅の山手線内側、公園口は名の通り、上野公園に隣接しており、国立西洋美術館、東京文化会館など美術館、博物館が点在する文化的なエリア。高台になっている。それに対し、反対側は山手線に平行に隣駅御徒町まで並行して何本かの商店街が延び、猥雑で活気のある地域となっており、最近では外国人観光客も大挙して押し寄せている。

■参考記事はこちら
上野。高低差のある街で多様な楽しみを享受

御徒町:庶民的な雰囲気で複数地下鉄利用可

御徒町

駅自体は通りに面し、目立たないが、外に出るといきなり雑踏(クリックで拡大)


JRでは山手線、京浜東北線が利用できる。ただ、駅は離れているが、200mほどの間に東京メトロ銀座線上野広小路駅、同日比谷線仲御徒町駅、都営大江戸線上野御徒町駅があり、行先によって路線を選べる贅沢な立地である。春日通りに面しているため、駅前は狭く、広場的な空間はないが、通りの周辺、山手線と平行して上野に至る通りはすべて繁華な商店街となっており、いつも賑わっている。上野にも共通するが、庶民的な安さ、親しみやすさが特徴。

秋葉原:人気の観光地では生活利便性も向上中

秋葉原

家電量販店は減ったが、街のアイテムが増え、人出は一層増えた。観光バスで訪れる外国人客も多い(クリックで拡大)


JRでは山手線、京浜東北線に各駅停車の総武線が利用できる。加えて東京メトロ日比谷線、つくばエクスプレスが乗入れており、都心だけでなく、埼玉、茨城方面へも便利。徒歩圏には東京メトロ日比谷線岩本町、同銀座線末広町駅もある。電気街として長らく知られており、現在も大型店を含め、複数の店舗が並ぶが、最近はアニメやゲームなどのファンも多く集まっており、観光バスで訪れる外国人も。

つくばエクスプレス

JR駅の手前につくばエクスプレス駅。東京メトロ日比谷線は少し離れた場所にある。左側に家電量販店(クリックで拡大)


以前は飲食店が少ないなど住んでいる人には不満もあるエリアだったが、駅近くに何棟も複合ビルが増え、また、中央線の神田駅から御茶ノ水駅間にあった万世橋駅を利用した商業施設などができたことから、このところへ来て状況が激変。居住する人にも満足できる変化といえよう。

■参考記事はこちら
秋葉原、下町と隣り合う意外に住める都心の街

神田:昔の下町風情も残る、物価の安さが魅力の街

西口商店街

西口商店街は都心には珍しい、個人商店も多い商店街(クリックで拡大)


JRでは山手線、京浜東北線、中央線快速(特別快速、通勤快速含む。深夜、早朝には普通も)が利用でき、東京メトロ銀座線も。また、徒歩圏には都営新宿線小川町駅、総武線新日本橋駅もある。駅周辺には手頃な価格と味が売りの居酒屋を中心にした飲食店が多く、わざわざ飲みに来る客も多い。全体としては中小のビルを中心にしたオフィス街だが、西口側を中心に商店街やかつての下町の風情を残した住宅も残されている。

飲食店街

飲食店のほか、金券ショップなど、お手頃をキーワードにした店舗が多い(クリックで拡大)


東口の前を通る中央通りを直進すると、すぐに百貨店や大型ビルが建ち並ぶ日本橋。わずかな距離しか離れていないにも関わらず、雰囲気は大きく違うのは面白いところだ。

東京:鉄道交通の中心地。周辺では大型開発が続く

東京駅

駅が低く、小さく見えるほど周辺には高層ビルが建ち並ぶ(クリックで拡大)


東京駅は首都圏のみならず、日本全体の中央駅と位置づけられており、列車の進行方向を示す、上り、下りは東京駅に対しての言い方だ。当然、JRだけでも数多くの路線が利用できる。在来線では山手線、京浜東北線、東海道線、横須賀線、総武線、京葉線、武蔵野線、上野東京ライン、成田エクスプレスに各線の特急など。今は少なくなってしまった寝台特急のサンライズ出雲、サンライズ瀬戸も東京駅始発である。もちろん、新幹線もすべて東京駅始発だ。また、東京メトロでは丸ノ内線が利用できる。

バスターミナル

八重洲南口からは日本各地へのバスが出る(クリックで拡大)


交通という意味では八重洲南口にあるバスターミナルからは日本各地への高速バスが出ており、どこに行くにも比較的安価で便利だ。

山手線内側にあたる、丸ノ内側は大型ビルが建ち並ぶオフィス街となっており、最近はブランドショップなどが並ぶショッピングストリートとしても人気を集めている。八重洲側も通り沿いは規模の大きなビルが中心だが、少し裏手に入ると小規模なビル、数多くの飲食店が集まっており、活気がある。日本橋、有楽町、銀座に隣接しており、住宅のイメージはあまりないが、東京駅から東へ1キロ圏では数年来、小規模なマンションの供給がある。

また、東京駅周辺では北側の日本橋口正面で地上61階建ての複合ビル、八重洲口側で3棟の超高層ビルなど開発計画が目白押し。現在は丸ノ内口に比べると規模が小さいビルが多い八重洲口側だが、2028年までには大きな変貌を遂げるはずだ。

■参考記事はこちら
日本橋など東京駅1キロ圏に住宅増加中

有楽町:大型店、映画館その他が集まる中心地

有楽町駅前

有楽町駅前。ちょっとした広場になっており、イベントなども開かれる(クリックで拡大)


JRでは山手線、京浜東北線、東京メトロでは有楽町線が乗入れているが、日比谷駅と地下通路で連絡しており、それを入れると日比谷線、千代田線、都営三田線が利用できることになる。山手線内側は銀座で、周辺にはいくつもの大型商業施設、映画館などが集積。住むというイメージはほぼない。

新橋:駅近くは飲食店、以遠はオフィス街

新橋駅前

新橋といえばテレビで酔ったサラリーマンがインタビューされているのが写真のSL広場。背後には飲食店街が広がる(クリックで拡大)


山手線内で内幸町、虎ノ門と接し、山手線外側で銀座と接する新橋駅。利用できる路線はJRでは山手線以外に東海道線、京浜東北線、横須賀線があり、それ以外に東京メトロ銀座線、都営地下鉄浅草線、東京臨海新交通臨海線ゆりかもめがあり、計7路線。都心、湾岸から北関東、神奈川方面とオールマイティなアクセスのある駅で、駅周辺には飲食店街が広がり、以遠はオフィス街となっている。

隣駅浜松町との間の山手線外側には2002年に街びらきをした汐留シオサイトがあり、高層ビル、タワーマンションが並ぶ。それに比べると新橋駅近くのビルはかなり古いものが多く、一部には今後建替え計画も。虎ノ門から新橋を経由して湾岸に抜ける新虎通り周辺では虎ノ門周辺の開発と軌を一にした沿線開発の計画があり、新たな賑わいスポットが生まれる予定だ。

浜松町:飛行機、バス、船舶利用の玄関口。再開発計画も

浜松町駅前

浜松町駅前の世界貿易センタービル前から東口を見たところ。高層ビルが建ち並んでいる。左手が汐留になる(クリックで拡大)


鉄道以外の路線も利用できるのが浜松町駅である。鉄道ではJRの山手線、京浜東北線と駅名は大門(副名称が浜松町)となっているが、東京メトロ副都心線が利用できる。加えて東京モノレール羽田空港線が乗入れており、乗換客が多い。

バスターミナル

世界貿易センタービル地下にあるバスターミナル。観光バスも出ており、外国人の姿も多い(クリックで拡大)


駅に隣接する世界貿易センタービルにはバスターミナルがあり、ここからは首都圏の主要観光地やホテルなどへのバスのほか、銚子・犬吠埼、安房・鴨川などいった千葉方面、仙台、弘前、角館などの東北方面、名古屋、大阪、鳥取、倉敷などの西日本方面へと多様な路線が用意されている。もうひとつ、利用できるのが竹芝桟橋、日の出桟橋といった海上交通。伊豆諸島や小笠原諸島、さらには隅田川などを楽しむ路線が就航している。

周辺は都内有数のオフィス街で、汐留エリアを除いてこれまでまたまった開発は行われてこなかったが、2016年に入って話題になっているのが山手線外側、東口から歩いて5分ほどにある浜松町ビルディングの建替えと敷地一帯の再開発計画。賃貸オフィス、商業施設などからなる2棟のタワーを建設、2020年までに着工、2030年頃の完成を目指すという。店舗も多く賑やかな西口に対し、いささか寂しい印象のあった東口がどう変わるか。変化が楽しみである。ちなみに東口側には浜離宮ほど知られていないが、旧芝離宮恩賜庭園がある。


次回は、山手線の中でも住宅価格・賃料が手頃で、庶民的な雰囲気のあるエリア、また新宿や原宿などの人気の西側13駅をご紹介します。
山手線全駅ガイド・手頃さが狙えるのはこの駅
山手線全駅ガイド・人気の西側13駅大公開!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。