本場でベリーダンス鑑賞

男性のみならず、女性にも大人気のベリーダンスは、本場トルコで是非見ておきたい!

男性のみならず、女性にも大人気のベリーダンスは、本場トルコで是非見ておきたい!(©Istanbul Tour 24)

トルコにきたら、やっぱり本場のベリーダンスを鑑賞しないで帰国するわけにはいきません! ベリーダンスショーは、パッケージツアーでもたいていオプショナルに入っていますし、個人旅行なら行きたいベリーダンスショーのあるナイトクラブを自分で選んで行くこともできます。

トルコにはベリーダンスショーのナイトクラブがたくさんありますが、ここではそのうち観光客が安心して行けるベリーダンススポットをいくつか紹介します。事前の下調べにご利用ください。

トルコのベリーダンスの基礎についてはこちら>>>>トルコのベリーダンス

ナイトクラブ

本場トルコのダンサーさんは迫力が違う!

本場トルコのダンサーさんは迫力が違う!

トルコ各地方の民族舞踊も見られます

トルコ各地方の民族舞踊も見られます

トルコでベリーダンスをきちんと鑑賞したい人は、たいていベリーダンスを売りにしているナイトクラブに行くのが通例。観光客向けが大半ですが、たいていはベリーだけでなく、トルコ各地方の民族ダンス、ジプシー・ダンス、コーカサスダンスなどとセットで盛りだくさんなショーが行われており、中にはメフテル(オスマントルコ帝国時代の軍楽隊)やセマー(イスラム神秘主義の旋回舞踊)のショーをやっているところもあります。トルコのダンスや音楽の世界を肌で感じたい人はぜひ行くべき!

 
時々、セマーのショウをするクラブもあります(©Orient House)

時々、セマーのショウをするクラブもあります(©Orient House)

トルコのベリーダンスの中心地は何と言ってもイスタンブールですから、ベリーダンスで有名なナイトクラブや有名ダンサーの多くもイスタンブールに。これ以外に、カッパドキアにもそうした観光客向けのクラブがあり、価格的にはイスタンブールよりぐっとお手頃です。ただし、ベリーダンサーの数はイスタンブールに比べるとさほど多くなく、基本的にショーのメインはトルコ各地方の民族ダンスになっています。

イスタンブールにしても地方にしても、こうしたベリーダンスショーのあるナイトクラブにはたいてい「食事付き」と「食事なし(アルコールを含む飲み物だけ)」のコースがありますが、こういうクラブはあくまでもショーがメインなので、食事イマイチ、というところが多い気がします。このため、可能であれば別のおいしいレストランできちんと食事を済ませてから、こうしたナイトクラブでショーを鑑賞するのがガイドの個人的なおすすめです。

価格には、ホテル送迎が含まれているナイトクラブがほとんどです。個人的に申し込みをする際には、送迎について確認をしておきましょう。

※DATAの情報は2015年5月の時点。価格や出演しているダンサーはよく変わりますので、事前確認をお勧めします。また、表記価格は直接レストランから入手した情報なので個人価格となっており、日本の旅行代理店のオプショナル・ツアーや現地旅行代理店を通じた場合とは異なります。ちなみに、地方についてはホテルや代理店を通したグループ価格の方がお得な場合もあります。

ダンサーの詳細情報はこちら>>>トルコの有名ベリーダンサー

 

ナイトクラブ1 ケレヴァンサライ・レストラン

トルコの有名ダンサーの一人、アセナが踊っています(©Kervansaray)

トルコの有名ダンサーの一人、アセナが踊っています(©Kervansaray)

イスタンブールの老舗クラブで、トルコ人及び観光客を対象に、昔からナイトクラブとして名を馳せてきたところ。現在はダンサーとしてトルコ国内で有名なアセナも踊っており、トリに踊る彼女を含め毎回4名のベリーダンサーが出演します。ベリーダンスや地方の民族ダンス(アナトリア、コーカサス、黒海ダンス)音楽はCDですが、それ以外のBGMは生演奏。

<DATA>
Kerevansaray
住所:Cumhuriyet Cad. No:52/A, Harbiye
TEL:0212-247-1630
価格:食事付き95ユーロ、食事なし75ユーロ

 

ナイトクラブ2 オリエント・ハウス

オリエントハウス

夜のボスポラス海峡も楽しめて、ベリーダンスも食事も楽しめるといういいとこどりなクラブ(©Orient House)

こちらも老舗のナイトクラブで、今ではカバタシュ船着き場から出るクルーズ船上でベリーダンスが鑑賞できるという、一石二鳥なナイトクラブになっています。毎晩2名のダンサーが出演しており、ベリーダンスにはCD音楽を利用。ベリー以外にセマー(イスラム神秘主義の旋回舞踊)のショーもあり。

<DATA>
Orient House
住所:Binbirdirek Mahallesi, Dostluk Yurdu Sokak, No : 1 Sultanahmet(事務所)
TEL:0212-517-6163
価格:食事付き80ユーロ(食事なしのコースなし)

 

ナイトクラブ3 スルタナス

Sultana's

ディデムのセクシーなパフォーマンスを見たい人はスルタナスへ(©Sultana's)

アセナ同様、トルコで有名なベリーダンサーの一人であるディデムが舞台に出るのが、ここスルタナス。地方ダンスもベリー・ダンスも、全て生演奏というぜいたくなショーです。ホームページには料金も明記されており、ここから簡単に申し込みもできるというのも、外国人の個人旅行者としてはうれしいところ。
また、スルタナスでは希望すれば1時間150ユーロでプロのベリー・ダンサーが個人レッスンもやってくれるのだとか。本気でベリーを試してみたい人におすすめのクラブです。

<DATA>
Sultana's
住所:Kahan 40-D, Cumhuriyet Caddesi, Elmadag
TEL:0212-219-3904
価格:食事付き70~85ユーロ、食事なし65ユーロ(送迎を希望しない場合は一人あたり5ユーロ引き)

ナイトクラブ4 ガル

Gar

舞台は割と広め(©Gar)

毎晩3人のベリーダンサーが活躍するナイトクラブ。ベリー以外にこちらも地方の民族ダンスがあります(コーカサス、黒海、トラキア地方)。時々外国人のベリーダンサーや男性のベリーダンサーなどゲスト出演もあるので、行く前に問い合わせてみて。

<DATA>
GAR
住所:Mustafa Kemal Pasa Caddesi No:3, Yenikapi
TEL:0212-588-4045, 589-6481
価格:食事付き60ユーロ、食事なし(アルコール含めたドリンクのみ)50ユーロ

 

ナイトクラブ5 ウラノス・レストラン


Uranos

カッパドキアのナイトクラブはベリーダンサー一人という体制が多い(©Uranos)

カッパドキアのアヴァノスにあるナイトクラブ。洞窟レストランで、中央にステージがあるため比較的見やすいスタイル。ベリーダンサーは1名のみの出演で、音楽はCD。メインの民族舞踊は種類が豊富で、エーゲ地方、アルトヴィン、黒海、アンテップ、そしてミックスの5種のダンスが鑑賞できます。価格がぐっとお得ですが、ホテルの送迎はありません。

<DATA>
Uranos Restaurant
住所:Akbel Mevkii 50500, Avanos
TEL:0384-511-5655
価格:食事付き60トルコリラ、食事なし45トルコリラ

ナイトクラブ6 エヴラノス

Evranos

洞窟で見るベリー・ダンスショーもまた格別(©Evranos)

カッパドキアの洞窟を利用して作られたレストラン。ベリーダンサーはCDで一人ですが、地方ダンスがかなり充実していて、こちらは生演奏。セマー(旋廻舞踏)のショーもあり、かなりお腹いっぱいの2時間を過ごせること間違いなし。価格に送迎は含まれていませんが、相談の上有料で手配もしてくれるそう。

<DATA>
Evranos Restaurant
住所:Tas Kopru Karsisi Avanos, Nevsehir
TEL:0384-511-3750, 51
価格:食事付き100ドル、食事なし80ドル

ナイトクラブ7 イェメニ

Yemeni

ベリーのほかにも見どころ満載(©Yemeni)

こちらは、カッパドキアのウチヒサールにあるレストラン。上記同様、洞窟をレストランに改造したもので、ショーにはベリーダンスや5エリアの民族ダンス(黒海、カルス、アンテップ、アディヤマン、シリフケ地方)の他にセマー(旋回舞踊)もあります。音楽はCD。価格にホテル送迎は含まれていませんが、オプションでお願いすることもできます(有料)。

<DATA>
Yemeni
住所:Uchisar, Nevsehir
TEL:0384-219-2374
価格:食事付き75トルコリラ、食事なし50トルコリラ
 

 

フドゥレレズ・フェスティバル

Hidirellez

日本からの参加者も割と多く、このお祭りに合わせてパッケージツアーが企画されることも(©Oriental Istanbul)

ベリーダンスを鑑賞する、というのはちょっと違うかもしれませんが、トルコでは毎年5月上旬(5日あたり)に「フドゥレレズ・フェスティバル」が開催されています。春の到来を祝う祭り、ともいわれているこのフドゥレレズの起源については、メソポタミア、アナトリア、中央アジア、など諸説あります。お祭りでは、願い事を紙に書いて木にくくりつけたり、火を焚いて願い事をしながら飛び超えたり、川にろうそくの火を送り出す…… などなどどこか日本と共通した習慣もあります。

しかし、このお祭りの主役はなんといっても歌って踊るロマたち。トルコのターキッシュ・スタイルのベリーダンスが基礎に取り入れられているロマたちが、大いに盛り上がりながら音楽やダンスを繰り広げます。世界中からベリー・ダンス好きが集まることでも有名で、このお祭りに合わせて毎年ワークショップなどが企画されることも。素敵な服装に身を包んで飲んだり踊ったり歌ったりと、割と勝手気ままなフェスティバル。
Hidirellez

軽快なロマ・ミュージックを満喫できます(©Oriental Istanbul)


年によって開催時期や場所が色々変わりますが、有名なのはエディルネとイスタンブールのアフルカプです(エディルネではカカヴァ・フェスティバルと呼ばれることもあります)。トルコ政府もユネスコ無形文化財のリスト入りを目指している伝統的なお祭りだけに、近年の盛り上がりは一見の価値あり。旅行の日付と重なるようなら、ちょっと顔を出してベリーダンスの根底に流れるロマのリズムを感じるのもいいかもしれません。

フドゥレレズに関してはこちらのwikiも>>>Hidirellez

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。