キッチンリフォームの際に、意外と見落としがちなのがガスコンロ選びです。でも選ぼうにもガラストップかどうかくらいしかわからないという声も。しっかり選べば、暮らしはとても便利になります。今回は天板の掃除のしやすさに注目、汚れが付きにくいのか、落としやすいのか?性格や生活スタイル別の選び方をご紹介します。

相性のいいガスコンロ選びで、家事が格段に楽に

家の中には様々な住宅設備がありますが、ガス機器についてはよく分からないと言う人も多いのではないでしょうか。例えば我が家の便器について、TOTOかLIXILか、パナソニックかなど、メーカー名を知ってる人は多いと思いますが、ガスコンロや給湯器のメーカーはわからないと言う声を聞きます。

でも知らないまま選んでしまったら、とてももったいない!と言うのも、同じように見えても、暮らし方や性格によって合う合わないがあり、ぴったり相性がいいガスコンロに出会えたら、毎日の家事が格段に楽になるのです。

料理する人

あなたの家のガスコンロ、どこのメーカーか知っていましたか?


そこで今回は、ガス機器の中でも、毎日キッチンで大活躍しているガスコンロの天板の掃除のしやすさに注目しました。

リフォームで人気なのは、トッププレートがガラスでできているタイプで、ホーローやフッ素コートに比べて、汚れがこびりつきにくく、掃除が簡単、何より見た目が美しいという特徴があります。

以前は閉鎖的だったキッチンも、今や家の中心的存在になり、対面式やアイランド式などオープンな作りが増えています。そうなると目立つのがガスコンロ。キッチンまわりを毎日美しく保つためには、掃除がしやすく美しいガスコンロを選ぶことが欠かせなくなったのです。

掃除が楽と言っても、汚れが付きにくいと落としやすいは別

ひと口に掃除が楽と言っても、汚れが付きにくいのか、落としやすいのか、はたまたガシガシこすっても傷がつかないのかなど、それぞれ性格によって合う合わないがあります。

例えば、キッチン壁を例にとると、人気のツルツルの壁パネルは油ハネ汚れが落としやすい壁です。それとは逆にザラザラのレンガを壁に貼るアイデアもあり、これは汚れがついても目立たないので手入れが不要、だから掃除が苦手な人には人気ですが、清潔好きな人には不人気です。

おしゃれなキッチン

キッチン壁にレンガを貼ったプラン、オイルミストを吸着するのでお掃除いらず(ズボラを極める!家事がラクになるリフォームアイデア9選より)
 

ガスコンロのガラストップもメーカーや機種によって、これらの方向性が異なります。今回は日本で流通が多い、リンナイ、ハーマン、パロマをメーカー別に比較、どんな人に合うかを検証しました。

リンナイのガスコンロは、汚れをこびり付かせない

リンナイのガラストップのガスコンロの代表はデリシアシリーズです。天板がガラス製なので掃除がしやすいのはもちろんですが、中でも「汚れが付きにくい」ということに関して更に強化されています。

リンナイのコンロ

汚れが付きにくいヒートオフ機能がついたガラストップのガスコンロ(デリシア75cmタイプ/リンナイ


汚れのこびり付きは、天板に垂れた汁などが、加熱されることによって起きます。そこで、トッププレートの裏面にアルミパネルを装着し、ガラス面の温度が上がらないように抑制、煮こぼれによる焦げ付きを防止するよう工夫されています。

これはヒートオフ機能と言ってリンナイの特許。基本の考え方は、とにかく最初からこびりつかせない。それでもこびりついてしまったら、スクレーパーでまとめて落とします。

というわけで、毎日のマメな拭き掃除が苦手な人、ガスコンロはある程度まとめて掃除がしたいという人に向いている天板と言えそうです。

ハーマンのガスコンロは、汚れを落としやすい

ハーマンのガラストップのガスコンロの代表は、プログレシリーズです。ガラストップの中でも、「汚れを落としやすい」ということに関して、強化されています。

ノーリツのコンロ

汚れを落としやすい親水アクアコート加工がされたガラストップのガスコンロ(プログレ75cmタイプ/ハーマン


これはガラストップの表面に親水アクアコートという加工を行い、汚れても水で浮かせば、こすらずサッと拭くだけで落とせるという機能が付加されています。例えこびりついたとしても、水を垂らしておけば汚れが浮き上がるので、するりと落ちます。ただしこするのはNGです。

毎日こまめに拭き掃除、いつも美しくガスコンロを保ちたい人に向いている天板と言えます。

パロマのガスコンロは、とにかく丈夫さが魅力

パロマのガラストップのガスコンロの代表は、クレアというシリーズですが、パロマの場合、通常のクリアガラストップより特徴的なコンロがあるので、そちらをご紹介します。それは、タカラスタンダードとの共同開発によって生まれたハイパーガラスコートトップで、ホーロー用鋼板に2層のガラスコートを掛け、とにかく丈夫!

パロマのコンロ

タカラスタンダードと共同開発、とにかく丈夫なハイパーガラスコートトップのガスコンロ(クレア75cmタイプ/パロマ


ガラストップの弱点は、衝撃や重荷重で割れてしまう恐れがあるところ。換気扇の掃除の時に足を掛けたり、手をついて体重を掛けたりすることで、ヒビが入ってしまうことがあります。

修理をするにも、コンロの中でガラスの値段が占める割合は大きく、結構な費用が掛かってしまいます。その点、ハイパーガラスコートトップは鉄球を落としても割れない、こすっても大丈夫など、丈夫さを強化した製品ですので、豪快な人、気にせずガンガン使う道具的なコンロを求めている人に向いている製品と言えそうです。

いかがでしたか?天板のみでの比較でしたが、ガスコンロには他にもたくさんの種類があり、自分にあったものをしっかり選ぶと、毎日の暮らしがとても便利になります。

ガスコンロの交換リフォームは、ビルトインタイプでも1時間程度で終わります。交換時期の目安は約10年。最新の製品は手間のかかる料理も自動でやってくれる機能もあるなど、とても便利になりました。自動調理の機能などについては、下記でご紹介していますので、あわせてご覧下さい。
【関連記事】



Copyright(c)2016 一級建築士事務所 Office Yuu,All rights reserved.


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。